美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

男性ががっかりするムダ毛1位!?乳輪の毛、お手入れしてる?

デリケートな乳輪のケアはプロに任せて安心・安全・仕上がり大満足♪

女子のみなさん、自分の乳輪ってまじまじ見たことがありますか? 正直、そこまで自分の体のパーツ、特に普段露出されない部分ってあんまり見ないですよね。

別に腕や足ほど濃い毛が生えているわけでもないし、これといって乾燥しやすい部分でもないからお手入れもしていないって人も多いのではないでしょうか?

胸のムダ毛が濃くなる原因はホルモンバランスにあった!産毛程度でもNGな男性も多いので要注意の記事でも書きましたが、男性は胸に対して並々ならぬ思い入れがあるようで産毛ですらNG対象になります。

また、女性でも乳輪にワキ毛のような濃い毛が生えることもあるようで、どうやって処理していいか悩んでいる方が多いことがわかりました。

乳輪も胸や他の部位と同じように、自己処理ではなくプロの任せて脱毛するのがおすすめ。その理由や乳輪に毛が生えてくる仕組みを見てみましょう。

どうして乳輪に毛が生えるの?

フェロモンはアポクリン腺という汗腺の一つから出ています。このアポクリン腺、ワキや耳の下、おへそや性器周辺が主に集中して存在している部分なのですが、なんと乳輪にも存在しています。

アポクリン腺がある部分は毛が濃くなる性質があり、当然乳輪の毛も濃くなりがちです。女性はホルモンの関係で男性より毛が濃くなることはめったにないのですが、体質によってはかなり太く濃い毛が生えてくることもあります。

乳輪の毛は自己処理はダメ!

乳輪は肌がデリケートなのでカミソリや毛抜きでの自己処理は絶対にダメな部分。

乳輪の毛で悩む女性はけっこう多く、処理方法をたずねる質問に対して「毛抜きがおすすめ」という回答が多いのですが、デリケートな皮膚から毛抜きで無理やり毛を引っこ抜いてしまっては埋没毛(毛が皮膚の下で育つトラブル)が起こりやすくなります。

また、皮膚が薄い部分なのでカミソリで処理すると乾燥でガサガサになったり、カミソリ負けしてしまいます。特に脱毛ワックスや除毛剤には化学薬品が含まれているので、デリケートな乳輪に使うのは絶対にダメ!

誤った自己処理で起こりやすい代表的なトラブル

毛嚢炎(毛包炎)

毛嚢炎(毛包炎)とは、毛穴の奥で毛根を包んでいる毛包にブドウ球菌が感染して起こる病気です。毛嚢炎(毛包炎)の見た目はニキビのようなできものという感じです。

ただ、かゆみや痛みを感じることほとんどありません。毛包の場所に赤いぶつぶつができたり、中央に膿がある膿疱ができたりして、赤みがあるのが特徴です。

首の後ろや太もも、お尻などにできることが多いですが、毛穴のあるところならどこでもなる可能性があります。毛嚢炎(毛包炎)は1個だけできる場合もあれば、数個から数十個になってしまう場合があります。

毛嚢炎(毛包炎)の原因は、毛包に傷がつくことや皮膚が湿った状態が続くことです。

また、副腎皮質のステロイド薬を処方されて塗っている場合にも起こることがあります。傷や炎症を起こしているところから、黄色ブドウ球菌やコアグラーゼ陰性ブドウ球菌に感染することによっておこります。

乳輪炎

乳輪炎は乳輪に湿疹・ただれ・痒みが生じている状態のことを表します。

乳輪炎の症状には、上記の3つ以外にも、分泌液が出ることや腫れが生じることがあります。また、化膿した状態になってしまうと、下着にくっついてしまったり、かさぶたのようにカサカサになってしまったりするようなこともあります。

乳輪炎がおこる原因は、乳輪の皮脂の分泌が減少して乾燥がひどくなることです。乾燥して炎症を起こしてしまった部分から、細菌が侵入して化膿してしまったりすることで起こります。

そのため、乾燥肌の方やアトピー性皮膚炎である方などは、乳輪炎になりやすいのです。また、ホルモンバランスが不安定になることも乳輪炎になる原因になります。

デリケートな乳輪はプロに任せてスベスベを目指そう

そこでおすすめなのが「脱毛サロンやクリニック」で脱毛のプロにお任せしてしまうこと。

ただし、乳輪はかなりデリケートな部分で脱毛をするにしても施術者には技術が求められます。口コミをチェックしたり、無料カウンセリングでよくお話を聞いて本当に信頼できるところを探しましょう。

乳頭・乳輪の脱毛方法の種類についてご紹介します。

簡単な自己処理の方法としてはカミソリや毛抜きを使った方法が挙げられますが、こういった方法は毛穴に大きな負担をかけてしまいます。下手をすると色素沈着に繋がってしまうこともあるため、安易に行わないようにしましょう。

誤った自己処理を続けてしまうと埋没毛などの肌トラブルに繋がってしまうこともありますが、ムダ毛の処理に失敗したという理由で病院を訪ねるのは恥ずかしいですよね。

そこで、クリニックやサロンで行われている脱毛も検討してみましょう。

クリニック・サロンでの脱毛方法

乳頭・乳輪の脱毛を検討しているのであれば、なにか肌トラブルに繋がってしまった時でもすぐに対策が取れるクリニックやサロンを選びましょう。

これらの施設で行われている脱毛方法の特徴についてご紹介します。

光脱毛

脱毛サロンや一部のクリニックで取り入れられている脱毛方法です。レーザー脱毛を試したことがあるものの、痛くて続けられなかったという方からも選ばれています。

レーザー脱毛に比べると痛みは弱いのですが効果も弱いというのがメリットでもあり、デメリットでもありますね。

ただ、乳頭や乳輪は肌に比べると色が濃く、色の濃い部分に反応するという特徴を持った光脱毛を行うと火傷してしまうことも考えられます。

そのため、基本的に乳頭・乳輪の脱毛方法としては向かないといえるでしょう。

レーザー脱毛

クリニックなどで行われている脱毛方法です。メラニンと呼ばれる黒い色素に反応するレーザーを使って脱毛するのですが、こちらも先にご紹介した光脱毛と同じように濃い色に反応してしまうため、乳頭・乳輪の脱毛時に火傷をしてしまうことがあります。

また、光脱毛に比べて痛みも強いため、痛い上に火傷もしたということになると大変です。レーザー脱毛を選択しようと思っているのであれば、口コミでの評価なども確認しながら信頼できるところを選びましょう。

レーザー脱毛した場合には炎症性浮腫といった肌トラブルが起きる可能性が高いです。ヒリヒリとした痛みを感じるものであるため、痛みに弱い方は避けておいた方が良いですね。

また、毛穴に雑菌が入ってしまうと毛嚢炎といった肌トラブルに繋がってしまうことがあります。

十分に注意していたとしてもこういったトラブルが起きてしまうこともあるため、信頼できるクリニック選ぶことが何よりも重要です。

上記ではサロンやクリニックでの危険性について述べましたが、現在では新しい脱毛器の開発も進み、痛みの少ないものや色の濃い部分でも脱毛できるようになってきつつあります。まずは自らの肌質を知るためにも、プロに相談してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

胸のムダ毛が濃くなる原因はホルモンバランスにあった!産毛程度でもNGな男性も多いので要注意

女性にとって胸やデコルテは女性らしさを引き立てる箇所。それゆえに、温泉や、彼との …