美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

乳頭・乳輪の脱毛に適している方法とは?正しくケアして美しい胸作り!

乳頭・乳輪の脱毛方法の種類についてご紹介します。
gf01a201502080300
女性の象徴ともいえるのが胸ではありますが、そこにムダ毛が生えているとどうしても気になってしまうものです。特に乳頭・乳輪のムダ毛で悩んでいるという方は多いのではないでしょうか。

簡単な自己処理の方法としてはカミソリや毛抜きを使った方法が挙げられますが、こういった方法は毛穴に大きな負担をかけてしまいます。下手をすると色素沈着に繋がってしまうこともあるため、安易に行わないようにしましょう。

カミソリを使った方法よりも、毛抜きを使った方が出来栄えはキレイです。ですが、成長している毛を無理に引き抜いてしまうとそこから雑菌が入り、炎症を起こしてしまうこともあります。

誤った自己処理を続けてしまうと埋没毛などの肌トラブルに繋がってしまうこともありますが、ムダ毛の処理に失敗したという理由で病院を訪ねるのは恥ずかしいですよね。

そこで、クリニックやサロンで行われている脱毛も検討してみましょう。

クリニック・サロンでの脱毛方法

乳頭・乳輪の脱毛を検討しているのであれば、なにか肌トラブルに繋がってしまった時でもすぐに対策が取れるクリニックやサロンを選びましょう。

これらの施設で行われている脱毛方法の特徴についてご紹介します。

光脱毛

脱毛サロンや一部のクリニックで取り入れられている脱毛方法です。レーザー脱毛を試したことがあるものの、痛くて続けられなかったという方からも選ばれています。

レーザー脱毛に比べると痛みは弱いのですが効果も弱いというのがメリットでもあり、デメリットでもありますね。ただ、乳頭や乳輪は肌に比べると色が濃く、色の濃い部分に反応するという特徴を持った光脱毛を行うと火傷してしまうことも考えられます。

そのため、基本的に乳頭・乳輪の脱毛方法としては向かないといえるでしょう。

レーザー脱毛

クリニックなどで行われている脱毛方法です。メラニンと呼ばれる黒い色素に反応するレーザーを使って脱毛するのですが、こちらも先にご紹介した光脱毛と同じように濃い色に反応してしまうため、乳頭・乳輪の脱毛時に火傷をしてしまうことがあります。

また、光脱毛に比べて痛みも強いため、痛い上に火傷もしたということになると大変です。レーザー脱毛を選択しようと思っているのであれば、口コミでの評価なども確認しながら信頼できるところを選びましょう。

レーザー脱毛した場合には炎症性浮腫といった肌トラブルが起きる可能性が高いです。ヒリヒリとした痛みを感じるものであるため、痛みに弱い方は避けておいた方が良いですね。

また、毛穴に雑菌が入ってしまうと毛嚢炎といった肌トラブルに繋がってしまうことがあります。

十分に注意していたとしてもこういったトラブルが起きてしまうこともあるため、信頼できるクリニック選ぶことが何よりも重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
    follow us in feedly

  関連記事

胸のムダ毛が濃くなる原因はホルモンバランスにあった!産毛程度でもNGな男性も多いので要注意

女性にとって胸やデコルテは女性らしさを引き立てる箇所。それゆえに、温泉や、彼との …

男性ががっかりするムダ毛1位!?乳輪の毛、お手入れしてる?

デリケートな乳輪のケアはプロに任せて安心・安全・仕上がり大満足♪ 女子のみなさん …