美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

どんな効果?安全性は?よくバストアップサプリに使われる成分を徹底解説!

バストアップ成分の働きを知って自分にあったバストアップサプリを選ぼう♪

話題のプエラリアや定番のイソフラボン、天然ハーブとして人気のブラックコホシュやチェストツリーなど、バストアップサプリに使われる成分にはいろいろなものがあります。

バストアップサプリに使われる成分の名前は知っていても、実際にどんな原料で、どんな働きを持っているか、すべてを知っている人は少ないかもしれませんね。

バストアップサプリは、すべての人に同じような効果をもたらすものではありません。自分の体調と相談しながら、自分にあったサプリを選ぶことで、よりバストアップの効果を実感しやすくなるものです。それに、飲む時期や成分の量によっては、さまざまな副作用が出てしまうことも。

バストアップサプリに使われる成分のことをしっかり知って、自分にあったサプリを選べるようにしておきましょう!

バストアップサプリに使われる代表的な10の成分とそれぞれの働き

まずは、バストアップサプリに使われる成分のうち、代表的な成分10種類についてご紹介します。

プエラリアミリフィカ

タイやミャンマーに自生するマメ科クズ属の植物で、塊状になる根の部分が、現地では「若返りの薬」として知られています。学名がプエラリアミリフィカで、略してプエラリアと呼ばれたり、ガウクルアと呼ばれることもあります。

プエラリアには、女性ホルモンのエストロゲンと同様の働きを持つ植物エストロゲンやイソフラボンが含まれており、エストロゲンの活性化に役立ちます。特にイソフラボンは、多く含まれる植物の代表である大豆が2種類で構成されているのに対し、プエラリアが持つイソフラボンの種類は9種類。

イソフラボン量も大豆より多いので、近年バストアップ成分として高く注目されています。

プエラリアミリフィカに期待できる働き

美肌効果、バストアップ効果、更年期障害など女性特有の症状の改善、骨量の維持、血中コレステロールを下げる効果

イソフラボン

大豆に多く含まれる成分で、抗酸化作用があるポリフェノールの一種です。イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持ち、女性らしい体作りや美肌作り、更年期障害の改善や緩和に役立ちます。

イソフラボンを多く含む食品のうち、もっともかんたんに摂取できるのが大豆食品です。醤油や味噌のように加工された食品より、豆腐、納豆、きな粉など、大豆をまるごと摂取できる食品のほうがイソフラボンの含有量も多く、効率よく摂取することができます。1日あたりの摂取目安量は40~50mgで、豆腐なら約150g(半丁程度)、納豆なら60g(1パック)が目安です。

イソフラボンに期待できる働き

更年期障害の改善、生活習慣病の予防・改善、美肌効果、女性特有の症状の改善、骨粗しょう症の予防

ブラックコホシュ

主に北アメリカを原産とする、サラシナショウマ属キンポウゲ科の植物です。白い花を咲かせるハーブで、黒い根茎の部分がハーブとして使われます。

元々アメリカインディアンの間で、女性特有の症状や痛み、リウマチ炎症などに使われてきたハーブで、現在でも関節痛や神経痛、リウマチなどの改善に使用され、ドイツでは医薬品としても扱われています。イソフラボンが含まれており、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きを持つことだけでなく、けいれん性の痛みを鎮める作用があることから、生理痛の緩和にも効果があるとされています。

ブラックコホシュに期待できる働き

月経前症候群(PMS)や生理痛の緩和、更年期障害の改善、骨粗しょう症の予防、骨や歯の強化

ワイルドヤム

ヤマノイモ科の植物で、原産地であるメキシコや北アメリカでは、古くから滋養や不妊のためのハーブとして親しまれてきました。

ワイルドヤムに含まれる、ジオスゲニンという成分が黄体期に増えるプロゲステロンを、サポニンという成分が抱卵期に増えるエストロゲンをサポートしてくれるので、卵胞期・黄体期の女性ホルモンをどちらもサポートしてくれる成分として、近年注目度が高まっています。

ワイルドヤムに期待できる働き

月経前症候群(PMS)の改善、更年期障害の改善、生理不順など女性特有の症状の改善

チェストツリー(チェストベリー)

地中海やアジアに自生する、薄紫色の花をつけるクマツヅラ科の植物です。日本ではイタリアニンジンボク、または西洋ニンジンボクとも呼ばれています。チェストツリーの果実がハーブとして用いられるため、チェストベリーと呼ばれることもあります。

古くから女性のためのハーブとして、婦人病に用いられてきた歴史があり、近年の研究でホルモンに働きかけることがわかりました。黄体期の女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌を促し、ホルモンバランスを整える効果があるといわれています。

チェストツリー(チェストツリー)に期待できる働き

月経前症候群(PMS)や生理不順など女性特有の症状の改善、更年期障害の改善

フェヌグリーク(コロハ)

地中海沿岸からアジアを中心に世界各国で栽培されているマメ科の植物で、種子をそのまま食べるほか、香辛料、薬用成分として使用されています。日本や中国ではコロハと呼ばれ、カレーのスパイスとしてもよく知られています。

食物繊維が多く含まれているほか、免疫機能を高める細胞を活性化し、女性ホルモンと似た働きをするサポニン、タンパク質などが含まれており、古くは母乳の出をよくする目的で摂取されてきました。

フェヌグリーク(コロハ)に期待できる働き

免疫力の向上、腸内環境の改善、バストアップ効果

プラセンタ

哺乳類の胎児が成長するために必要な胎盤のことで、サプリや食品としてよく使用されるのは馬や豚の胎盤です。最近では、植物から抽出された植物由来のプラセンタもあります。

アミノ酸、タンパク質、糖類、ビタミン、核酸、ペプチド、ムコ多糖類といった、体の成長や肌の代謝に必要な栄養素が豊富に含まれています。中でもアミノ酸が豊富に含まれているのが特徴で、肌の新陳代謝を高めて潤いを与えてくれることから、美容成分としてサプリや化粧品にも多く使われています。

プラセンタに期待できる働き

美肌効果、美白効果、更年期障害の改善、疲労回復、皮膚炎の改善

ザクロエキス

ザクロはザクロ科ザクロ属の植物で、木に丸い果実をつけます。果実は鮮やかな赤色で、そのまま食べるほか、トッピングやジュース、ソースなどにも利用されます。

5000年以上の歴史があり、古くから健康や美容に効果のある「女性の果実」と呼ばれてきました。ビタミン類やミネラル類、アミノ酸、ポリフェノール、女性ホルモンと同じような働きを持つエストロンなどが豊富に含まれており、美容だけでなく丈夫な体を作る効果も期待できる果実です。

ザクロエキスに期待できる働き

美肌効果、美白効果、女性特有の症状の改善、免疫力の向上、むくみの改善・予防、ストレスの緩和、ダイエット効果、高血圧・動脈硬化の改善

マカ

アンデス山脈に自生する植物で、栄養価が高く、古くからアンデスの人々の栄養源として重宝されてきました。アミノ酸やビタミン、ミネラル、食物繊維、ポリフェノールなど多くの栄養素を含んでおり、マカが土の栄養を吸収してしまうため、マカを栽培したあとの土地は5~6年休ませる必要があるほどです。

男性の活力源として注目され始めたマカですが、現在では女性にとってもパワーの源となる成分としても知られてきました。

マカに期待できる働き

美肌効果、更年期障害の改善、動脈硬化の予防、スタミナ増強

ホップ

アサ科の植物で、ビールの原料としてよく知られている植物です。ハーブとしては鎮静作用や不眠・イライラの解消作用が注目されているだけでなく、ホルモンと似たような働きを持っているため、月経前症候群(PMS)や更年期障害のうち、緊張や不安、不眠などの症状を緩和してくれる作用があります。

また利尿作用もあるため、体の毒素を排出し、皮膚の健やかさを保つのにも役立ちます。

ホップに期待できる働き

不眠の改善、ストレスの緩和、食欲増進、女性特有の悩みの改善、消化促進

バストアップサプリによく含まれる成分には、それぞれこんな働きがありました。バストアップに欠かせない女性ホルモンへの働きかけだけでなく、さまざまな効果が期待できる成分で構成されていることがわかりますね。

バストアップ成分に副作用はあるの?

バストアップサプリに含まれる成分の多くは、古くからハーブとして使われてきたものや、自然に自生していた植物が多く使われています。薬ではなく作用も穏やかなので、副作用も出にくくなっていますが、バストアップサプリは女性ホルモンに働きかける成分が多く含まれているので、その点には注意が必要です。

生理中、妊娠中、授乳中はホルモンに働きかける成分に注意

女性ホルモンは、生理中、生理後の抱卵期、その後の黄体期とホルモンバランスが変動しています。そのため、生理中や妊娠中などは、ホルモンに作用する成分のサプリは避けたほうがよいとされています。

特に妊娠中・授乳中は赤ちゃんへの影響も考えられますから、自分の判断でサプリを選ばず、できるだけかかりつけの医師と相談するとよさそうです。

成分の摂取量に注意

バストアップに役立つ成分でも、一度に大量摂取したり、過剰摂取を続けたりすると、副作用が出やすくなってしまいます。

特にホルモンに作用する成分の過剰摂取を続けると、生理不順や不正出血、頭痛、吐き気、肌荒れなどの不調が出てしまうので、摂取目安量や上限を超えて飲まないように気をつけましょう。

主なバストアップ成分の摂取目安・上限量

  • プエラリアミリフィカ…100~400mg
  • イソフラボン…30~75mg
  • ブラックコホシュ…連続服用は6ヶ月まで
  • ワイルドヤム…400~900mg
  • チェストツリー…20~40mg
  • フェヌグリーク…特になし(サプリでは100~600mg程度が1日分目安)
  • プラセンタ…300~500mg
  • ザクロエキス…特になし(サプリでは400~600mg程度が1日分目安)
  • マカ…1500~4000mg
  • ホップ…特になし(サプリでは100~600mg程度が1日分目安)

あくまでも一般的な目安量なので、サプリを始めるときは目安量か目安量よりも少ない量から始めるようにすると、自分の体に合っているかどうか見極めやすくなりますよ。

中でもイソフラボンは、普段の食事からも摂取しやすい成分です。食事でイソフラボンを多めに摂取したなと思ったら、サプリの量を調節すると、過剰摂取を防ぐことができます。

植物性でもアレルギーに注意

植物性の成分が多いサプリでも、アレルギーには注意が必要です。イソフラボンは大豆を原料としていることが多いですし、ワイルドヤムはヤマノイモ科の植物なので、イモ類のアレルギーがある人は摂取しないほうがよいでしょう。

プラセンタのサプリは豚や馬の胎盤が原料なので、豚・馬のアレルギーがあれば避けたほうがよい成分です。バストアップサプリには、複数の成分が配合されているタイプがあります。食物アレルギーがあるという場合、どんな成分が配合されているのかをしっかりチェックしてくださいね。

カプセルや安定剤などの添加物に注意

アレルギーがあるという人は、さまざまな作用を与える成分だけでなく、サプリを固めるために使われる安定成分や、カプセルなどの添加物にも注意しましょう。よく使用されるゼラチンカプセルは、豚や牛など動物性の原料であることがあります。

すでにアレルギーがわかっているという人はもちろんですが、大人になってから食物アレルギーが出るということもあります。サプリを飲んでいて体調が優れないと思ったら、サプリをお休みして受診するなどして、不調の原因を探るようにしましょう。

目的別!バストアップサプリを成分で選ぶポイント

バストアップをしながら美肌を目指したり、シェイプアップを目指したりと、バストアップ以外の成果を出したいと考えている女性も多いですよね。バストアップ以外の目的がはっきりしているなら、サプリを成分で選ぶことで、しっかりサポートしてもらうことができますよ。

とにかくバストアップしたい!…プエラリアのみなど単体成分のサプリ

とにかくバストアップだけを目指したいという場合は、プエラリアミリフィカなどを単体で摂取できるサプリがオススメです。万が一バストアップをなかなか実感できなかったとしても、どの成分が自分に合わないのかがわかりやすい、というメリットもあります。
普段の食事でもバストアップを意識しているという人も、単体成分のサプリから始めると、摂取量が調節しやすいですよ。

例)プエラリアミリフィカのみのサプリを少量から
  イソフラボンのサプリを食事の補助に
  卵胞期にプエラリア、黄体期にチェストツリーなど時期を分けて

美肌も目指したい!…美容成分が入ったサプリ

せっかくバストアップをしても、自慢のバストがざらついていたり、ニキビや吹き出物だらけだったら悲しいですよね。バストアップをサポートしてくれる成分の中には、美肌効果が期待できるものも多いですが、より美肌を目指すなら、保湿成分や代謝アップが期待できる、美容成分も含まれたサプリを選ぶことをオススメします。

オススメ成分…

プラセンタ、ザクロエキス、イソフラボン、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、エラスチン、ハトムギエキス など

ダイエットサポートもしてほしい!…燃焼成分やむくみ解消成分が入ったサプリ

バストアップには、バストを構成している脂肪を増やすことも欠かせません。ただ、脂肪を摂取してもそのすべてがバストにいくとは限らないのが困りもの。つまり、バストアップをしているときには、太りやすくなることもあるというわけです。

バストアップしながらシェイプアップも目指したいときには、燃焼系の成分やむくみ、便秘などの改善ができる成分も含まれているサプリを選んで、続けやすい運動を取り入れてみてください。

オススメ成分…

アミノ酸、ザクロエキス、プラセンタ、唐辛子(カプサイシン)、ギムネマ、コレウスフォルスコリ、植物発酵エキス、L-カルニチン、メリロート など

同じような作用があると思っていた成分でも、細かく見ていくと意外な働きがあるものですね。成分の働きを知っていれば、自分が理想としている、なりたいバスト・なりたいボディを作る手助けになってくれます。

口コミや価格だけでサプリを選ばず、自分にあったサプリを選べるようになれば、効率のよいバストアップを目指せますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

バストアップとダイエットを両立させるための注意点とは?

痩せたいけど胸を大きくしたい!どうしたらいいの? 女性にとって、胸が大きくウエス …

エビオス錠でバストアップ?

バストアップや、様々な美容効果…!エビオス錠に秘められた、女性に嬉しい効果を説明 …

バストアップサプリを安く買うには定期購入!お得な3つの理由

定期購入を利用してバストアップサプリを安く買おう! バストサイズやたるみなど、胸 …

バストアップだけじゃない!美肌にもダイエットにも役立つ「おから」のパワー

高タンパクで食物繊維もたっぷり♪「おから」は女性のキレイを叶える身近な食材です …

催眠術で胸が大きくなる!?なぜ?考えられる理由を紹介

催眠術でバストアップ!?本当にそんなことが可能なのか考察します。 信じられない方 …

夏の下着選びで重視したいポイントを紹介!涼しく快適に過ごすコツ

夏はインナーや下着選びにこだわって涼しく過ごそう! 夏といえば薄着の季節です。何 …

バストアップサプリを飲むと太る?太らずバストアップを目指す方法

バストアップサプリの性質と体の働きを知ることで肥満は防げます バストアップサプリ …

手軽でカンタン!続けやすいバストアップ飲料を選ぶなら「飲むヨーグルト」!

バストアップに嬉しい栄養素を飲むヨーグルトで手軽に取り入れよう♪ バストアップに …

こんな身近なもので!?バストアップに繋がる自転車の乗り方・6つのポイント

6つのポイントに気をつけながら、移動中にもしっかりバストアップ! 毎日の通勤や通 …

玉ねぎに詰まった凄い成分でバストアップ体質を作ろう!

めぐりを改善し、バストアップ、アンチエイジング、ダイエット! 玉ねぎは、焼いても …