美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

こんな人は危ない!バストアップサプリの危険性を高めてしまう人・飲み方

安全性の高いサプリでも、飲み方次第で危険性が高まります

プエラリアやイソフラボンなど、バストアップサプリに含まれる成分の多くは、女性ホルモンに対して作用するものです。

女性ホルモンのバランスが整っていると、バストアップ効果が期待できるだけでなく、肌や髪がきれいになったり、生理痛や月経前症候群(PMS)が改善されたりと、女性にとって嬉しいことが多いという特徴があります。実際にバストアップサプリを始めてから、バストアップの効果を実感しているだけでなく、肌がプルプルになった、顔の血色がよくなった、冷えや寝つきの悪さが改善されたというように、バストアップ以外のメリットを得ている人もいます。

しかし、ホルモンバランスがすでに整っている状態で、ホルモンに作用するサプリを摂取してしまうと、せっかく整っていたホルモンバランスがかえって崩れてしまうという可能性があるのです。

せっかくバストアップを目指して始めたサプリでも、体の不調や副作用が出てしまっては、バストアップどころではありませんよね。そんな不安を解消できるよう、バストアップサプリにある危険性とはどんなものなのか、バストアップサプリを使用しない方がいい人や、安全に使用するためのポイントをご紹介します。

どうしてバストアップサプリに危険性があるの?

どんな成分であっても、バストアップサプリも健康食品のひとつです。薬とは違って、たくさん飲んだからといって必ずしも副作用が出るわけではないものの、ビタミンなどのサプリと違うのは、バストアップサプリの多くに「ホルモンに働きかける成分」が多く含まれているという点です。

女性ホルモンに働きかける成分が多いバストアップサプリ

現代の女性は、ストレスや食事の偏り、ダイエットによる痩せすぎ、生活習慣の乱れといったさまざまな原因から、ホルモンバランスが乱れやすいといわれています。

生理周期が乱れたり、きちんと栄養を摂っているつもりでも起こってしまう肌荒れや睡眠のトラブル、原因がはっきりしない体調不良など、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる不調も多いのです。

バストが育たない、または小さくなってしまったという原因も、多くはストレスとホルモンバランスの乱れ、栄養不足などです。そんなホルモンバランスの乱れを整え、バストアップに適した体作りをサポートしてくれる、それがバストアップサプリなんです。

バストを成長させるには、バストを構成している脂肪と、乳腺の発達が欠かせません。乳腺を発達させるのは、女性ホルモンのうち「エストロゲン」と呼ばれるものです。エストロゲンが十分に分泌されなければ、乳腺の発達を促すことができず、バストのサイズアップに繋がらないということなんですね。

抱卵期と黄体期、月経期

女性の生理周期には、大きく分けて抱卵期、黄体期、月経期の3つがあります。生理中の月経期、生理後から排卵日までの抱卵期、排卵から次の生理までの黄体期で、ホルモンのバランスは変化しているんです。

2種類ある女性ホルモンのうち、抱卵期にはエストロゲンが、黄体期にはプロゲステロンが多く分泌されます。それぞれの時期にそれぞれのホルモン分泌が少ない、または過剰になってしまうと、ホルモンバランスが崩れてしまい、さまざまな不調を招きやすいというわけです。

バストアップサプリに使われる成分にも、エストロゲンの分泌に関与するもの、プロゲステロンの分泌に関与するもの、両方のバランス調整に役立つものといった違いがあります。バストアップサプリを安全かつ効率的に使用するには、生理周期によるホルモン分泌の違いと、ホルモン分泌に影響する成分の違いをしっかり理解しておく必要があるといえるでしょう。

こんな人はNG!バストアップサプリを使用しないほうがいい人

女性ホルモンに関わる成分が多いバストアップサプリは、体調や年齢によって摂取を控えたほうがいい人がいます。こんな人は、バストアップサプリの使用は控えましょう。

妊娠中、授乳中の人

妊娠するとエストロゲンが減少し、プロゲステロンが増加します。これは胎児を育てるための正常な状態なので、妊娠中にエストロゲンの分泌を促す成分があるサプリを飲み続けると、胎児の成長に影響するほか、早産・流産といった危険性にも繋がってしまいます。

すでにバストアップサプリを飲んでいる場合でも、妊娠が分かったらすぐに中止し、医師のアドバイスをもらうようにしてください。また、授乳中は母親が食べた栄養が母乳となり、それが赤ちゃんの栄養となります。ホルモンに作用する栄養が赤ちゃんに届くと、思わぬ不調を招くこともあるので、授乳中のバストアップサプリは避けましょう。

不妊治療中、妊活中の人

ホルモンバランスの乱れからなかなか妊娠できない、という人の場合、バストアップサプリを飲んだことで妊娠しやすくなるということがあります。しかし、妊娠に気づかずバストアップサプリを続けた場合、サプリの成分が着床を妨げてしまうこともあるのです。妊娠を計画している人や、不妊治療をおこなっているという人は、バストアップサプリの使用は避け、医師と相談するようにしてください。

成分にアレルギーがある人

バストアップサプリの多くは、植物性の成分を中心としています。しかし、小麦や大豆といった植物性の食品アレルギーがあるように、バストアップサプリに含まれる成分でも、アレルギーが出てしまうことが考えられます。特に気をつけたいのは、プエラリアやイソフラボンなどの原料となる豆類、ワイルドヤムなどのイモ類、プラセンタの豚・馬といった原料です。そのほか、添加物やカプセルの成分にも注意しましょう。

20歳未満の未成年

バストアップサプリは健康食品なので、服用に年齢制限は設けられていません。しかし、思春期を過ぎた20歳未満の10代は、ホルモンバランスが整っていることが多く、サプリを飲まなくてもバストアップしやすい時期なのです。

サプリを飲むことで、かえってホルモンバランスを崩してしまい、頭痛や肌荒れ、生理不順などの不調が出ることもありますし、本来育つはずのバストが育たない、ということも。10代でバストアップを目指したいなら、サプリを選ばず、規則正しい生活とバランスのよい食事を心がけましょう。

婦人科系の疾患がある、治療中の人

婦人科系疾患の多くが、女性ホルモンの影響によるものです。特にエストロゲンによって大きくなる子宮筋腫は、体に影響が出ない小さいものを含めると、ほとんどの女性が持っているといわれています。

子宮筋腫の多くは良性の腫瘍で、治療や手術をしなくてもよいものもあります。しかし、悪性の腫瘍である可能性や、筋腫が大きくなりすぎて体に悪影響を与える可能性は十分に考えられます。エストロゲンの分泌を促すサプリを飲んでいると、子宮筋腫の成長を促すことにも繋がるので、婦人科で通院中・治療中という場合は、バストアップサプリの使用は避けたほうがよいでしょう。

バストアップサプリを安全に使用するには

危険性だらけのように思えてしまうバストアップサプリも、元々は多くの人が安全に使用できるように作られています。バストアップサプリの危険性を回避し、安全に使用するためのポイントをご紹介します。

用法用量を守る

バストアップサプリに限らず、サプリメントには1日あたりの摂取目安量が決められています。目安量以上にサプリを飲んでも効果が増えるわけではなく、また目安量を超えた過剰摂取を続けると、健康被害が出ることも考えられます。特に女性ホルモンに影響を与えるバストアップサプリを使用するなら、推奨される用法・容量をしっかり守るようにしましょう。

少量から始める

1日3粒など、複数の錠剤を飲むサプリの場合、1日1粒といった少量から始めることもおすすめします。どのくらいの量を飲むとどんな影響が出るかは、その人によって違います。毎日3粒飲むことで効果を実感できる人がいれば、毎日1粒でも十分な効果を感じられる人もいます。

初めて摂取する成分であれば、まずは目安量より少ない量から始めたり、1粒あたりの成分量が少ないサプリを選んだりするとよいでしょう。

生理周期にあわせて使用する

最初にご紹介した通り、生理周期によって分泌が増えるホルモンの種類は異なります。エストロゲンの分泌に作用するサプリなら、抱卵期を中心に飲むようにすると、プロゲステロンの分泌を妨げる心配がありません。

不調を感じたらすぐに使用を中止する

ホルモンバランスは目に見えるものではありませんし、今までは不調が出なくても、そのときの体調によって不調が出てしまうということもあるでしょう。サプリを飲んだことで体の不調を感じたら、すぐに使用を中止して、不調の原因がサプリかどうかを見極めてください。サプリの服用をやめたことで体調が戻るようであれば、不調の原因はサプリにあるかもしれません。

医師や薬剤師など専門家と相談しながら使用する

特に婦人科系の疾患がある人、疾患を経験したことがある人は、バストアップサプリによって体の不調が起こりやすいことも考えられます。バストアップサプリを飲むなら、自分の体調と相談しながら、また医師など専門家のアドバイスも聞きながら飲むようにしましょう。

サプリだけに頼らない

バストアップサプリを飲んでいるだけで、すぐにバストアップできるというわけではありません。バストアップにはストレスのない規則正しい生活と、栄養バランスのよい食事が不可欠です。バストアップサプリを飲んでいるからといって、夜更かしや偏った食事をすることがないよう、心がけることが大切です。

バストアップサプリを安全に使用するには

  • 用法用量を守って
  • 少量から様子を見て
  • 不調を感じたら使用をやめる

こんな心がけが大切なんですね。バストアップサプリを販売しているメーカーの多くは、使用に関する質問ができるサポート体制が整っています。

使用中の不安や疑問はもちろん、購入前に薬やサプリの飲み合わせを聞くこともできるので、気になることがあれば問い合わせてみるのもよいですね。

女性の強い味方となってくれるバストアップサプリでも、飲み方や飲む時期によっては危険性の高いものになってしまいます。そうならないためには、サプリの成分や効果的で正しい飲み方をしっかりチェックしておくことが大切です。自らサプリの危険性を高めてしまわないよう、危ない飲み方を避け、楽しくバストアップを目指しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

諸外国と比較して日本が「貧乳大国」ってホント?

外国と日本のバストの差、何が原因なのか考えてみよう ストは実際のところどうなんで …

【保存版】これが知りたかった!バストアップサプリについての疑問を解消!

男女問わず豊かなバストには釘付けになってしまうもの。そんなバストを手に入れるため …

ブラジャーにはえた黒カビ…どうする?原因・予防・対策を紹介

お気に入りブラをもっと長く楽しむために!黒カビリスクから下着を守る方法と、はえて …

胸がないけど、胸の開いた洋服が着たい!その願望かなえます。

胸の開いた洋服をカッコ良く着こなすために毎日すべきこと 海外の映画やドラマ、ファ …

バストアップサプリより効果がある!味噌汁の凄い成分

具材の組み合わせで美味しくヘルシーにバストアップ! キレイでボリュームあるバスト …

キレイなバストを目指すなら自分にあったカップタイプのブラジャーを選ぼう!

カップの違いがバストの違いを生む!カップを選んで理想のバストメイクを ブラジャー …

肩こりがバストの成長や形に悪影響を与える!

肩こりとバストとの関係を説明。くわえて、バストアップの効果をパワーアップさせる対 …

要チェック!バストアップによくない食べもの、食べてませんか?

胸が小さくなる原因は食べ方にもあり!マイナス要素は撃退しよう バストアップによい …

バストが小さいのは、遺伝だから仕方ない!?ソレ本当?

バストサイズは本当に遺伝するのか? 母親のブラジャーのサイズを見て、「私のバスト …

バストアップに効果的な栄養素もたっぷり!話題の「マテ茶」で手軽に美胸♪

栄養たっぷりのマテ茶ならバストアップにも健康にも役立ちます バストアップに必要な …