美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

私のサイズはどうなの?乳輪が大きい原因と乳輪の平均・理想サイズ

大きいの?小さいの?人には聞けない乳輪についてのあれこれ

バストサイズに次いで気になることといえば、乳輪や乳首についてではないでしょうか。自分の乳輪を見せることも他人の乳輪を見ることも少ないので、サイズや色の平均がどれくらいなのかまったくわからず、自分の乳輪が平均的なのかどうか不安に感じる女性も多いかもしれませんね。

特に乳輪の大きさに関しては、バストサイズ以上に自分ではどうにもできないと考えている女性も多いので、大きさで悩んでしまう女性もいることでしょう。

そこで、乳輪の平均的な大きさやみんなが理想と考えているサイズ、そして乳輪が大きくなってしまう原因についてご紹介します。

私の乳輪って大きいの?乳輪の平均サイズと理想のサイズ

自分の乳輪が大きいかどうかは、平均的なサイズを知らないと判断することができませんよね。
まずは日本人女性の平均的な乳輪のサイズを知っておきましょう。

日本人女性の平均的な乳輪・乳首のサイズ

ある調べでは、日本人女性の乳輪と乳首の平均サイズはこのようになっています。

 

乳輪…直径3.5~4cm
 乳首…直径、高さともに1cm前後

意外と小さく感じたでしょうか、それとも大きく感じたでしょうか。実際に定規やメジャーで4cmの幅を見てみると、案外大きく感じるという女性も多いかもしれませんね。

そして乳首は直径・高さともに0.8~1cm程度が平均的なサイズとなっています。

男女差がある理想の乳輪・乳首のサイズ

平均サイズがわかったところで、女性・男性が考える女性の理想的な乳輪・乳首のサイズについてもご紹介します。

女性が理想とする乳輪・乳首のサイズ

 

 乳輪…3~3.5cm
  乳首…1cm程度

男性が理想とする女性の乳輪・乳首のサイズ

  

乳輪…4.5cm程度
  乳首…1~1.5cm

女性が考えている理想のサイズより、男性が理想としているサイズのほうがやや大きいことがわかります。もちろん理想としているサイズは男女ともに個人差がありますが、女性が思うよりも男性はやや大きめサイズのほうが好み、ということが多いのかもしれませんね。

乳輪が大きくなってしまう原因

さて、平均と理想がわかったところで、気になる大きさは人それぞれ。平均的だとしても、大きく感じて気になっていう女性もいると思います。それでは乳輪が大きくなってしまう原因とは、どのようなものがあるのでしょうか。

遺伝

ご両親などに乳輪の大きい人がいれば、それが遺伝として現れることがあります。目や鼻といった顔のパーツが似ていることが多いように、体のパーツにも似ている部分を受け継いでしまうことがるんですね。

妊娠

妊娠すると女性ホルモンのバランスが変化するだけでなく、赤ちゃんに授乳するために乳腺や乳管が発達し、バストサイズが大きくなります。すると、バストのサイズアップにともなって乳輪のサイズも一緒に大きくなってしまうのです。

また乳輪や乳首が黒ずんでしまうのは、赤ちゃんがおっぱいを見つけやすいようにするため、ともいわれています。

ホルモンバランスや自律神経の乱れ

妊娠すると乳輪が大きくなってしまうように、ホルモンバランスや自律神経の乱れによって乳輪が大きくなることもあります。自律神経の乱れはホルモンバランスの乱れに繋がってしまうので、ちょっと調子が悪いなと感じたら、しっかり栄養を摂って休むことが大切です。

下着の摩擦/乾燥/かゆみ

下着や衣類による摩擦、刺激を受けることによる乾燥やかゆみも乳輪を大きくする原因のひとつです。乳輪が摩擦などで刺激を受けたり、かゆみを感じてかいてしまうと、体は刺激から皮膚を守ろうとして、黒ずんだり皮膚を硬くしたりするのです。

すると、乳輪が大きくなったり黒ずんだりしてしまうというわけですね。

知っている原因のほかにも、知らなかった原因もあるのではないでしょうか。意外なことが乳輪を大きくしている原因になることもあるんですね。

大きい乳輪は改善することができる?大きい乳輪の改善方法

乳輪を大きくしている原因によっては、ちょっとしたことに気をつけるだけで乳輪のサイズを小さくしていくことも可能です。

サイズがあったブラジャーを着ける

摩擦などの刺激で乳輪が大きくなっている場合、ブラジャーのサイズが合っていないことが考えられます。小さすぎるブラジャーは締めつけの刺激が、大きすぎるブラジャーはカップの中で乳首がすれることによる摩擦が起こりやすいのです。

ブラジャーはなるべく定期的に買い替えるようにして、購入するたびにしっかりバストサイズを測るようにすると、バストサイズに合ったブラジャーを選べますよ。

バストを保湿する

かゆみが起こるのは、肌が乾燥していることが大きな原因です。ボディケアはしても、乳輪や乳首などバストトップまでしっかり保湿しているという女性は少ないかもしれませんね。

ボディケアをするときにはバストやバストトップまでしっかり保湿するようにすると、かゆみや乾燥を防ぐことができます。

自律神経・ホルモンバランスを整える

自律神経の乱れがホルモンバランスの乱れに繋がり、乳輪が大きくなる原因にもなってしまいます。
自律神経を整えるには、活発に活動しているときの交感神経と、リラックス時の副交感神経のバランスを取ることが大切です。

自宅に帰ったらお風呂にゆっくりつかってしっかり眠って体を休めることで、自律神経の乱れを整えていくことができます。質のよい睡眠のために、入浴剤や入浴方法、パジャマや寝具にこだわってみるのもオススメですよ。

美白化粧品を使う

乳輪の色を薄く、明るくすることで、乳輪のサイズを小さく見せることもできます。市販の美白クリームや乳輪・乳首用の黒ずみ対策クリームなどを使ってケアしてあげれば、少しずつ乳輪の色を明るくしていくことも可能です。

実際に色が薄いと乳輪も目立ちにくくなっていくので、目の錯覚ながらぱっと見の印象を変えることができるんですね。

美容手術を受ける

遺伝によるものや、出産・授乳後でも乳輪の大きさが変わらず、それでも小さくしたいという場合は、美容手術を受けるという方法もあります。

乳輪縮小術と呼ばれるもので、乳輪の外側を切除する方法と内側を切除する方法があります。乳輪の大きさやバストの状態によってどちらかを選んだり、両方の手術法を併用したりします。

ほとんどの場合で保険が適用されないため、25万円から50万円程度と高い費用がかかります。

自分でできるケアから美容手術まで、乳輪を小さくする方法もいろいろな種類があるんですね。美容手術となるとバストにメスを入れることになりますし、費用も高額になります。まずは自分でできる範囲のケアからはじめて、それでも改善できない場合はクリニックで相談するようにしてみてくださいね。

乳輪が大きくなる原因にいろいろあるように、乳輪を小さくする対策もいろいろあります。乳輪の大きさや色は人それぞれ、気軽にできる対策でも乳輪を変えていくことはできるので、必要以上に悩みすぎないようにしてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

諸外国と比較して日本が「貧乳大国」ってホント?

外国と日本のバストの差、何が原因なのか考えてみよう ストは実際のところどうなんで …

魅力的なバストを手軽に演出できる「盛りブラ」のパワーとは

話題の「盛りブラ」、男性はどう思ってる?ホンネに迫る 手軽にバストアップできる「 …

エビオス錠でバストアップ?

バストアップや、様々な美容効果…!エビオス錠に秘められた、女性に嬉しい効果を説明 …

ブラジャーにはえた黒カビ…どうする?原因・予防・対策を紹介

お気に入りブラをもっと長く楽しむために!黒カビリスクから下着を守る方法と、はえて …

ハイドロキノンが乳首の美白に使えるって本当!?

強力な美白成分「ハイドロキノン」を乳首の黒ずみ改善に使用する前に、知っておきたい …

バストの悩みは人それぞれ!胸にまつわるコンプレックス5つ

バストのサイズや形のコンプレックスとは? 誰でも1つくらいはコンプレックスを持っ …

キレイなバストを目指すなら自分にあったカップタイプのブラジャーを選ぼう!

カップの違いがバストの違いを生む!カップを選んで理想のバストメイクを ブラジャー …

美肌成分として注目の「エラスチン」はバストアップにも欠かせない成分だった!

コラーゲンとの相乗効果!バストアップのためにもエラスチンの減少を食い止めよう 近 …

バナナでダイエットしながらバストアップできる!その方法とは?

低下カロリー、だけど栄養分は豊富なバナナが身体をキレイにする 一大ブームを巻き起 …

大人女子こそアルギニン!そのパワーや副作用について…

バストアップに効果的!?アルギニンについて、作用やメリット、副作用を紹介します。 …