美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

着物と胸の大きさの関係性は?胸が小さい&大きい人の着こなし術

胸のサイズに合わせてしっかり補正をすれば気崩れ防止にも!

着物を着る際には自分の胸の大きさに合わせて着こなし術を身につけることが大切です。着こなし術さえ身に付けておけば、胸の大きさを問わずかっこよく、美しく見せられます。

一般的に和服を着る際には胸が小さい方がスッキリ見えるのですが、胸が大きい方は着こなせないわけではありません。それぞれのポイントについてご紹介しましょう。

胸が大きい人の着物着こなし術

着物を着ることを考えると、胸の小さい人の方が美しく決まりやすくなります。その大きな理由ともいえるのが、着物は直線的に裁断されて作られているということ。

体のラインを出すのに向いている服装とはいえないため、凹凸の少ない体の方がキレイに着こなせるのです。

こういったこともあり、胸が小さい人に比べると大きい人は着物を着こなすのが大変だと言われます。気崩れしやすいのはどうしても避けられないので、着物を着ている最中の動作などにも注意しましょう。

胸が大きい方が着物を着る際に特に大きな悩みにつながりがちなのが、帯の上に胸が乗ってしまうということ。あまりにも目立つと気になりますよね。

また、着物は襟部分から気崩れすることも多いため、胸が大きいとその分だけはだけやすくなるのです。

体の凹凸を少なくする

胸が大きい人は体の凹凸が大きくなるからこそうまく着こなせないため、凹凸をなくしてあげることが大切です。そこで、タオルを使って対策を取ってみましょう。

寸胴体型を作ることがポイントなので、胴体の辺りにタオルを巻き、胸やお尻との凹凸がなくなるように調整してから帯を締めると着崩れもしにくくキレイです。

他には胸を抑える方法も効果的なので試してみてくださいね。サラシを使った方法もありますが、手軽でおすすめなのが和装ブラジャーです。実は和装ブラジャーと呼ばれるものの中には胸を小さく見せる効果を持ったものもあるのです。

着物を着た際に美しいシルエットになるように研究されて作られているアイテムなので、着物用に一枚和装ブラジャーを用意しておくと非常に便利でしょう。

補正下着の中にも胸を抑えられるものがあるので、そういったものを役立ててみてくださいね。

胸が小さい人の着物着こなし術

胸の小さい方のほうが気崩れしにくいので、着こなしはそれほど難しくありません。ですが、少し補正をしてあげるだけで更に美しく着こなせるのでぜひチェックしてみてくださいね。

胸が小さい場合はわざわざ寸胴体型を目指すような補正は必要ありません。ですが、全体的に華奢な場合、そのまま着物を着ると胸元が少し寂しく見えてしまいます。

胸の小さい人が美しく着物を着こなすためのポイントともいえるのが胸元だといえるでしょう。鳩胸のような体型が作れると襟や胸元が浮くのを避けられるのでぜひ試してみてくださいね。

鳩胸の作り方はとても簡単です。まず、薄手のフェイスタオルを用意しましょう。厚いものを使うと補正しにくいので注意が必要です。

細長くなるように三つ折りにしたら着物用の肌着を着た上から身体に当てましょう。まず、タオルを二つ折りにし、みぞおちのあたりでV字になるように交差して端は落ちないように肩より後ろにくるよう置きます。

これだけだと歩いている最中にタオルが落ちてしまう可能性があるので、両肩のあたりとみぞおちのあたりはサージカルテープなどを使ってしっかりとめておいてくださいね。ただ、これでも取れてしまう可能性があるので、理想的なのはタオルの位置を確認したらそれを縫い付けてしまう方法だといえるでしょう。

多少面倒ではありますが、気崩れしにくい状態にするためにも効果的な方法なので試してみてくださいね。

これだけで胸元にボリュームが出るので、着物が気崩れしにくくなり、キレイに決まります。

胸が大きくても小さくても補正をしよう

胸が小さい場合の補正は必ずしも必要になるわけではありません。実際に、何も補正をせずに着物を着て美しく着こなしている方もいます。

ですが、自分の体にぴったりとしたサイズの着物を着る場合は特に問題ないのですが、少しサイズが合わないものを選択すると補正をしなければシワが寄りやすい状態になったり、気崩れしやすくなるので注意してくださいね。

胸が大きい方もしっかり補正をしておくと清楚に見えます。

気崩れを避けるためには、着物を着ている間の姿勢に注意することも大切です。特に、普段動きやすい服装をしている方は行動が大きくなりがちですよね。

大股で歩いてしまったり、足を大きく曲げたりする動作が自然に出てしまうこともありますが、着物を着ている最中はおしとやかな動作を心がけてみましょう。

特にうっかりやってしまいがちなのが、腕を大きく上げる動作です。腕を大きく上げると胸元だけでなくワキが気崩れしやすくなり、そこから全体的な気崩れに繋がります。

また、腰紐がゆるかったりするとこれが原因で気崩れしてしまうこともあるので、補正だけでなく、こういったポイントにも注目することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

どんな効果?安全性は?よくバストアップサプリに使われる成分を徹底解説!

バストアップ成分の働きを知って自分にあったバストアップサプリを選ぼう♪ 話題のプ …

サプリよりも良い!?みそのバストアップ効果がスゴい…

みそのバストアップ効果が密かに注目を集めています。その理由を、わかりやすく紹介し …

小胸さんも要注意!胸が垂れている…そんな悩みを解決するには?

胸が垂れてしまう原因や対策についてご紹介します。 10代のうちはそれほど悩むこと …

ハリウッドセレブから火がついた!?話題のアーモンドミルクがバストアップの強い味方に

アーモンドの栄養素をしっかり吸収するならアーモンドミルクがベスト! ハリウッドの …

「もっと胸が大きければ…!」お出かけ先で気になる胸のサイズ

貧乳さんあるある『胸の大きさが気になる場所』 皆さんはどんな場面で胸の大きさを気 …

必要なのはテニスボール1つ!誰でもできるバストアップのためのマッサージ

肩甲骨をほぐして美胸に!テニスボールを使ったバストアップ方法 バストアップには、 …

バストアップの強い味方!手軽でおいしいクリームチーズ

チーズの中でもバストアップに特にオススメしたいのはクリームチーズ! 牛乳やヨーグ …

アロマビギナーでもわかる!アロマセラピーとバストアップの関係

アロマセラピーでバストアップができるって本当!?少し眉唾な情報を、初心者で …

肩こりがバストの成長や形に悪影響を与える!

肩こりとバストとの関係を説明。くわえて、バストアップの効果をパワーアップさせる対 …

ハイドロキノンが乳首の美白に使えるって本当!?

強力な美白成分「ハイドロキノン」を乳首の黒ずみ改善に使用する前に、知っておきたい …