美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

豊胸手術の失敗例…手術の種類別に見る起こり得るリスク

豊胸手術にひそんでいるそれぞれのリスク、手術を受ける前に知っておきましょう

バストを手早くかんたんにサイズアップさせたり、理想の形に近づけたりできる豊胸手術。バストに悩みを抱える女性の中には、実際にクリニックで豊胸手術を受けることを考えている、という人もいますよね。

現代では美容医療の分野でも技術が進化し、かつてと比べると手術の安全性は高まってきました。しかし、それでも絶対に失敗しない、リスクがないということはありません。

実際に手術を受ける前に、豊胸手術で起こってしまうかもしれない失敗例と、それぞれの対処法を知っておきましょう。

豊胸手術の種類別に見る失敗例と対処法

現在、多くの美容クリニックで取り入れられている豊胸手術のうち、ヒアルロン酸注入、脂肪注入、豊胸バッグ挿入の3種類で起こり得る失敗例と、それぞれの対処法をご紹介します。

ヒアルロン酸注入の失敗例

しこりができる

ヒアルロン酸は粒子が大きく、かたまりで注射してしまうと、バストの中でしこりになってしまうことがあります。しこり自体が悪影響を及ぼすことはありませんが、しこりが大きい場合やできた場所によっては、痛みを伴うことがあるのです。

しこりがある場合、乳ガン検診で再検査や精密検査を勧められることもあります。

対処法

注射器を使ってしこりになったヒアルロン酸を吸い出すか、ヒアルロン酸を溶かす注射を打ちます。

注入を繰り返すと硬くなる

ヒアルロン酸をバストに注入すると、体の中で少しずつ吸収されていき、しだいになくなっていきます。しかし、バストのヒアルロン酸が溶けきる前に新しいヒアルロン酸を注入すると、ヒアルロン酸はどんどん硬くなってしまうのです。

対処法

しこりと同じく、注射器を使ってヒアルロン酸を吸い出したり、ヒアルロン酸を溶かす注射を打ったりします。

脂肪注入の失敗例

しこりができる

バストに移植した脂肪は、血液の供給を受けないと死んだ細胞になってしまいます。死んだ細胞は体の中で処理されて排出されますが、かたまりだった場合はしこりになることがあります。

対処法

液状の場合は注射器で吸い出すか、小さく切開をしたところに細い管を入れて吸い出します。硬いかたまりになっていた場合は、切開して取り出します。

脂肪が定着せず大きくならない

バストに移植した脂肪が定着するには、血液の供給を受ける必要があります。血液の供給が受けられないと脂肪細胞は死んで体外に排出されてしまい、バストが大きくなったと感じません。

また、バストの皮膚にハリがあって余裕がない人は、脂肪が定着しにくくなることがあります。

対処法

再度手術をおこなうか、ほかの豊胸術を選びましょう。

豊胸バッグ挿入の失敗例

硬くなる

豊胸バッグで一番多い失敗例です。体の中に異物を入れると、異物を取り囲むように薄い膜ができます。これは体の正常な反応ですが、膜を作る反応が強すぎると、膜がどんどんかたくなっていくのです。

対処法

膜が硬くなると改善できないので、バックの抜去や入れ替えをします。

形が崩れる

バッグの周りに膜ができて硬くなっていくと、しだいにバッグが押しつぶされて、バッグが変形することがあります。

対処法

硬くなったときと同じく、バッグの抜去や入れ替えが必要です。

表面が波打ったようになったり、胸が二段になったりする

バストのサイドが波打ったように見えたり、バストの下側に段がついて、二段胸になることがあります。原因の多くは手術をするドクターの技術不足や、手術プランに問題があることです。

対処法

バッグの抜去や入れ替えをします。波打つ状態が軽度な場合は、脂肪注入で改善することがあります。

位置がずれる

バッグを挿入した時点で位置があっていなかったり、生活をしているうちにバッグがずれてしまうことがあります。

対処法

再手術をするか、抜去が必要です。

バッグが破裂する

まれにバストの中でバッグが破裂することがあります。バッグの老朽化や外部からの圧力が主な原因です。

対処法

再手術か抜去が必要です。年に1回程度、超音波検査などでバッグの状態をチェックしてもらうと安心できます。

バッグの周囲に血や水がたまる

術後10日前後に見られることが多い症状で、バストに水がたまってぽちゃぽちゃするような感じがあれば、診察してもらいましょう。

対処法

注射器で周囲にたまった血液や体液を吸い出します。

バッグが飛び出てくる

ごくまれに、挿入したバッグが飛び出てくることがあります。

対処法

バッグを抜去して傷を縫います。

豊胸術に共通するリスク

 

感染する

それぞれの豊胸術に共通するリスクとして、細菌に感染することがあります。体に注入するヒアルロン酸や脂肪、挿入するバッグ、注射器など使用する器具に細菌がついていることで起こるものです。腫れや痛み、赤みが起こり、場合によっては症状が長引くこともあります。
 

対処法

ヒアルロン酸注入では、抗生物質を服用したり感染したヒアルロン酸を注射器で吸い出します。脂肪注入では、抗生剤を使用したり感染した脂肪を取り出したりするため、通院治療が必要です。バッグでは抗生物質を服用するか、場合によっては抜去が必要です。

豊胸手術の失敗とリスクを減らすにはクリニック選びが重要

豊胸手術で起こり得る失敗やリスクは、決して確率の高いものではありません。しかし、絶対に起こらないとはいいきれないのも事実です。

豊胸手術での失敗をできるだけ減らすためには、なんといってもクリニック選びが重要になります。豊胸手術で失敗しないために、最低限チェックしておきたいポイントは3つです。

経験豊富で実績の多いドクターがいる

豊胸手術で失敗するかどうかは、やはり手術をするドクターの腕前にかかっています。希望する豊胸手術を得意としているかどうか、美容外科の経験は長いか、手術の実績をしっかりと積んでいるかなど、手術を任せられるドクターかどうかをチェックしましょう。

また、手術前のカウンセリングを、手術担当のドクターがおこなってくれるかどうかもポイント。カウンセリングは人任せで、手術だけをしているようなドクターだと、安心して手術を任せられませんよね。

経歴や実績についてはクリニックのホームページで確認することができますし、カウンセリングを無料でおこなっているというクリニックなら、実際に行ってみてドクターと直接話すことをオススメします。

専任の麻酔科医がいる

豊胸手術で死亡に繋がった症例の多くは、麻酔の失敗によるものです。麻酔の量が足りなかったり、逆に多かったりすると、最悪の場合は死に至ってしまうんですね。

そんな失敗を防ぐには、専任の麻酔科医がいるクリニックを選ぶようにしましょう。麻酔の専門家なら、その人にあった麻酔をしっかり選んでくれます。

また、本格的な手術をドクターひとりでおこなうようなクリニックは避け、麻酔科医を含めた複数体制での手術をおこなうクリニックを選ぶのが理想的です。

アフターケアが充実している

豊胸手術の後、万が一副作用が出てしまった場合、手術に失敗してしまった場合など、術後のケアを手厚くおこなってくれるクリニックを選びましょう。

手術のリスクや、事故が起こってしまった場合のクリニック側の対処などを、あらかじめ説明してくれたり、定期検診を促してくれるようなクリニックなら、安心して手術をおまかせできるかもしれませんね。

この3つのポイント以外にも、自分にあった手術法を選べるかどうか、料金は適正かどうかなども確認し、信頼できると思ったクリニックを選ぶようにしましょう。複数のクリニックで迷ったら、それぞれのクリニックでカウンセリングを受けてみると、院内の雰囲気やドクター・スタッフの人柄もわかりますよ。

手術による失敗のリスクを避けるなら手術に頼らないバストアップも

バストアップはしたいけど、豊胸手術による失敗のリスクは怖い!と思うのは当然です。どんなに経験豊富で腕のよいドクターでも、絶対に失敗しないとはいいきれないからです。

どうしてもリスクを避けたバストアップをしたいと考えるなら、自分でできるバストアップ対策を取り入れてみましょう。

バストアップサプリ

バストアップに影響する女性ホルモンを活性化させる成分が入ったサプリを飲むことで、体をバストアップしやすい状態に導くことができます。

最近では、美容に役立つ成分も配合されたバストアップサプリがあり、いろいろなサプリを飲まなくても、ひとつでバストサポートと美容サポートに役立つタイプもありますよ。

バストアップエクササイズとマッサージ

特に、血行不良でバストが育ちにくい人に向いています。バストを支える筋肉を鍛えると血行がよくなりますし、バスト周りを刺激すると血流の改善だけでなく、バストを構成する乳腺を刺激することにも繋がります。

1日3分でもいいので毎日続けること、そしてマッサージはジェルやクリームを使って肌への摩擦を減らすことがポイントです。

バストアップブラやナイトブラ

バストは周りのお肉を寄せ集めてキープすることで、その位置を記憶することができます。数日やった程度では効果は感じられませんが、長く続けることでバストの位置を高くしたり、背中や脇に流れたお肉をバストに定着させることができるんです。

それには、バストアップに適したブラや、寝ているときのバストの流れや崩れを防いでくれるブラが最適。できるだけ試着をして、自分にあったサイズのブラを選びましょう。

規則正しい生活とバランスのよい食事

女性ホルモンは、午後10時から午前2時にかけての「ゴールデンタイム」に多く分泌されます。この時間に眠っていれば、自然とバストアップしやすい状態になっていくのです。

また、体を作るためには、その元となる食事も大切です。脂っこい食事やファストフードなど、栄養が偏った食事はなるべく避け、栄養バランスの取れた食事をきちんと食べるようにしましょう。

豊胸手術の失敗は確率としては低いものの、まれに起こったときの対応を誤ると、その後の状態が悪化することも考えられます。豊胸手術を受けるときには、信頼できるドクターのいるクリニックを選び、万が一のときにも対応してもらえるようにすることが大切です。

失敗しない豊胸手術は、クリニック選びから。なんでも相談して、納得のいくクリニックとドクターを探してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

二の腕のお肉をバストに変える方法で、細い腕と豊満バストを同時ゲット!

無駄なお肉を、バストに…。誰でも一度は憧れた妄想を、努力で実現させるマッサージ法 …

バストアップサプリを飲むと太る?太らずバストアップを目指す方法

バストアップサプリの性質と体の働きを知ることで肥満は防げます バストアップサプリ …

豊胸ってどうなの?豊胸したことのある人やしたい人の意見とは?

バストアップのためなら豊胸手術するべき? 胸のサイズや形に悩みがある方は、1度く …

バストアップサプリより効果がある!味噌汁の凄い成分

具材の組み合わせで美味しくヘルシーにバストアップ! キレイでボリュームあるバスト …

アミノ酸なくしてバストアップはありえない!?その必要性とは

私たちが生きていく上で必要不可欠なアミノ酸には、見逃せないバストアップ効果がたく …

バストがサイズダウンしちゃう!?ジョギングするときに気を付けること

ジョギングを楽しみながらバストのサイズダウンを防ぐことは可能です! ダイエットや …

世界各国 胸を大きくする食べ物って?

海外でバストアップフードとして人気のアイテムチェック! 世界の中で、日本の女性の …

胸にしこりが…もしかして乳がん?間違われやすい病気と乳がん検診

胸にしこりを発見したら…自己判断せず病院で診断を受けましょう バストケアなどをし …

バストアップできて太りにくい!スキムミルクを「魔法のミルク」に変えるプラスワンとは

牛乳の栄養素をしっかり補給できるスキムミルクをバストアップに取り入れよう 牛乳を …

体の歪み改善・血流アップでバストアップ対策!?整体でバストアップはできるのか

体の調子もバストアップ効果も上がらない…そんなときは整体がGOOD なんとなく体 …