美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

バストの悩みは人それぞれ!胸にまつわるコンプレックス5つ

バストのサイズや形のコンプレックスとは?
lgf01a201501240100
誰でも1つくらいはコンプレックスを持っているものですよね。女性の場合、胸にまつわるコンプレックスを抱えている方が多い傾向があります。ここでは、女性たちが自分の胸にどんな悩みやコンプレックスを持っているのかをご紹介します。

胸にまつわるコンプレックス5つ

胸の大きさ

胸に関するコンプレックスで最も多く目に入るのが「胸が小さい」というもの。一般的には胸が大きい方が女性らしくセクシーだと考えられているため、胸が小さいせいで「自分には魅力がないのでは?」と悩んでしまう女性が多いようです。また、胸の大きさは服を着ていてもある程度わかるため、胸の大きな女性の隣を歩くのすら苦痛に感じてしまうケースも。

ちょっと意外かもしれませんが、胸の大きさに関する悩みで必ず出てくるのが「胸が大きすぎて困る」というものもあります。胸が小さいことで悩んでいると、胸が大きくて何が不満なのかと思ってしまいますが、胸が平均より大きいとかわいい下着や服を身に付けられなかったり、肩こりや痴漢に遭いやすいなど大胸さん特有の悩みがあるのです。

胸の形・ハリ

日本人の胸は柔らかく外側へ流れやすい特性があります。ブラをしていないとワキや背中へお肉が流れてしまったり、横になると胸がペタンコになってしまうなど、胸の形に関する悩みも多く見受けられます。また、年齢を重ねたり、産後徐々に胸がしぼんでいく過程で、胸にハリがなくなり垂れるようになったという悩みを持つ女性もたくさんいます。

乳首の黒ずみ

乳首の黒ずみは、ホルモンバランスや色素沈着などが原因です。個人差や体質が大きく関係するため、ピンク色のきれいな乳首をしている人もいれば、黒ずんだ色の方もいます。これは仕方がないことなのですが、性体験が多いほど乳首が黒ずむという迷信があり、乳首の黒ずみのせいで遊んでいると勘違いされたりひどいことを言われた経験がある女性も…。

乳輪が大きい

乳輪とは、乳首の周辺の通常の皮膚とは違った色をしている部分を指します。これも乳首の黒ずみと同じく、個人差が大きい部分で大きいからといって問題があるわけではありません。しかし、色が違い目立つ部分なためか、乳輪が大きいのが恥ずかしくて温泉にも行けないという女性や、恋人に指摘されてショックを受けたという女性もいます。

胸のムダ毛

胸や乳首の周りには、うっすらと産毛が生えています。見落としがちですが、触ってみると産毛のふわふわした質感がよくわかります。ムダ毛処理をしようにも、胸の下の方は見えずらく、乳輪は凹凸があって処理しにくいという問題があります。胸のムダ毛処理をしてうっかりカミソリで傷つけてしまう女性も多いようです。デリケートな場所なので、プロに任せることをおすすめします。

他にもこんな悩みがあるそうです…!

子供を出産後に乳頭が引っ込んでしまう陥没乳頭になってしまったのですが、自分で引っ張り出してもすぐに又引っ込んでしまうので片方だけバストトップが無い状態が続いています。昔から温泉が好きで良く行っていたのですが、それ以来人に見られる事がとても恥ずかしく、自宅のお風呂に入っていてもバストを見ることすら辛い状態です。
トップの高さがない、胸が小さいというのは女としては致命的な弱点だと思っています。それを全然気にしていない女性もいるようですが、服によっては胸がないと上手く着こなせないし、水着なども胸が小さいせいで中に詰め物をしないとパットがズレて胸元がペコペコしてしまい情けない有様です。好意を抱いている人から声を掛けられたとしても服を着ていると分りにくい事が多いので、自分の胸が小さい事に気付いているのか不安になる事があります。
昔からバストが大きい為とても肩凝りが酷く困っています。整体に通ったりしていますが、行ったその日は肩凝りが和らぎますが、直ぐにガチガチになります。そして肩凝りによる吐きけや、頭いたなどもありとうとう医者からお薬を処方してもらい飲んでいます。バストがおっきくていいねーなんて言われますが、いい事なんて一つもありませんでした。
私のバストの悩みは左右のサイズが違うことです。右側よりも左側の方が大きくて、右側の乳首が陥没しているのです。引っ張り出せば出てくるのですが、すぐにまた陥没してしまいます。ブラジャーを選ぶときにも左の大きい方のカップに合わせて買い、隙間が空く右側にはパッドを入れたりして左右のバランスをとるようにしています。
バストが小さくて悩んでいる人もいると思いますが、大きくても悩みの種となるのがバストです。大きいと夏場はあせもが出来ますし、常に紐で吊っている訳だから酷い肩こりに悩まされたりもします。若い内には電車に乗ればチカンに遭いますし、歳を重ねると今度は大きなバストがハリを失ってドンドン垂れてきます。

コラーゲンやヒアルロン酸等で対処するのですが、市販のサプリメントを使う程度では大した効果も出ず、年月の経過と共に垂れて行くバストを見ていると、どうしてこんなに大きくなってしまったんだろうと悲しくなってしまいます。

産後、バストが小さくなってしまいましたし、たれてしまいました。Cカップだったのに今はBカップになりました。ハリや弾力が全然なくなりましたし、しっとりとした潤いがなくなってしまいました。カサカサしています。裸になって鏡を見た時毎回ため息が出ます。加齢と母乳育児のせいだと思うのですが、女性として悲しくなります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

「ここぞ!」の時にオススメしたい高級ランジェリー8選

オススメしたい高級ランジェリーブランドを、選ぶ目的別に紹介します。 女性の“がん …

筋肉だけじゃない!プロテインで効率よくバストアップできる方法

体型別のプロテインを使ったバストアップ方法もご紹介! 運動をしていない人でも、ア …

ノーブラがバストアップに効果的!?ノーブラ生活のメリット・デメリット

たまのノーブラもバストアップに悪くない?おうちから始めるノーブラ生活♪ バストア …

精力剤だけじゃない!?マカが持つバストアップ効果とは

マカには、全女性必見の健康・美容メリットがたくさんあります! マカがバストアップ …

ハリウッドセレブから火がついた!?話題のアーモンドミルクがバストアップの強い味方に

アーモンドの栄養素をしっかり吸収するならアーモンドミルクがベスト! ハリウッドの …

身近な食材で手軽にバストアップ!タンパク質豊富な「鶏肉」がオススメ

安くてヘルシー、鶏肉でおいしくバストアップと健康作り! バストアップを目指すなら …

胸が小さいのに下半身デブ!その悩み一気に解消できます

つけたいところに脂肪がつかないのは何故?バストと下半身の関係 胸が小さい人って胸 …

要チェック!バストアップによくない食べもの、食べてませんか?

胸が小さくなる原因は食べ方にもあり!マイナス要素は撃退しよう バストアップによい …

バストアップと脚痩せ&ヒップアップできちゃう!アメリカで話題のSUMOスクワット

バストアップしながら脚痩せも目指したい人にオススメのストレッチ バストアップを目 …

夏の下着選びで重視したいポイントを紹介!涼しく快適に過ごすコツ

夏はインナーや下着選びにこだわって涼しく過ごそう! 夏といえば薄着の季節です。何 …