美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

胸をやわらかくしたい!ふわふわマシュマロバストの作り方

やわらかい女性らしいバストを作るにはどうすればいい?
3905f9512d31c3f75c4fc62c69760754_s
女性の胸といえば、ふわふわやわらかいものというイメージがあるかもしれませんが、なかには硬くなってしまっている方もいるようです。胸の硬さなんてみんな同じじゃないの?と思う方もいるかもしれませんが、驚くくらいに違います。やはり、ガチガチに硬いバストよりもやわらかいバストに憧れますよね。

バストが硬くなってしまう原因や対策についてご紹介するので、やわらかく女性らしいバストを目指しましょう。

バストが硬くなる原因は?

理想的なのはマシュマロのようなやわらかいバストですよね。そもそも、硬くなってしまう原因はどこにあるのでしょうか。

これにはいくつかの原因が考えられるのですが、老廃物が溜まっているということも大きな原因です。特に冷え性の方などは胸の周りに老廃物がたまり、バストが硬くなる原因に繋がってしまいます。

まずはゆっくりお風呂に入る習慣を身につけ、マッサージも取り入れると良いですね。マッサージをする際には胸だけでなく、肩や首、デコルテなども同時に行うとさらに効果的です。

次に、筋肉が凝り固まっていることも原因のひとつとなるので、ストレッチを行いましょう。胸のストレッチというよりも、胸と深い関係のある肩甲骨まわりをほぐすストレッチを実践すると効果的です。

普段あまり体動かさない方は体が凝り固まっている可能性が高いので、肩甲骨を大きく動かすストレッチを実践していきましょう。

また、ブラジャー選びを間違えていないかもチェックしてみてくださいね。締め付けの強いブラジャーを一日中つけていたりすると胸が血行不良の状態になり、硬くなってしまいます。

といっても、就寝中にブラジャーを外していると垂れたり離れたりする原因にもなってしまうので、夜はナイトブラを装着すると良いですね。

胸をやわらかくしたい!簡単な方法は?

すぐに実践できておすすめしたいのが深呼吸です。実際に深呼吸をしてみると胸が膨らみますよね。

普段から呼吸が浅くて肺がほとんど膨らまないような方は胸が硬くなりやすいです。

深呼吸する際には腹式呼吸も実践してみましょう。ゆったりと腹式呼吸をすることにより副交感神経が優位な状態になるのですが、このような状態になると体は休息や修復の機能も高まります。

胸を育てたり、休ませるためにも副交感神経が優位な状態を作ることが大切であるため、浅い呼吸ではなく、深呼吸をするということもバストをやわらかくするのに重要です。

冷え性対策が効果的

バストがやわらかい人に比べ、硬い人は体が冷えていることが多いです。体が冷えてしまうと血行も悪くなり、ますますバストが硬くなってしまうので、やわらかくしたい方は冷え性対策を実践していきましょう。

例えば、ショウガや唐辛子といった身体を温める働きを持った食材を取り入れるのも効果的です。また、適度に体を動かすことも血行を良くする働きがあるため、運動も実践していきたいですね。

他には、胸を直接揺らしてあげると胸の血行不良改善に役立ち、ふわふわのバストを作れます。

やり方はとても簡単で、まずは右手を使って左のバストを下から支えましょう。そのままの状態で、バストを鎖骨側に向かって弾ませるような感覚で揺らしていきます。大体、1秒間に3回ほど揺れるようなペースで30回ほど繰り返しましょう。

今度は左手を使って右のバストを同じように鎖骨に向かって揺らします。最後に、左右の手を使って両方のバストを下から上に向かって揺らしましょう。このとき、バストを少し中央に向かって持ち上げるようにイメージするのがポイントです。

毎日続けることでバストアップにも役立ってくれる方法なので、バストをやわらかくしたい方はぜひ実践してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

バストアップできて太りにくい!スキムミルクを「魔法のミルク」に変えるプラスワンとは

牛乳の栄養素をしっかり補給できるスキムミルクをバストアップに取り入れよう 牛乳を …

美肌成分として注目の「エラスチン」はバストアップにも欠かせない成分だった!

コラーゲンとの相乗効果!バストアップのためにもエラスチンの減少を食い止めよう 近 …

バストが小さいのは、遺伝だから仕方ない!?ソレ本当?

バストサイズは本当に遺伝するのか? 母親のブラジャーのサイズを見て、「私のバスト …

40代女性は垂れるバスト対策をしっかりと!効果的な筋トレとは?

40代になってもバストアップは可能!筋トレを行ってハリのあるバストを作りましょう …

手軽でカンタン!続けやすいバストアップ飲料を選ぶなら「飲むヨーグルト」!

バストアップに嬉しい栄養素を飲むヨーグルトで手軽に取り入れよう♪ バストアップに …

薄着の季節…気になる胸ニキビを撃退したい!セルフケアでもダメなら皮膚科でレーザー治療も

目立つ胸ニキビの原因とセルフケア、それでもダメなら皮膚科で治療を受けよう 気温が …

Aカップの人におすすめ!三角ブラの魅力とその理由

締め付け感なし、ファッション性あり、小胸でも女性度アップ 最近のブラジャー事情で …

貧乳でも楽しめるおしゃれがある!どんなファッションがおすすめ?

小さい胸に悩んでいる方のために体型を活かしたおしゃれ術を紹介! 自分は貧乳だから …

知っておきたい世界の平均バストサイズ

バストが大きい国は食生活がキーポイント!うまく取り入れよう 海外ドラマや映画の印 …

胸にも妊娠線ができる?授乳線を目立たなくする出産前3つのケアと出産後4つのケア

目立つバストの授乳線は出産前からのケアが重要です 出産前後のボディケアとして、大 …