美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

意外と見られてる!?オフィスで、出先で…うっかり胸チラを防ぐ方法

5つの工夫と便利な胸チラ防止アイテムで、胸チラ気にせずオシャレも楽しめる♪
chira

しゃがんだときや前かがみになったとき、トップスのすき間から胸元やブラがチラリ…という「胸チラ」。そんな経験をして恥ずかしい思いをしたり、他の人の胸チラが気になって目のやり場に困った、なんて女性も多いのではないでしょうか。わざとやっているつもりはないのに、知らないうちに胸チラしてしまうことは多いもの。しかも自分では気づきにくく、他の人に指摘されて初めて気がつく、ということもあります。

一度胸チラに気がついたら、今度は胸チラしないようにするために気を遣って、仕事や遊びに集中できない!と感じますよね。せっかくバストアップできたのに、今度は胸チラが気になって、堂々と胸を張ることができないなんてもったいないと思いませんか?

そんなときは、胸チラを防ぐグッズやアイディアで乗り切りましょう!

胸チラにバストの大きさは関係ない!?

胸チラを気にするのは、胸の大きな人だけでしょ?と思っているかもしれませんね。でも、胸チラにバストの大きさはあまり関係がないんです。

バストサイズではなく、着ているトップスの形やサイズに原因があります。

たいていのレディースの洋服は、サイズにあわせて胸が入るように作られています。その服にあったバストサイズの人なら、多少前かがみになっても胸チラしにくいのです。

ただ、その服のサイズよりバストサイズの小さい人が着ると、胸元に余裕ができます。すると、バストが小さめでも胸元が開きやすく、バストが小さめでも胸チラしてしまうというわけです。

バストが小さめの場合、胸チラしてしまうとブラまで見えてしまったり、ブラのサイズがあっていないとブラの中までチラリしてしまったりということも…!

大きいから胸チラする、小さければ胸チラしない、というわけではないんです。

いつもの服装で胸チラを防ぐ5つの工夫

もっともかんたんに胸チラを防ぐ方法は、胸チラしない服装にすることです。まずは、胸チラしない服装を取り入れるところから始めてみましょう。

首元まで覆う服を選ぶ

タートルネックやハイネック、ボトルネックといった、首元までしっかり覆ってくれるタイプの服を選ぶと、胸チラする心配がありません。

胸元が開いた服を選ばない

VネックやUネックなど、胸元が大きく開くトップスは避けましょう。シャツやブラウスは、なるべく上までボタンを留めます。

スカーフやタイを身につける

スカーフをプラスすれば、胸チラが防げてオシャレ度もアップ!シャツ・ブラウスにはネクタイやリボンタイなどをプラスすると、襟が大きく開きにくくなりますよ。

インナーを調整する

使い慣れたキャミソールやスリップがあるなら、そのインナーがゆるんでいるのかもしれません。肩紐のアジャスターを調整したり、伸びた肩紐を短く縫って調整したりすると、胸元が開いてしまうのを防げます。ゆるくなってきたインナーは、思い切って買い替えるのも◎

服のすき間を作らせない!

最後は、服とブラのすき間をなくしてしまう力業。谷間をガードするための専用シールを使って、着ている服とブラを接着します。専用シールがなければ、両面テープでも代用できますよ。ただし、うまく接着しないと変なシワができたり、接着していることが外からわかってしまったりすることもあります。

胸チラを防ぐオススメグッズ

胸元を隠せば、胸チラを防ぐことはできます。でも、それではオシャレを楽しむことができませんよね。オシャレも好きなように楽しみながら、胸チラを防ぐことができる便利なグッズをご紹介します。

ブラカバー

その名の通り、ブラの上から身につけるもので、チューブトップのようなアイテムです。全体がレースでできているタイプや、カットソータイプなどがあります。胸元全体を覆ってくれるので、トップスを着てしまえば、キャミソールなどを重ね着しているようにしか見えません。

谷間カバー

ブラカバーはチューブトップのようにブラ全体を覆うものですが、谷間カバータイプは、ブラに取り付けて使います。ブラカバーとは違い、胸元の正面だけをカバーしてくれるので、暑い季節にオススメです。

カップつきインナー

タンクトップやハーフトップなど、さまざまなタイプが選べるカップつきインナー。カップとインナーが体にしっかり密着してくれるので、バストトップまで見えてしまう心配がありません。

チューブトップ

インナーで胸チラを防ぐなら、胸元をしっかりキープできるチューブトップもオススメ。肩を出したいコーディネートにも活躍してくれそうです。ずり落ちないよう、サイズやゴムはしっかりチェックしましょう。

ロングタイプ腹巻き

チューブトップのように着用でき、胸元からお尻まですっぽりと覆うことができるロングタイプの腹巻きなら、オフィスなどで冷え防止にも役立ちます。冬場だけでなく、オールシーズン使える薄手のタイプが便利です。

胸チラ対策ができるアイテムは、意外とたくさん販売されています。それだけ胸チラをさせないことは「身だしなみ」として定着してきているのかもしれませんね。

胸チラを防ぐ第一歩は、まず「胸チラさせないぞ」という心構えから。自分にあった服装やアイテムを見つけて、体を動かしても胸チラしない対策をしてみてください。特にビジネスシーンでは、身だしなみとしてしっかり取り入れていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

日本一平均サイズの大きな都道府県に学ぶ、バストと県民性の関係

実測で明らかになったバストサイズランキング。1位になった都道府県から、バストを育 …

自分だけかも…なんて悩まないで!陥没乳頭の原因と改善方法

自宅でできるケアを続けて改善できる陥没乳頭もあります バストの悩みは大きさや形だ …

やっぱり遺伝?胸の大きさは努力でなんとかできないもの?

バストサイズは遺伝するって本当!?ウワサの真相とは? 自分の母親の胸とサイズが同 …

1台3役でバストアップも目指せる「キャビスパRFコアEX」の特徴と実力とは

バストアップとシェイプアップ♪キャビスパRFコアEXで理想のメリハリボディを目指 …

バストアップ効果の高い「肩甲骨はがし」をマスターしよう!

肩甲骨の動きを良くすることでバストアップ効果大!その他のメリットも バストアップ …

Aカップの人におすすめ!三角ブラの魅力とその理由

締め付け感なし、ファッション性あり、小胸でも女性度アップ 最近のブラジャー事情で …

30代のバストアップ方法はこれ!気になるバストへの出産による影響は?

バストアップに励んでいる30代女性におすすめの方法をご紹介します。 10代~20 …

アミノ酸なくしてバストアップはありえない!?その必要性とは

私たちが生きていく上で必要不可欠なアミノ酸には、見逃せないバストアップ効果がたく …

要チェック!バストアップによくない食べもの、食べてませんか?

胸が小さくなる原因は食べ方にもあり!マイナス要素は撃退しよう バストアップによい …

【保存版】これが知りたかった!バストアップサプリについての疑問を解消!

男女問わず豊かなバストには釘付けになってしまうもの。そんなバストを手に入れるため …