美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

意外と知られていないコラーゲンの効果!バストアップしたい女性にオススメしたい理由

コラーゲン+αでバストアップも美肌も同時に叶えましょう♪

49d127ef35f0b3a0b0f2aac2c1db27f1_s

コラーゲンは、美肌やアンチエイジングに役立つとして知られています。コラーゲン入りの化粧品やサプリメント、ドリンクなどを取り入れたことがあるという女性は多いですよね。美肌成分としてはもはや定番となったコラーゲン、実はバストアップに役立つ成分でもあることをご存じでしたか?

コラーゲンが持っている働きと、コラーゲンがどうしてバストアップに役立つのか、そしてコラーゲンを摂りやすい食品を知って、バストアップ生活に役立ててください!

基本的なおさらいから!コラーゲンが持つ働き

美容や健康に役立つことは知っているものの、そもそもコラーゲンとは一体どのようなものなのでしょうか。

・コラーゲンは体の一部を作るタンパク質
コラーゲンは、人の体を作っているタンパク質の一種です。体の中では皮膚の真皮や靱帯、腱、骨、軟骨などを構成しています。皮膚や髪の毛、内臓、血管など、人の体の多くはタンパク質で作られています。その体内にあるタンパク質のうち、約30%がコラーゲンなんです。

・体を支え、細胞同士を結合する役割がある
体や体内の臓器を支える役割を持っているだけでなく、細胞同士を結合させる接着剤のような役割も果たしています。もっともわかりやすいのは「軟骨」です。軟骨は、骨と骨とを繋ぐ役割があり、大きな骨よりも弾力性があります。コラーゲンで作られ、弾力性のある軟骨が間にあることで、クッションのような働きをして、スムーズに体を動かすことができるんですね。

・皮膚や髪、爪を健やかに保つ
常に外にさらされている皮膚や髪の毛、爪は、紫外線やほこりなどでダメージを受けやすいものです。コラーゲンはその多くが人の皮膚に存在しており、土台として肌を支えてくれています。コラーゲンは細胞を活性化させて適度な水分を保つように働きかけるため、コラーゲンがあることで皮膚や髪の毛は健やかで美しい状態を保つことができるのです。

・体内にあるコラーゲンは年齢と共に減少する
コラーゲンは体内で生成される成分ですが、20歳をピークに、体内のコラーゲン量は減少していきます。60代になると、ピーク時の70%程度にまで減少してしまうといわれており、美容と健康を気にする女性がコラーゲンを積極的に摂取しているのは、このことが理由です。

コラーゲンは人の体を作るタンパク質の一種で、美容だけでなく健康にも欠かせない成分です。

コラーゲンがバストアップに効果的な理由

バストの約90%は脂肪、そして残りの約10%は乳腺から構成されています。脂肪と乳腺によって作られているバストに、コラーゲンはどのようにしてバストアップに関わってくるのでしょうか。それは、ハリのあるバストを支えている「クーパー靱帯」にありました。

バストを支えるクーパー靱帯

クーパー靱帯は、バストを皮膚や筋肉に繋ぎ止めて、バストの形を支えているものです。ほかの靱帯は伸び縮みしないのですが、クーパー靱帯は激しい運動などで伸びたり、場合によっては切れてしまうことがあります。このクーパー靱帯が伸びたり切れたりしてしまうと、バストを釣り支えるものがなくなり、バストが垂れたり形が崩れたりしてしまうのです。

そしてクーパー靱帯は、伸びたり切れたりすると、元に戻すことができません。クーパー靱帯が伸びたり切れたりする前に、しっかりと対策しておくことも、バストアップ対策のひとつというわけですね。

クーパー靱帯はコラーゲンで強化できる

このクーパー靱帯を形成しているのが、コラーゲンの繊維なんです。コラーゲンの繊維が束となり、紐状になってバストを釣り支えていて、年齢と共にコラーゲンが減少していくことで細くなってしまいます。

クーパー靱帯が伸びたり切れたりしていなくても、年齢と共に細くなっていくことで、バストを支える力が弱まっていき、結果としてバストが垂れてしまう、というわけです。

年齢と共に減少するコラーゲンを補うことは、クーパー靱帯の強化にも繋がります。伸びたり切れたりしたクーパー靱帯を元に戻すことはできなくても、残っているクーパー靱帯を強化することはできます。ですから、バストの垂れや形崩れが気になるなら、コラーゲンは積極的に摂取したい成分のひとつなんです。

今はまだ垂れたり形が崩れたりしてないから…と思っているかもしれませんね。しかし、コラーゲンは20代から減少が始まります。つまり、クーパー靱帯も20代から弱っていくということです。

なるべく早めに、意識的にコラーゲンを摂取するようにしておけば、クーパー靱帯が弱まっていくのを防ぐことができますよ。

オススメのコラーゲン食品と摂取方法

コラーゲン豊富な食品というと、どんなものを思い浮かべますか?

牛すじや豚足、手羽先などが有名ですが、毎日牛すじや豚足を食べ続けるのは大変です。そこで、毎日でも続けやすいコラーゲン食品をご紹介します。

・ゼリー
ゼリーはゼラチンを使って固められています。ゼラチンは、ほとんどが牛や豚のコラーゲンから作られてる食品です。つまり、牛すじや豚足を食べなくても、ゼリー食品から牛や豚のコラーゲンを摂取できるというわけですね。
デザートとして食事にプラスすると、食事も華やかになりそうです。

・マシュマロ
マシュマロもゼラチン食品のひとつ。コラーゲンを元に作られているので、いつもの間食やおやつをマシュマロに変えてみるのもいいかもしれませんね。

・魚類
魚類には、骨や皮にコラーゲンが多く含まれています。サケやサンマ、イカなど、普段のメニューに取り入れやすい魚でもコラーゲンの摂取ができますよ。できれば皮も一緒に食べましょう。

・コラーゲン食品
美容と健康を保つ目的で、コラーゲンを多く含んだ健康食品も市販されています。手軽なドリンクタイプ、持ち運びやすいゼリータイプ、好きな食品に混ぜて摂取できるパウダータイプ、続けやすいサプリメントと、種類が豊富なのも魅力です。一般的な食品から摂るのが難しい場合は、こうしたコラーゲン食品を利用するのもオススメです。

コラーゲンはビタミンCと一緒に

ただコラーゲンを摂取するだけではもったいない!コラーゲンの効果を高めるなら、ぜひ一緒に摂りたい栄養素があります。それは、ビタミンCです。

ビタミンCにはコラーゲン生成を手助けする働きがあり、ビタミンCなしでは、コラーゲンを摂取しても体の中でしっかり働いてくれない可能性があるのです。

コラーゲンを意識して摂取するときには、ビタミンCも一緒に摂取できるよう、食品やサプリメントでしっかり補いましょう。

1日に摂取したいコラーゲンの量は、5000mgから10000mgです。日本人の平均摂取量は1日1900mg程度といわれていますから、意識して摂取していなければ、足りていないことがわかりますね。サプリメントやコラーゲンドリンクを利用すると、効率よくコラーゲンを摂取できるので、ぜひ活用してみてください。

コラーゲンとビタミンC、どちらも美容に効果的な成分としてよく知られています。その2つを一緒に摂取することで、美容だけでなくバストアップにもよい効果が得られるなんて、まさに一石二鳥です。バストアップを目指している女性も、今のバストを維持していきたい女性も、コラーゲンとビタミンCを積極的に摂っていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

豊胸手術がレントゲンでバレるって本当!?バレないバストアップはできるの?

レントゲンで写ることより体のことを考えよう!バレない豊胸術もあります 実際に豊胸 …

トイレに行くたびバストアップ!?個室トイレで出来ること

バストアップ成功者はみんなやってる?女子トイレならではのバストアップ対策! 自宅 …

やっぱり遺伝?胸の大きさは努力でなんとかできないもの?

バストサイズは遺伝するって本当!?ウワサの真相とは? 自分の母親の胸とサイズが同 …

バストアップのためにはP-Grandiで背中の凝りもほぐして背中すっきり!

個人差のあるバストにはハンドマッサージがおすすめ 出典:p-grandi.com …

欧米女性のバストとどう違う?日本人バストの特徴や構造

食文化や意識差がバストの差を生み出す 外国人のバストって、バーンと前に飛び出て、 …

歓迎?NG?胸の谷間が見える女性に対する男性の意見、女性の意見

谷間のチラ見え、どう思われてる?楽しむならTPOにあわせよう! かわいい系、清楚 …

授乳中にバストアップサプリがNGな理由&産後からできるバストアップ対策

卒乳までの産後はバストアップサプリに頼らない対策をしよう! 妊娠して出産、そして …

キャベツを食べるだけでバストアップ!?それって本当?

「キャベツを食べると胸が大きくなる」は本当? 春から冬まで、どの季節でもスーパー …

エアポンプでプシュッと巨乳!注文殺到の大人気ブラ「レディエア」で思い通りのバストサイズに

3サイズアップも可能、形や高さも自由自在、しかも着け心地もGOOD!レディエアの …

胸にしこりが…もしかして乳がん?間違われやすい病気と乳がん検診

胸にしこりを発見したら…自己判断せず病院で診断を受けましょう バストケアなどをし …