美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

キレイなバストを目指すなら自分にあったカップタイプのブラジャーを選ぼう!

カップの違いがバストの違いを生む!カップを選んで理想のバストメイクを
bra

ブラジャーを選ぶとき、アンダーとトップのサイズがピッタリなものを選ぶことが多いですよね。自分のサイズに合ったブラジャーを選ぶことは、女性にとってはすでに常識です。それでも、サイズが合ったブラジャーを選んだはずなのに、なぜか窮屈に感じてしまったり、逆にカップが浮いてしまったり…という経験はありませんか?それは、バストや体型にカップのタイプが合っていないのかもしれません。

カップの形に違いがあるのは、それぞれが生み出す効果や、それぞれのカップが合うバストの形があるからです。サイズだけでなく、カップの違いにも気をつけるようにすると、より自分にあったブラジャーを選ぶことができ、キレイなバストメイクができますよ。

カップの違いが理想の胸を作る!

ブラジャーのカップタイプや形状の違いには、さまざまなものがあります。日本で主に作られているブラジャーのカップタイプは、ハーフカップ(1/2カップ)、3/4カップ、フルカップの3種類です。サイズの違いがあるだけでなく、カップの形状にも違いがあるというのは、元々のバストの形に合ったカップがあるだけでなく、体型や年代によってもバストの形が変わっていくからなんです。

たとえば、20代のバストと40代のバスト、と聞くだけで、ハリの違いや垂れ方の違いを思い浮かべるでしょう。同じ人でも年齢を重ねればバストは変わっていきますし、もちろん痩せたり太ったりすることでもバストは変化します。

サイズは合っているのにカップが浮いてしまう、ブラジャーからバストがはみ出る、バストトップがブラジャーから出てしまう…。こうしたブラジャーの「合わない」があるなら、自分に合ったカップタイプが選べていない証拠といえるでしょう。

カップのタイプ別・オススメしたいバストタイプと選ぶメリット

もっともよく選ばれているフルカップ、3/4カップ、ハーフカップの3種類について、それぞれに似合うバストや解決できる悩み、どんなメリットがあるのかをご紹介します。

フルカップ

バスト全体を覆い包むタイプ。カップの面積が広く、ブラジャーの中心にも布地が多いため、大きなバストでもしっかりサポートしてくれます。肩紐が太いタイプを選べば、肩こりもしにくくなるでしょう。

フルカップがオススメのバスト
 ・大きいバスト
 ・下に垂れ気味のバスト
 ・柔らかいバスト
 ・脇や下に流れやすいバスト

全体的に、大きくて柔らかい、そして横や下に流れやすいバスト向けです。柔らかくて流れやすいバストなら、大きなフルカップの中にしっかりと寄せて収めるようにすると、流れたバストを正しい位置にキープすることができます。
また、バストに対するサポート力が高いので、バストが揺れてしまうような運動をするときにもピッタリ。バストの揺れを防いでくれるので、バストアップ中の育乳にもオススメです。

フルカップブラジャーのメリット
 ・安定感がある
 ・バストの垂れや流れを防ぐ
 ・バストが大きく揺れるのを防ぐ
 ・バスト全体を覆うのでバストアップの育乳にピッタリ

3/4カップ

フルカップブラジャーのカップ上部を、1/4程度斜めにカットしているタイプ。パッドやワイヤー入りのものが多く、バストをふんわり柔らかく、自然に見せてくれます。そのため愛用者も多く、ほとんどのブランドやメーカーから販売されているタイプです。

3/4カップがオススメのバスト
 ・下に垂れ気味のバスト
 ・全体的に外向きのバスト
 ・デコルテが華奢
 ・脇に流れやすいバスト

小さめのバストからグラマーなバストまで、どんなサイズでも合わせやすいタイプです。バストをふんわりと見せてくれるので、デコルテラインが華奢で、胸元のボリュームが出にくい人にもオススメ。デコルテから膨らみがある人や、はと胸気味の人は、カップからバストがはみ出てしまうことがあるので、できれば避けた方が無難です。

3/4カップブラジャーのメリット
 ・自然なふんわりバストが作れる
 ・華奢なデコルテでも盛れる
 ・服装を選ばず着用できる
 ・メジャーなカップタイプなので色やデザインが豊富

ハーフカップ(1/2カップ)

フルカップブラの上部、約半分を横にカットしているタイプ。3種類の中ではカップがもっとも浅いため、カップ自体が固く、パッドがしっかりしているものが多くなっています。下からしっかり持ち上げるので、バストの高さを出したいときに選びたいタイプです。

ハーフカップがオススメのバスト
 ・小さめのバスト
 ・左右に離れ気味のバスト
 ・位置が低いバスト
 ・はと胸

下から持ち上げて、しっかりボリュームを出してくれるのが特徴のハーフカップ。ですから、バストにボリュームがない人には特にオススメのタイプです。また、パッドを調節すれば離れたバストを中央に寄せやすいですし、バストをしっかり持ち上げるので、はと胸の膨らみが目立ちにくくなります。ストラップを取り外せるタイプが多いので、肩を出すファッションを楽しみたいときにもオススメですよ。
元々バストが大きい人は、カップの上にバストが乗ったりはみ出したりするので、バストラインをキレイに作り出すことができません。

ハーフカップブラジャーのメリット
 ・小さいバストでもボリュームアップできる
 ・バストを中央に寄せ高さを出せる
 ・はと胸が目立ちにくい
 ・肩を出すファッションにも使える

カップタイプを選ぶコツはご理解いただけたでしょうか。もちろん、ブラジャーのデザインや形状によっては、これに当てはまらないこともあります。自分に合ったブラジャーをしっかり選びたいときは、必ずお店で試着をしてから購入してくださいね。

ブラジャーの試着で自分に合うカップを探そう!

お店でブラジャーを試着するときには、まずは自分に合ったサイズのものを選びます。そして、自分に合ったカップタイプを選ぶときには、最初に3/4カップのブラジャーから試着してみましょう。

3/4カップを試着して…
 ・カップに胸が乗る、はみ出る→フルカップがオススメ
 ・バストにボリュームや膨らみが出ない→ハーフカップがオススメ

自分に合ったカップタイプがわからないときは、まず3/4カップから試してみて、キレイにバストメイクできているかどうかをチェックします。バストがはみ出たり、逆にバストが膨らまなかった場合は、フルカップやハーフカップを試してみましょう。

そのほかにも、ブラジャーの試着をするときには、こんなことに気をつけると、理想のブラを選びやすいですよ。

 ・体を左右にひねってもカップから胸が浮かない
 ・肩を回しても肩紐が落ちない
 ・アンダーが上にズレない
 ・ブラのベルトが脇に食い込まない
 ・バンザイしてもブラ全体が持ち上がらない
 ・ジャンプをしてもバストが大きく揺れない
 ・前かがみしても後ろ側が上がってこない

こんなブラジャーなら合格です。もしもどれかが当てはまらないなら、ブラのカップやサイズが合っていないのかもしれません。

そんなときには、プロであるスタッフにチェックしてもらうとよいでしょう。また、自分でサイズを把握していても、試着前にも一度サイズを測ってもらうことをオススメします。自分で測るのと、人に測ってもらうのとでは数値が変わることもあるからです。

自分のバストや体型にブラジャーが合っているかどうかも、一緒にチェックしてもらうとよさそうですね。

なりたいバストや自分のバストに合わせてブラジャーを選ぶことは、理想的なバストメイクと直結しています。今までサイズとデザインだけで選んでいたという人は、ぜひカップの形にも注目してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

大人女子こそアルギニン!そのパワーや副作用について…

バストアップに効果的!?アルギニンについて、作用やメリット、副作用を紹介します。 …

意外と見られてる!?オフィスで、出先で…うっかり胸チラを防ぐ方法

5つの工夫と便利な胸チラ防止アイテムで、胸チラ気にせずオシャレも楽しめる♪ しゃ …

豊胸ってどうなの?豊胸したことのある人やしたい人の意見とは?

バストアップのためなら豊胸手術するべき? 胸のサイズや形に悩みがある方は、1度く …

バストの大きさが左右非対称になる原因と対策!

バストのサイズを左右対称に近づける方法を、原因別に紹介します 女性のセックスシン …

10代女性が多く悩むバストの大きさ&成長の問題を解決!

10代におすすめのバストアップ方法についてご紹介します。 10代の女性が抱えてい …

バストからツ~ンと嫌なニオイ!「チチガ」の原因と対策について

バスト版のワキガ「チチガ」はなぜ起こるのか…原因からあぶり出した自分でできる改善 …

背中見せのファッションの時に使えるブラをまとめました

隠す?見せる?シーンやコーデで異なる目的を叶える、背中見せファッションで使えるブ …

ぽっちゃりなのに胸がない!? 胸を落とさないダイエットや食生活の改善について

脂肪がついているからといっても胸も大きいとは限りませんが、ぽっちゃりで胸がない場 …

バストアップに効果的な栄養素もたっぷり!話題の「マテ茶」で手軽に美胸♪

栄養たっぷりのマテ茶ならバストアップにも健康にも役立ちます バストアップに必要な …

ウエストほっそりでもバストは◎ウエストニッパーでバストアップ効果!

ウエストニッパーを効果的に使えば余分なお肉をバストにできます バストアップのため …