美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

精力剤だけじゃない!?マカが持つバストアップ効果とは

マカには、全女性必見の健康・美容メリットがたくさんあります!

マカがバストアップに良い…というウワサを耳にしたことはありますか?

マカといえば、なんとなく男性向けの印象が強い食品です。「男性ホルモンに作用するような栄養素が、女性のバストを大きくするなんて信じられない!」と、眉唾に感じる方も少なくはないでしょう。そこで今回は、マカが持つ女性の体への作用や効果について、わかりやすくまとめました。

「マカ=精力剤」だけじゃない!

「マカ」と聞いて、精力剤としての健康食品をイメージする方は多いでしょう。

事実マカは「天然のバイアグラ」とも呼ばれていて、精力増進や滋養強壮、疲労回復をもたらす男性向けのサプリメントとして販売されていることがほとんどですね。

しかし、じつはそれだけでなく、私たち女性にとっても見逃すことのできない多くの健康・美容効果を秘めた存在なのです。

マカとは…

マカはペルー原産のアブラナ科多年草植物。

ペルーの高山地帯ではインカ帝国の時代より貴重な食料として利用されてきました。丸くカブのようなビジュアルで、日本では根の先端を粉末状にしたサプリなどがおなじみですね。原産地ペルーでも、長期保存を目的に乾燥させた根を、蒸したり焼いたりして食べています。

昼夜の気温差が激しく、強い紫外線にさらされた過酷な環境で、土壌の栄養を吸い尽くすように育ちます。ですので一度マカを育てた土地では、その後数年間にわたってマカを栽培する事ができなくなるほど。そのようにたくましく育ったマカには、私たち人間にとって様々な健康・美容効果をもたらす成分がたっぷり含まれているのです。

マカに含まれる栄養素は、以下のとおり。

  • アルギニン
  • アスパラギン酸
  • カルシウム
  • 鉄分
  • たんぱく質
  • 亜鉛

以上の栄養素から、マカには免疫力アップやアンモニアの解毒、血行促進などにも嬉しい効果が期待できると言われています。

マカが持つ女性ホルモンへの働きかけ

マカがバストアップに効果的である…とウワサされる理由には、マカが持つ女性ホルモンへの働きかけが関わっています。

上記で紹介したとおりマカにはアルギニンと呼ばれる栄養素が含まれています。アルギニンには血行促進作用があり、この作用によって体が温められ、自律神経やホルモンバランスが正常な状態にコントロールされる事がわかっているのです。つまり、マカには女性ホルモンの分泌を整わせる働きがある…ということ。

女性ホルモンによる働きは、バストアップに欠かせない要素です。

バストの成長は、女性ホルモンの作用によって乳腺が発達し、その乳腺を守るように脂肪がバストに増えていく仕組み。したがって女性ホルモンの分泌が、バストサイズを左右していると言っても過言ではありません。

くわえて、マカに含まれているアルギニンには成長ホルモンの合成を促す効果も期待できます。

成長ホルモンは子供の体を大きく育てるだけではなく、壊れたり傷ついた細胞を修復し新しく生まれ変わらせる働きを持っています。若々しく健やかな肌を保つためには欠かせないホルモンなので、別名で「若返りホルモン」とも呼ばれています。バストやデコルテの肌を、コンプレックスのないハリに満ちた状態へと導いてくれるでしょう。

マカはバストサイズ以外にも、女性の様々な悩みを改善する

女性必見のメリットは、バストアップだけではありません。マカが持つ女性に嬉しい効果は、以下のとおり。

  • 月経のトラブル改善
  • 更年期障害の改善
  • 不妊症の改善
  • 冷えの改善
  • 疲労回復
  • 滋養強壮
  • 美肌効果
  • アンチエイジング効果
  • 便秘解消

女性の健康や美容に深く関わる女性ホルモンのバランスを整える作用は、女性の体を美しく健やかに保とうとする効果につながっています。豊満なバストはもちろん、女性としての健康サポートにぜひマカのパワーを借りてみてはいかがでしょうか?

マカの副作用について…

マカを生活に取り入れる前に、副作用にまつわる不安を解消しておきましょう。

とくに「男性が飲むもの」という印象が強い食品ですので、男性ホルモンを優位にさせる事で懸念されるホルモンバランスの崩れや、肌トラブルなどを心配している方も多いのではないでしょうか。

しかし実際にはこの逆で、上記でも紹介したとおりマカにはホルモンバランスを整える作用が期待できます。またマカが持つ便秘解や成長ホルモンの合成を促す作用によって、肌はコンプレックスのない健やかな状態へと改善されていくでしょう。

注意しておきたいのは、過剰摂取による下痢アレルギーについてです。

マカには黄体ホルモンを抑制する作用があるのですが、この黄体ホルモンは女性にありがちな“生理前の便秘”を引き起こす張本人。マカが持つこの作用によって便秘解消効果を実感する女性もいる反面で、過剰に摂取してしまうとお腹を下してしまうケースも珍しくありません。

さらにはアブラナ科の植物に対してアレルギーがある方が、知らずにマカを口にする事でアレルギー反応を引き起こしてしまう可能性も考えられます。

とはいえ、マカに含まれているのは“女性ホルモンそのもの”や“女性ホルモン様物質”ではなく、あくまでもホルモンバランスを整える作用を持った栄養素です。摂取量を守れば、心配するほどの副作用はないので安心してください。

マカがもたらすバストアップ作用は本物!

男性向けサプリメントとしてメジャーなマカですが、バストアップへの作用やメリットは本物である様子。それどころか、バストアップ以外にも女性に嬉しい健康・美容メリットが数多く存在していることが分かりました。

女性らしい魅力的なボディラインや豊満なバストは、女性としての健康という土台の上に成り立つものです。バストアップをサポートすることはもちろん、ぜひ毎日の健康・美容サポートにマカを利用してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

薄着の季節…気になる胸ニキビを撃退したい!セルフケアでもダメなら皮膚科でレーザー治療も

目立つ胸ニキビの原因とセルフケア、それでもダメなら皮膚科で治療を受けよう 気温が …

話題のぽかぽかエステ「インディバ」でスリミングとバストアップが同時に叶う!?

インディバならバストアップ、スリミング、冷え性改善といいことずくめ! バストアッ …

美容大国・韓国のバスト事情、日本とどう違うの?

韓国美人が実践しているバストアップノウハウをチェック! 世界的に見ると、アジア女 …

着物と胸の大きさの関係性は?胸が小さい&大きい人の着こなし術

胸のサイズに合わせてしっかり補正をすれば気崩れ防止にも! 着物を着る際には自分の …

諸外国と比較して日本が「貧乳大国」ってホント?

外国と日本のバストの差、何が原因なのか考えてみよう ストは実際のところどうなんで …

要チェック!バストアップによくない食べもの、食べてませんか?

胸が小さくなる原因は食べ方にもあり!マイナス要素は撃退しよう バストアップによい …

胸が小さくても諦めない!贅肉を胸にうつす方法

余っている贅肉を胸に移動させることは可能?贅肉でバストアップをしよう。 胸は小さ …

切らないバストアップ「プラズマジェルPPP豊胸」のトラブルを避ける方法

メスがいらないと話題のバストアップ!献血豊胸のメリット・デメリットとトラブル回避 …

エビオス錠でバストアップ?

バストアップや、様々な美容効果…!エビオス錠に秘められた、女性に嬉しい効果を説明 …

メスを使わず痛みも少ない!簡単にバストアップできる「プチ豊胸」の魅力

初めての豊胸にもオススメ!プチ豊胸だからできるメリットも 豊胸手術というと、バス …