美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

「ピルでバストアップできる」って本当?噂の理由とデメリットをまとめました

ピルを使ったバストアップでについて、噂される理由やデメリット・危険性についてお話しします。

「ピル(経口避妊薬)を飲むと、バストが大きくなる」というウワサを耳にした事はありますか?

ピルは病院で治療薬として処方されるお薬なので、「その他のバストアップアイテムやサプリよりも効果がありそう…」と、期待の眼差しを向ける貧乳女子も少なくはないでしょう。

しかし病院で処方されるということは、効果や安全性において専門家による判断が必要な存在である、ということ。素人が美容目的に使用していいものなのでしょうか?

今回はピルによるバストアップについて、「バストサイズが大きくなる」と囁かれているウワサの理由と、その危険性やデメリットを紹介します。美しさの土台は健康です。安全で健やかなバストアップを叶えるためにぜひご一読ください。

「ピルでバストが大きくなる」って、本当!?

そもそもピル(経口避妊薬)とは、本来はその名の通り避妊を目的に使用されるお薬でした。

しかし最近では、生理不順や月経前症候群、重い生理痛などの治療薬として幅広く活用されています。また一昔前までは「すこし危険なお薬」という印象がありましたが、医師の指導に従い服用する限りは安全なお薬です。

ウワサのポイントは、ピルの主成分となる女性ホルモン!

「ピルにバストアップ効果がある」というウワサには、ピルの主成分となる女性ホルモンが関係しています。

ピルには、私たち女性の卵巣から分泌されている卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つの女性ホルモンがバランス良く配合されています。ピルを飲むと、脳が「妊娠に必要なだけのホルモンが分泌された」と勘違いして卵巣から分泌される女性ホルモンの量を減らし、そのため排卵が起こらなくなる仕組みになっています。

ピルに配合されている卵胞ホルモン(エストロゲン)は、女性の体を女性らしく促すための様々な働きを持っています。そのうちの一つが、ズバリ乳腺を発達させる作用。乳腺は本来母乳をつくるための器官なのですが、周りに脂肪を蓄えてバストを成長させる“バストの骨組み”のような存在です。卵胞ホルモン(エストロゲン)は、バストアップを目指すなら無視できない重要な女性ホルモンなのです。

したがってピルに含まれた卵胞ホルモン(エストロゲン)の存在が、ピルとバストアップのウワサを広めた張本人。バストを大きくさせる女性ホルモン配合と聞けば、確かに効果がありそうですよね。事実、体質などによってはピルの卵胞ホルモン(エストロゲン)で本当にバストが大きくなるケースもあるようです。

バストアップの治療薬として処方されることはありません

ところが、病院ではバストアップの治療薬としてピルが処方される事はありません。

バストアップを目的にピルを使用するのであれば、避妊目的や月経前症候群の治療などと嘘をついて処方を受けるか、個人輸入で購入するか…という事になります。なんだか、一気に危険そうな雰囲気になってきましたね。

「ピルでバストアップ」は危険!?

ピル自体は安全な治療薬です

それでは、なぜバストアップを目的とした治療に使用されないのでしょうか?以下に、ピルによるバストアップで懸念される危険性やデメリットを説明します。

プロゲステロンは別名「ブスホルモン」…

上記で触れたとおり、ピルには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つの女性ホルモンが含まれています。たしかに卵胞ホルモン(エストロゲン)はバストアップに重要な役割を担う存在ではあるのですが、問題はこのうちの黄体ホルモン(プロゲステロン)という女性ホルモンの存在。

黄体ホルモン(プロゲステロン)は別名を「ブスホルモン」と呼ばれていて、ニキビやオイリー肌、シミ、むくみ、便秘などなど…女性には嬉しくない様々なトラブルを引き起こす原因になるホルモン。バストアップと引き換えにこれらのトラブルを引き受けることになるかもしれないのです。

しかも、かならずバストアップできるわけではありません!

ピルを飲むことでバストアップした女性は存在していますが、すべてのケースだとは限りません。自分にバストアップ効果があるのかどうか、くわえて、その効果はいつ頃現れるのか…実際に初めてみるまでわからないのです。

ブスホルモンのリスクや、効果があるかどうか分からない不確かさを考慮すれば…ピルによるバストアップにはデメリットが多すぎるとは思いませんか?

バストアップじゃなくて、太っただけ?

さらに、「ピルを飲むことで食欲が増してしまい、服用前よりも体重が増えてしまった…」というケースも珍しくはありません。

バストも脂肪ですので、体重が増えれば当然バストも大きくはなるでしょう。バストと一緒に、他の部位もサイズアップしてしまうようなバストアップを望む女性は少ないはずです。

バストアップサプリとの飲み合わせでさらに危険!

「バストアップサプリと一緒にピルを飲めば、より効果的にバストが大きくなるはず!」と、考え付く方もいるようです。

しかし、この2つの飲み合わせはオススメできません。女性ホルモンを主成分とするピルと一緒に、女性ホルモンの分泌量をアップさせる作用を持ったバストアップサプリメントを飲んだ場合、体内の女性ホルモンバランスが乱れ、生理不順や肌トラブルなどの副作用を引き起こす原因になるのです。

ピルを使ったバストアップはリスクがたくさん…!

ピルを使用してバストが大きくなるケースがあっても不思議ではありません。ですが、すべての女性がピルを飲むことによってサイズアップを果たせるわけではないのです。

しかも、黄体ホルモン(プロゲステロン)による作用や体重の増加、ホルモンバランスの乱れなどなど…見逃せないデメリットや危険が数多く存在していました。

美しく豊満なバストはすべての女性の憧れであると言っても過言ではありません。しかし、バストアップの手段は安全なものを選びたいところですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
    follow us in feedly

  関連記事

肩こりがバストの成長や形に悪影響を与える!

肩こりとバストとの関係を説明。くわえて、バストアップの効果をパワーアップさせる対 …

バストアップのためにはP-Grandiで背中の凝りもほぐして背中すっきり!

個人差のあるバストにはハンドマッサージがおすすめ 出典:p-grandi.com …

バストアップとダイエットを両立させるための注意点とは?

痩せたいけど胸を大きくしたい!どうしたらいいの? 女性にとって、胸が大きくウエス …

やっぱり遺伝?胸の大きさは努力でなんとかできないもの?

バストサイズは遺伝するって本当!?ウワサの真相とは? 自分の母親の胸とサイズが同 …

精力剤だけじゃない!?マカが持つバストアップ効果とは

マカには、全女性必見の健康・美容メリットがたくさんあります! マカがバストアップ …

乳首をピンクにする!最も確実で即効性のある“手術”という選択肢

乳首をピンクにする手術のメカニズムと、そのデメリットについてをお話しします。 乳 …

カイロプラティックでバストアップ!?2つはどう関係しているのか

カイロプラティックとバストアップの関係について、基本的なところからわかりやすく説 …

「もっと胸が大きければ…!」お出かけ先で気になる胸のサイズ

貧乳さんあるある『胸の大きさが気になる場所』 皆さんはどんな場面で胸の大きさを気 …

女性の憧れ!美乳の条件とは?

美乳とはどういったもの?形や大きさは? 胸はとにかく大きければ「美乳」と呼ばれる …

ハイドロキノンが乳首の美白に使えるって本当!?

強力な美白成分「ハイドロキノン」を乳首の黒ずみ改善に使用する前に、知っておきたい …