美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

バストからツ~ンと嫌なニオイ!「チチガ」の原因と対策について

バスト版のワキガ「チチガ」はなぜ起こるのか…原因からあぶり出した自分でできる改善策を紹介します。

バストからツ~ンとイヤなニオイ。「あれ?もしかして…私…!」と不安になった経験はありませんか?ここでは、バストのニオイコンプレックスである「チチガ」について、その原因や対策・予防をわかりやすく説明します。

ワキガのバスト版!「チチガ」とは

チチガとは、その他のワキガやスソワキガなど体臭のコンプレックスと同じく「腋臭症(えきしゅうしょう)」と呼ばれる体質をさしています。その名の通りバストに起こるトラブルで、乳首や乳首周辺からネギやタマネギに似たイヤなニオイがするのが特徴。

チチガはどのようにして起こる?

チチガのメカニズムは基本的にワキガと同じです。私たちの肌には汗を分泌する2種類の汗腺があって、汗腺ごとに分泌される汗のタイプは異なります。

  • エクリン腺からの汗…体温調節を行う目的で全身から分泌される。ほとんどは水分で、ニオイはあまりしないのが特徴
  • アポクリン腺からの汗…陰部や肛門、ワキ、乳首、耳の裏などから異性を惹きつけるニオイ(フェロモン)を発生させる目的で分泌される。粘り気があり白っぽいのが特徴。

ふたつのうち、チチガを発生させるのはアポクリン腺からの汗
太古の昔であればフェロモンとして子孫繁栄のために機能していた存在です。分泌されたばかりの状態であれば無臭なのですが、肌に存在している常在菌に分解されることでイヤなニオイを発生させます。

フェロモンによるセックスアピールが不必要になって久しい現代では、アポクリン腺は退化していると言われています。しかし、個人差によってアポクリン腺が機能しているケースも珍しくありません。

自分じゃ気付きにくい「チチガ」をセルフチェック

チチガは、自分ではなかなか気づきにくいものです。「もしかして、私…」と不安な皆様へ!以下に、チチガか否かを自分で判別できるチェック項目を紹介します。

  • ワキガ体質である
  • 耳垢に粘り気や湿り気が確認できる
  • ブラが黄色く汚れることがある
  • 汗でブラが湿っていることがある
  • パートナーに「バストが苦い」と言われた経験がある

心当たりのある項目はありましたか?
チチガは自分では気付きにくい上に、周囲も気を使って指摘してくれないケースが多いコンプレックスです。そのためパートナーが原因を告げないまま去っていくなど、悲しい経験を持っている女性も珍しくはありません。まずは自分のニオイについてを把握して、ぜひ解決に活かしてください。

チチガの原因について

上記では、アポクリン腺の機能がチチガを引き起こしていると紹介しました。これは体質レベルの話なのですが、チチガやワキガを引き起こす原因の中には、自身の努力や工夫によって改善可能なポイントがいくつか存在しています。原因を理解して、トラブル解消や予防のヒントにお役立てください。

遺伝

両親ともにワキガであった場合、その子供も同じようにワキガになってしまうケースがあります。上記でも触れた通り、チチガのメカニズムはワキガと同じものなので、遺伝によってチチガになってしまうことも十分にありえます。

食生活

動物性の脂肪や、刺激の強い香辛料をとりすぎることで体臭がキツくなってしまうことも原因です。チチガのニオイ成分は脂肪分。お肉や卵、揚げ物やスナック菓子などのとりすぎには注意してください。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠や出産、さらに毎月やってくる月経などによりホルモンバランスが乱れると、アポクリン腺が活発になりチチガになってしまうケースがあります。

ストレス

精神的なストレスや、睡眠不足や食生活の偏り、運動不足などによる肉体的ストレスでもホルモンバランスは乱れ、チチガの原因となってしまいます。また、緊張したときに出る「冷や汗」もアポクリン腺から分泌されます。

衣類に染み付いた雑菌が繁殖しやすい環境

汗をかいても着替えない、バストをきちんと洗っていない…といった不潔な環境は、衣類や肌に雑菌の繁殖を招き、ニオイのトラブルにつながります。

制汗剤が合っていない

制汗剤といえば体臭のコンプレックスを解消させるためのアイテムですが、体質に合わないものやスプレーによる刺激でアポクリン汗腺が刺激され、ワキガやチチガの原因になっていることもあります。

ワキガやチチガは感染する!?

チチガ・ワキガになる原因の一つとして、「他の人から感染する」とお考えの方も多いでしょう。しかし、実際にはチチガが感染することおはありません。チチガは人から人へ感染するウイルスではなく、分泌液と雑菌が混じり合って引き起こされるトラブルです。

ただし、同じ洋服を使用してニオイが移るケースはあります。

チチガになってしまったら…

チチガの原因を見ていくと、自身の工夫で改善可能なポイントが見えてきました。チチガになってしまった、あるいはチチガを予防したい場合は、そのポイントを一つづつクリアにしていくことが大切です。

食生活を見直そう

脂肪分や動物性たんぱく質は、チチガのニオイを作る原因になります。つまりお肉や揚げ物、お菓子などを多く食べ過ぎる偏食に心当たりがある場合は、野菜や魚、お米を中心にした栄養バランスのとれた食生活にシフトしていきましょう。

ストレスを溜め込まない生活習慣を身につけよう

月経や妊娠・出産によるホルモンバランスの変化は自分でコントロールできるものではありませんが、心や体が受けるストレスは少しの工夫で改善が可能です。

精神的なストレスをうまく息抜きできる発散法を見つけたり、睡眠や食事にこだわったりすることで、ストレスを溜め込まない生活スタイルを身につけましょう。

こまめに着替える・こまめに拭くを徹底してん、清潔なバストをキープさせよう

チチガを発生させる雑菌は、湿っぽく不潔な肌や衣類で繁殖し体臭リスクをアップさせています。汗をかいたらこまめに着替えること、そして肌を拭いて清潔なバストを保ちましょう。

制汗剤を見直そう

刺激の強い制汗剤やスプレータイプの制汗剤を使用しているのであれば、お肌に優しいものやクリームタイプのものに変えることをオススメします。ワキガ・チチガ専用のでオトラントクリームもあるので、使用するアイテムを見直してみてください。

病院での治療も!

チチガやワキガは、病院(皮膚科や形成外科、あるいは美容外科や美容形成外科)で治療を受けることができる症状です。
「ワキガ・チチガ=手術!」とイメージされる方も多いでしょうが、最近では超音波でニオイの元を壊すなどしてメスを使わない治療も注目されています。傷跡や痛みを伴わない方法も存在するので、まずは病院でどのような選択肢があるのかを確認してみてはいかがでしょうか。

女性としてもっと輝けるバストに!

女性のセックスシンボルでもあるバストは、女性らしく良いニオイでありたいものですね。チチガは、そんな女心を深く傷つける深刻なコンプレックスです。またデリケートな問題でもあるため、なかなか人に相談できず悩んでいる方も多いはず…。

ここで紹介した原因や対処法が、少しでもそんな女性たちを救うヒントになりますように。

チチガを解消させて、女性としてもっと輝けるバストを目指してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
    follow us in feedly

  関連記事

「とろろ昆布」が、バストアップ+ダイエットの両立を支える!

とろろ昆布が持つバストアップ効果が注目されている様子…。その理由について説明しま …

小胸だけが悩みではない…「胸を小さく見せるブラ」で、コンプレックスを解消させて!

巨乳女子にありがちなコンプレックスは、「胸を小さく見せるブラ」で解決できる!?そ …

栄養満点フルーツ「アボカド」でおいしく健康的にバストアップ!

アボカドひとつでバストアップに嬉しい栄養がたくさん!カンタンレシピもご紹介♪ 近 …

バストアップのためにはP-Grandiで背中の凝りもほぐして背中すっきり!

個人差のあるバストにはハンドマッサージがおすすめ 出典:p-grandi.com …

最強バストアップアイテム?それともバストアップの敵?ヌーブラのメリット・デメリット

ヌーブラを使うことのメリットとバストアップへのデメリット、おすすめのヌーブラ使用 …

胸が小さくても諦めない!贅肉を胸にうつす方法

余っている贅肉を胸に移動させることは可能?贅肉でバストアップをしよう。 胸は小さ …

注文殺到の大人気ブラ「レディエア」で思い通りのバストサイズに

3サイズアップも可能、形や高さも自由自在、しかも着け心地もGOOD!レディエアの …

胸にも妊娠線ができる?授乳線を目立たなくする出産前3つのケアと出産後4つのケア

目立つバストの授乳線は出産前からのケアが重要です 出産前後のボディケアとして、大 …

やっぱり男性は胸が大きいほうが好きなの?サイズより形が大事!?

男性は胸の小さい女性のことをどう思っている?気になる疑問を解決します。 バストが …

大豆40倍のイソフラボン!注目のバストアップサプリ「ガウクルアバイオ」

世界的に有名なタイの病院で開発され支持を得ているバストアップサプリメント 出典: …