美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

ハイドロキノンが乳首の美白に使えるって本当!?

強力な美白成分「ハイドロキノン」を乳首の黒ずみ改善に使用する前に、知っておきたいポイントをまとめました。

ハイドロキノンといえば、シミやソバカスを消してくれるアイテムとして、美白化粧品にも含まれていることがある有名な成分ですね。そんなハイドロキノンには、乳首の黒ずみを改善させる効果も期待できるのだとか…。本当でしょうか!?

「乳首の黒ずみには、ハイドロキノンの効果がスゴい」って、本当?

乳首の色は生まれ持ったもの」とお考えの女性は多いのではないでしょうか。

しかし乳首の黒ずみも、乳首以外の素肌に起こる色素沈着(シミやソバカス)と同じように、メラニン色素を原因として引き起こされているトラブルの一つ。
そのため基本的には、乳首以外に行われる美白スキンケアと同じ原理で改善させることが可能です。

メラニンが生成されてしまう原因は紫外線だけではありません。乳首の場合は、下着・衣類や授乳による摩擦、またはホルモンバランスの変化によってメラニンが生成され、乳首の色を黒っぽく変えてしまいます。メラニンの生成に抑制をかけるハイドロキノンの作用は、お顔だけではなく乳首の色素沈着にも有効な選択肢の一つです。

事実、皮膚科などのクリニックでは、乳首の黒ずみを改善させる目的でハイドロキノンのクリームが使用されています。

ハイドロキノンとは…

ハイドロキノンとは、色素沈着の原因となるメラニン色素の合成を妨げる作用や、メラニン色素を作り出すメラノサイトへも働きかける効果から、古くから世界中で美白を目的に使用されてきた成分です。

他にもビタミンCやアルブチンなど、美白成分はいくつか存在していますが、その中でもハイドロキノンの美白効果は群を抜いてパワフル。その効果の高さから、別名で“肌の漂白剤”とも呼ばれれるほど頼もしく肌に働きかけます。

薬事法により、日本国内では皮膚科などで処方を受けなければ手に入れる事ができなかった過去もあります。しかし2001年の規制緩和以降は、メーカー責任のもと化粧品として市販されるようになりました。もちろん今でも、クリニックで安全に処方を受けることが可能です。

私たち日本人は、完全なピンクになることができない…

私たち日本人はもともとメラニン色素を多く持っているため、個人差はあれど茶色い乳首が一般的です。そのため、美白効果の高いハイドロキノンを使用したとしても「白人女性のような完全にピンク色の乳首」まで色を落とすことはできません

これは、どんなに美白化粧品を使っても黄色人種から白人へ変わることができない事と同じです。

ハイドロキノンのデメリットについて

“肌の漂白剤”と呼ばれるほどパワフルなハイドロキノン。その効果を知れば、「そんなにスゴいなら、今すぐにでも試したい!」と考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、ハイドロキノンの強力な効果の裏には、見逃す事のできない副作用の存在があります。くわえて価格的にもリーズナブルとは言えず、危険性のあるお薬であるにも関わらず「1円でも安く!」とコスパ重視で購入してしまうケースも少なくはありません。
ハイドロキノンに挑戦するのであれば、デメリットについても把握しておく事は必須。

どんなリスクがあるのかを理解して、大切なバストに起こりうる「こんなハズじゃなかった…」を食い止めましょう。

副作用があります

大変パワフルな美白効果を持つハイドロキノンには、実際に乳首の色を薄くする事に成功した口コミ情報も数多く存在しています。しかしその高い効果の裏には、恐ろしい副作用のリスクも。使用に踏み出す前に、どのようなリスクがあるのかを把握しておきましょう。

ハイドロキノンの副作用には、以下のようなものが挙げられます。

  • 炎症(赤くなる・熱を持つ)
  • 乾燥(痒み・痛み)
  • 肌トラブル(ニキビなど)
  • (使用を継続すると)白斑ができる
  • (使用を継続すると)色素沈着が起こる
  • (使用を継続すると)シワになる

ハイドロキノンは肌へパワフルに作用するので、その分お肌への刺激が強い成分です。乳首に使用した場合には、乾燥して表面がカサカサになってしまったり、炎症による痛み・痒みや熱、また長期的な使用により白斑(肌の色が部分的に白抜けする)などのトラブルが起こることも。

使用した女性の中には、「寝ることができないほどの痒みに四六時中悩まされ、かゆみ止めとしてステロイド剤を使用しながら数ヶ月もの間苦痛に耐え続けた…」という方もいらっしゃいます。

美しい乳首を目指すためにハイドロキノンという選択肢をチョイスするのであれば、上記で挙げた副作用の可能性を覚悟しておく必要がありそうです。

ハイドロキノン選びでは、濃度に注意してください!

ハイドロキノン配合の化粧品には、ハイドロキノンの濃度を「○%」と記載してあります。「この数字が大きいほど効果的なのでは?」と、より高い濃度に挑戦したくなってしまうところですが、濃度が大きくなるほどに副作用のリスクも高まる事を理解しておきましょう。

一般的に市販されているハイドロキノン化粧品は、濃度1~5%ほど。1%~3%くらいであれば、比較的肌への負担も少なく、安全に使用する事ができると言われています。逆に4%、5%、と、濃度が高くなってくると、使用時に肌がチカチカと痛む場合や、炎症、肌荒れなどの副作用に見舞われる可能性が高くなります。

とくにデリケートな乳首に使用する場合、個人の判断で市販のハイドロキノンへ手を出す事はあまりオススメできません。割高にはなりますが、皮膚科で専門家の指示を受けながら安全に使用する方が得策だと言えるのではないでしょうか。

リーズナブルな成分ではありません

たとえば皮膚科で乳首の黒ずみを改善させるためにハイドロキノンを処方してもらう場合、審美的な治療とみなされるため健康保健が適応されません。くわえてハイドロキノンの浸透力を高めるために合わせて処方されるトレチノインというお薬や、診察代などを合わせると、クリニックにもよりますが数万円の出費となってしまいます。

またハイドロキノンは、効果が見られるようになるまでに数ヶ月ほど使用を継続する必要があるお薬です。したがって数万円代の出費が複数回あるという事。乳首の美白にハイドロキノンを使用するのであれば、費用面もクリアする必要がありそうですね。

個人輸入や通販を利用する場合は、ハイドロキノンのデメリットをしっかり理解して!

クリニックでの処方が高額になるハイドロキノンですが、最近では通販サイトを利用した個人輸入などでリーズナブルに抑える方もいらっしゃる様子。

確かにコスパ的には賢い選択肢であると言えますが、適切な知識を持たないまま行う場合は非常に危険な方法です。

ハイドロキノンへの知識を持たないまま個人で使用を継続した結果、乳首に取り返しのつかないダメージを与えてしまうケースも考えられます。通販での購入を検討中の方は「パワフルな効果は、副作用のリスクのもとに成り立っている」という事を十分に理解した上でお買い物に踏み切るようにしてください。

安全に使用するためには、クリニックでの処方がオススメ!

ハイドロキノンのデメリットは、それだけ高い効果があるという事の裏返し。たしかにハイリスク・ハイリターンな選択肢である事は否めませんが、コンプレックスを解消させるためにはぜひ候補に加えておきたい方法です。

うまく活用できれば、きっと納得できる色の乳首を取り戻す事ができるはず。パワフルな効果をより安全に実感するためにも、ぜひクリニックで専門家のアドバイス・指導のもと処方を受ける事をオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
    follow us in feedly

  関連記事

バストの悩みは人それぞれ!胸にまつわるコンプレックス5つ

バストのサイズや形のコンプレックスとは? 誰でも1つくらいはコンプレックスを持っ …

【アンダーバストのサイズダウンに速攻】短期間バストアップhow-to

バストアンダーは習慣でサイズアップできる!肋骨を閉じるエクササイズで、短期間のサ …

姿勢を正してバストアップ対策を効果的に!姿勢をよくするメリットとコツ

正しい姿勢を身につけるだけで瞬間バストアップ!?キレイな姿勢は女性をキレイに見せ …

必要なのはテニスボール1つ!誰でもできるバストアップのためのマッサージ

肩甲骨をほぐして美胸に!テニスボールを使ったバストアップ方法 バストアップには、 …

体の歪み改善・血流アップでバストアップ対策!?整体でバストアップはできるのか

体の調子もバストアップ効果も上がらない…そんなときは整体がGOOD なんとなく体 …

グラビアアイドルに学ぶ!彼女達が成功したバストアップ術とは…

豊満なバストを武器に活躍するグラビアアイドル達によるバストアップ術を紹介します! …

30代のバストアップ方法はこれ!気になるバストへの出産による影響は?

バストアップに励んでいる30代女性におすすめの方法をご紹介します。 10代~20 …

日本一平均サイズの大きな都道府県に学ぶ、バストと県民性の関係

実測で明らかになったバストサイズランキング。1位になった都道府県から、バストを育 …

バストアップ対策が成功したら…美バスト保つために続けたい6つのこと

せっかく手に入れた美しいバスト、キープする努力も大切です エクササイズやマッサー …

女性ホルモンを促す必須ミネラル「亜鉛」で効果的にバストアップ!

亜鉛が持つ働きと効果的な摂取方法、バストアップにも役立つ亜鉛がまるわかり 体に欠 …