美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

毎日の習慣でバストアップを効果的に!バストアップ効率を上げる10の習慣とNG習慣

バストアップ対策の効果が出ない?それは毎日の習慣が邪魔しているのかも

バストアップ対策をしているというみなさんは、普段どのような方法を取り入れているでしょうか。

バストアップサプリ、補整下着にナイトブラ、胸筋を鍛えてバストマッサージ…。いろいろなバストアップ対策があり、なるべく早く効果を実感するために、複数の方法を組み合わせている、という人も少なくありませんよね。

サプリも下着もマッサージも、長く続けることで効果を実感しやすいものですが、長く続けるにはどうしても時間と費用がかかってしまいます。
サプリや下着にマッサージジェルと「バストアップにはお金がかかる」…そう思い込んでいませんか?

実は、お金をかけずに毎日の習慣を変えるだけでも、バストアップによい影響を与えることができるんです。日々の習慣として取り入れられるものばかりだから、特別なものを用意したり、始めるためにお金をかけたりする必要もありません!

バストアップ対策の効率を上げられる毎日の習慣と、バストアップのためには避けたいNG習慣をあわせてご紹介します。

生活習慣でバストアップなんてできるの?

サプリや下着などを使ったバストアップ対策で効果を実感できるまでには、早くても数ヶ月かかるのが当たり前です。

それは、体に取り入れた栄養素が女性ホルモンに働きかけ、じっくりとバストを構成する乳腺や脂肪を作り、成長したバストが時間をかけ、理想的な位置を覚えていくからです。

肌のターンオーバーと同じように、体の組織が新しく作られるには新陳代謝が必要になります。バストアップも、体の組織を新しく作ったり、増やしたりするものですから、自分で効果を実感するまでにはどうしても時間がかかってしまうんですね。

だからこそ、生活習慣を見直すことで、よりバストアップによい影響を与えることができるんです。

体をしっかりと作り出すためには、体作りに向けた習慣を続けることも大切です。バストアップを実感できる体作りをするために、まずは生活習慣を見直して、理想のバストを目指しやすい体環境を作ってあげましょう。

そうすることで、バストアップサプリや補整下着、バストマッサージなどの効果も、より早く実感できるかもしれませんよ。

こんな習慣はNG!バストアップを妨げてしまうよくない10の習慣

まずは、バストアップに悪影響を与えるかもしれない、NG習慣についてチェックしてみましょう。
こんな生活習慣に心当たりがあるなら、それがバストアップ対策を妨げているのかもしれません。

× 睡眠不足
× 姿勢が悪い、猫背になりやすい
× 運動不足
× タバコを吸う
× お風呂はシャワーで済ませる
× コーヒーや緑茶、紅茶などカフェイン飲料をたくさん飲む
× お気に入りのブラをずっと着用している
× ノーブラで過ごすことが多い
× お菓子、ファストフード、ジャンクフードをよく食べる
× ストレスをためやすい

忙しい女性であれば、1つや2つ当てはまってしまいそうなものばかりですね。たまにこんなことがある、という程度であれば大丈夫ですが、毎日のようにしていることだと…せっかくのバストアップ対策を妨げてしまっているかもしれません。

NGな習慣に当てはまることが多ければ、まずはその生活習慣から見直すところから始めてみましょう。

すぐに始めたい!バストアップに役立つ10の生活習慣

では、NG習慣を改め、バストアップの効率を上げることもできる、毎日の習慣をご紹介します。

質のよい睡眠をとる

眠っているあいだに、体を作る成長ホルモンが分泌されているのは、よく知られていることですよね。実は、眠っているあいだには成長ホルモンだけでなく、バストの成長に役立つ女性ホルモンも分泌されているんです

女性ホルモンが正常に分泌されていると、バストを構成する乳腺の発達に繋がります。

バストアップ成分として知られるイソフラボンなども、女性ホルモンと似た働きを持ち、女性ホルモンの分泌を促すものです。つまり、女性ホルモンをしっかり分泌させることは、バストアップには不可欠なことなんです。

質のよい睡眠をとるためのコツ

午後10から午前2時までのあいだには眠る

成長ホルモンが分泌されやすいゴールデンタイムです。この時間までに布団に入るのではなく、この時間までに眠っていることを目指しましょう。

眠る2時間前には食事を済ませる

眠る前に食べると胃腸の動きが活発になり、眠りにくくなってしまいます。眠る前にどうしてもお腹が空いてしまった場合は、ホットミルクなど眠りに響かない飲み物を飲みましょう。

眠る30分くらい前に部屋を暗くする

眠る少し前に部屋を薄暗くすると、体が自然と眠りのモードになり、寝つきやすくなります。
そして、眠るときにうつ伏せになっていると、バストが潰れて形が崩れやすくなります。なるべく仰向けで睡眠に入るようにしましょう。

姿勢をよくする

姿勢の悪さや猫背は、バストを下向きにしてしまう大きな原因!
近年では、スマートフォンを触ったり、パソコンを使ったデスクワークをしたりする機会が増え、いつの間にか姿勢が悪くなっていた、ということも多いのではないでしょうか。

特に座って何かしているときは、姿勢が悪くなることが多いものです。正しい姿勢をキープすることを心がければ、バストの垂れや形が悪くなることを防ぐことができますよ。

正しい姿勢をキープするコツ

頭のてっぺんから糸で吊られているイメージをする

正しい姿勢になっているつもりでも、腰が反りすぎていると、腰痛や歪みの原因になります。頭のてっぺん、中央から糸で吊られていることをイメージすると、正しい姿勢をキープしやすくなります。

あごは軽く引く

あごが出過ぎ、または引きすぎていると、首に負担がかかります。顔はまっすぐ前を向き、あごは軽く引きましょう。

肩は力を入れすぎず、軽く開いていることを意識する

肩に力が入りすぎると、姿勢が悪くなるだけでなく、肩こりの原因にもなります。肩の力は抜き、軽く開くようにしましょう。

立ち姿は「耳・肩・ヒジ・くるぶし」が一直線で、ヒザとかかとはなるべくくっつける

立っているとき、歩いているときの姿勢も気にしてみましょう。腰は反りすぎず、丸めすぎず、耳・肩・ヒジ・くるぶしが一直線上にあるイメージです。立っているときにはヒザとかかとをなるべくくっつけるようにし、お尻にキュッと力を入れます。このとき、お腹をへこませるとベターです。

軽い運動を取り入れる

体を動かすことで、心身共にリフレッシュすることができます。
激しい運動や、専用の道具を使った運動までする必要はありません。
日常で取り入れやすい運動を、取り入れやすい範囲で始めてみてください。

おすすめの運動

散歩

ゆっくり外を歩くだけでも、十分な運動とストレスの解消に。太陽の光を浴びることで、質のよい睡眠をとることもできます。

ヨガ、ピラティス、ストレッチ

激しい運動をすることなく、筋肉を鍛えたり、コリをほぐしたりできます。体を伸ばすと血流がよくなりますし、体幹を鍛えると姿勢もよくなりますよ。

スクワットや腕立て伏せなど自宅でできる軽い筋トレ

ある程度筋肉をつけておくことは、基礎代謝のアップにも繋がります。胸筋を鍛えるとバストアップに。

深呼吸

呼吸をしっかり意識した深呼吸をすることで、自律神経を整える効果が期待できます。イライラを感じるときや、眠る前におすすめです。

禁煙する

タバコに含まれているニコチンの摂取は、女性ホルモンの分泌を妨げる原因になります。
自分自身が禁煙するのはもちろん、ほかの喫煙者による受動喫煙にも気をつけて、なるべくタバコやタバコの煙に触れない生活を心がけましょう。

ゆっくりお風呂につかる

ゆっくり入浴すると、体が温まって疲れが取れやすくなります。入浴をシャワーで済ませてばかりいると、疲れが取れにくくなるだけでなく、体が冷えてしまう原因に。

体の冷えは、さまざまな不調を招きやすいほか、ホルモンバランスを乱してしまう原因にもなるのです。体が冷えていると、バストアップしにくい体質になってしまうというわけなんですね。

お風呂につかるときは、38度から40度程度のぬるめのお湯にします。ぬるめのお風呂にゆっくりつかるろ、副交感神経を刺激でリラックスでき、血管が広がって血流がよくなります。

お湯が熱すぎると、寝つきが悪くなったり、肌が乾燥しやすくなったりするので注意しましょう。

カフェインを控える

カフェインの摂り過ぎは、体の冷えを招きやすくなります。
それに、たくさんカフェインを摂取すると、眠りが浅くなることもあります。バストアップを目指すときには、カフェインの摂り過ぎは控えましょう。

コーヒーや紅茶は、1日にカップ1杯程度にするとよさそうです。

ブラは定期的に買い替える

色やデザインがお気に入りだから、つけ心地がいいから、いろいろな理由で同じブラをずっと使っているということがあると思います。

しかし、同じブラをずっと使い続けると、生地やストラップが伸びてしまい、いつの間にかバストを支える機能が弱まってしまうのです。

また、いつまでも体型やバストサイズが変わらないというわけでもありません。バストアップに成功していれば、以前のブラはサイズが小さくなってしまいますし、痩せた・太ったという体型の変化によっても、ブラのサイズは変化します。

「ずっと使っているからつけ心地がいい」というのは、使い続けた結果、ブラが劣化してしまっている証拠。
1年使ったら捨てる、毎月1枚ずつ買い替えるなど、自分なりにルールを決めて、定期的にブラを買い替えるようにすれば、バストをしっかり支えてくれるブラを使い続けることができますよ。

ブラを購入するときには、きちんとサイズを測ってもらうようにすると、体型やバストサイズの管理にも役立ちます。

シチュエーションに合わせてブラを変える

普段の生活やビジネスシーン、スポーツやエクササイズ、家でのリラックスタイム、眠るとき…。1日のあいだでも、さまざまな生活のシーンがありますね。

この生活シーンにあわせて、ブラを使い分けてみましょう。

スポーツや運動をするときはスポーツブラ

軽い運動をするだけでも、バストは上下左右に揺れやすくなります。バストが揺れると、バストについた脂肪が減りやすくなるだけでなく、バストを支えるクーパー靱帯を傷つけてしまうことも。

スポーツブラは、その名の通りスポーツ用のブラです。バストの揺れを抑え、しっかりキープしてくれるため、運動をするときに向いています。

リラックスタイムや眠るときにはナイトブラ

リラックスしているときや眠っているときの何気ない姿勢でも、バストはあちこちに流れていってしまいます。バストが流れると、形を崩してしまったり、せっかくのバストが脇や背中に流れてしまったりすることが。

リラックスタイムや眠るときには、リラックスブラやナイトブラで、バストの流れを抑えましょう。

バランスのよい食事を心がける

鶏肉やキャベツ、豆乳など、いくらバストアップに効果がある食品だからといって、それだけをたくさん食べるのは体にとってよくありません。

食事のバランスが崩れてしまうと、ホルモンバランスが乱れやすくなるだけでなく、肌荒れや体調不良の原因にもなってしまいます。

たとえバストアップできたとしても、体調を崩してしまったり、肌がボロボロになってしまったりしては、せっかくのバストがもったいないですよね。
ジャンクフードやファストフードは便利ですが、カロリーが高すぎるものが多いうえ、栄養のバランスが偏りやすいので、注意が必要です。

また、忙しいから、食欲がないからといって、お菓子を食事代わりにするのも避けましょう。
バランスのよい食事を心がけ、サプリメントなどはあくまでも食事の補助として利用したいですね。

ストレスを上手に発散させる

ストレスを溜めてしまうことは、ホルモンバランスの乱れに繋がります。また、強いストレスを感じていることで、睡眠不足や体の冷え・コリ、肌荒れなどを引き起こすことも。

日頃からストレスを溜めすぎないように、自分なりのストレス解消法を見つけておきましょう。

さまざまなストレス発散法

スポーツや運動

体を動かすとストレスを発散しやすくなります。負担にならない程度の軽い運動でもOK。

お風呂やサウナで汗をかく

運動できないときは、お風呂やサウナで汗をかくのもおすすめです。心地よい汗をかけば、しっかり眠ることができますよ。

カラオケやおしゃべり

大きな声を出したり、たくさんおしゃべりすることで、ストレスを発散しましょう。

思いっきり泣く、笑う

泣いたり笑ったり、感情を出すこともストレス発散に繋がります。テレビや映画、小説、マンガなどで気分転換!

好きなだけ眠る

睡眠時間が短いと、体や脳の疲れが取れにくくなります。イライラがたまってきたら、いろんなことを少しお休みして、思いっきりダラダラと眠ってリフレッシュしましょう。

好きなものをひとつ買う

買い物がストレス発散になるという女性も多いでしょう。あれこれ買いすぎるとお金がなくなって、あとでまたストレスになってしまうこともあるので、普段の買い物で自分の好きなものをひとつ買うようにしてみましょう。

お気に入りのスイーツや本、雑貨など、欲しいものがない場合は、花を買って部屋に飾るのもおすすめ。
ストレスの形は人それぞれ。思いっきり騒ぐのがストレス解消になる人もいれば、ひとりで静かに過ごすことでストレス解消できる人もいます。

自分なりのストレス解消法を見つけて、イライラをため込まないようにしてみてください。

バストアップは生活習慣から!

バストアップに向いている毎日の習慣を見てわかるように、バストアップ対策の効率を上げるためには、まず健康的な体作りが大切です。そして、体作りは数日や数週間程度ではできないものです。

日頃の習慣をしっかり見直し、じっくりコツコツ続けること。これが、健康的な体作りもバストアップも成功させる、一番のコツですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

黒豆を有効活用して効果的なバストアップを目指そう!

黒豆ならではの「アントシアニン」はバストアップにも効果大! 豆乳や豆腐など、大豆 …

「ピルでバストアップできる」って本当?噂の理由とデメリットをまとめました

ピルを使ったバストアップでについて、噂される理由やデメリット・危険性についてお話 …

要チェック!バストアップによくない食べもの、食べてませんか?

胸が小さくなる原因は食べ方にもあり!マイナス要素は撃退しよう バストアップによい …

キレイなバストを目指すなら自分にあったカップタイプのブラジャーを選ぼう!

カップの違いがバストの違いを生む!カップを選んで理想のバストメイクを ブラジャー …

これで解消!乳首の黒ずみをなんとかする方法まとめ

人しれず気になっている乳首の黒ずみ、その原因と対処法をまとめてみました。 意外と …

「コーヒーを飲むと貧乳になる!」ってホント?要チェック!

コーヒーとバストアップの関係、メリット・デメリットあり 家で自分で豆を挽くこだわ …

小胸だけが悩みではない…「胸を小さく見せるブラ」で、コンプレックスを解消させて!

巨乳女子にありがちなコンプレックスは、「胸を小さく見せるブラ」で解決できる!?そ …

胸に悩みあり?でも大丈夫、ビキニ選びのコツ

ビキニトップを工夫すれば、魅力的な水着姿を演出できる! プールに温泉に、いまや水 …

手軽でカンタン!続けやすいバストアップ飲料を選ぶなら「飲むヨーグルト」!

バストアップに嬉しい栄養素を飲むヨーグルトで手軽に取り入れよう♪ バストアップに …

バストアップのためにはP-Grandiで背中の凝りもほぐして背中すっきり!

個人差のあるバストにはハンドマッサージがおすすめ 出典:p-grandi.com …