美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

修学旅行までにバストアップしたい!胸を大きくする方法

10代はバストアップサプリに頼らないバストアップを目指そう

小学生高学年から中学生時代は、思春期を迎え成長ホルモンが働いて、身体がどんどん女性らしく変化する時期。特にバストは、生理が始まる1年前から大きくなり始め、その後3?4年で急激に成長します。

ただし身体の成長は、遺伝を含め個人差も大きいため、お友達と比較して「胸が小さい」というコンプレックスや悩み、不安も増える時期ですね。
普段はさほど気にならなくても、修学旅行ではお友達と一緒に入浴することになるので、一気に悩みが増えてしまいそう。修学旅行が近づくと、慌ててバストアップ対策を行う方も多いようです。

その中の1つにバストアップサプリがあります。が、10代でのバストアップサプリは要注意。かえってバストの成長を妨げる場合もあるのです。

10代でのバストアップサプリが危険な理由

バストアップサプリとは、女性ホルモンの働きを良くする成分や、女性ホルモンと同じような働きをもつ成分が多く入っています。たとえばバストアップサプリとして有名な「プエラリア・ミリフィカ」は、女性ホルモンの「エストロゲン」に似た成分で、身体がエストロゲンだと認識することでバストアップを促進します。

ただし、摂取してよいエストロゲンの量は決まっているので、個々人の許容量以上を摂取すると、ホルモンバランスが乱れ、月経不順や排卵障害、不妊症、また乳がんや子宮がんのリスクが上がるとされています。血行不良や倦怠感、肌荒れ、頭痛や嘔吐といった副作用も報告されています。

思春期は人生の中でも、急激に最大限にエストロゲン分泌がアップする時期なので、摂取量に気をつけていても知らない間に過剰摂取になっている場合もあります。

もちろんバストアップサプリが全面的にダメ、というのではなく、危険性や副作用を踏まえた上で、医師にも相談して適切に活用するのはOKです。

修学旅行前にこれだけはやっておきたいバストアップ方法

10代ならサプリに走る前にやっておくべきバストアップ方法があります。すぐに効果が出るものではありませんが、バストアップの阻害要因をなくし、成長する力をサポートする方法なので安全ですし、本来のバスト以上にボリュームアップも期待できます。

今20代・30代のお姉さんたちが、「昔から知っていたならもうワンサイズくらいは大きくなってたかも」という方法なので、もしお母さんがバスト小さめで「遺伝だから」とあきらめてる方にも効果があるかも。

身体を冷やさない、温める

身体に栄養を届ける血流が冷えなどで阻害されることで、子宮をはじめとする臓器の成長が遅れる場合があります。それによって成長ホルモンや女性ホルモンの分泌も妨げられます。

夏でもエアコンが効きまくった部屋にいたり、肌の露出が多いファッションを愛用していませんか?お風呂はカラスの行水レベルだったりシャワーメインになっていませんか?冷たい飲み物やアイスが好きではありませんか?

身体を冷やす習慣を見直し、身体に十分な栄養を行き渡らせましょう。

十分な栄養をバランス良く摂取する

成長期で脂肪が増えて行く10代はダイエットにも目覚めるお年頃。10代は身体が作られている途上で、脂肪も流動的なので、ぽっちゃりさんでも気にする必要はないのですが、つい気になってダイエットを行いがち。

特に10代で多いのが朝食抜きなどの節食ダイエットです。間違ったダイエットでバストダウンする大人もいるくらいなので、無理なダイエットは禁物。

炭水化物、タンパク質、脂肪、ビタミンやミネラルなどをバランスよく摂取することで、身体の土台ができ、バストも大きくなるのです。特にタンパク質、大豆、エストロゲンの分泌量を自然に増やす効果をもつボロンを含む食材は、バストアップを促進してくれます。

しっかり睡眠をとる

成長ホルモンは、夜の10時くらいから早朝4時くらいまでに最も分泌されます。この時間帯に寝るのが難しい場合でも、睡眠の質をあげて短時間でも熟睡できるよう心がけてください。

そのためには寝る前のスマホはやめましょう。スマホやパソコンのブルーライトは、脳を刺激し交感神経を優位にして興奮状態を長引かせるため、熟睡が妨げられ成長ホルモンの分泌量が減ってしまいます。

また、睡眠不足が続くと自律神経のバランスが崩れ、身体の各種機能に支障をきたします。逆にしっかり睡眠をとることで、副交感神経が活発になってリラックスでき、血行促進にもつながりますし、ストレスも解消されます。

10代にお薦めのバストアップ方法

胸がなくてもブラはしっかりつけよう!

中学生でブラをあまりつけていない人は意外と多いようです。またきちんと販売員さんにフィッティングしてもらったことがなかったり、デザイン重視でネット通販で購入したり。

胸に合ってないブラは、ワイヤーで血行を阻害したり、摩擦で肌を傷つけたりしがち。また本来胸の肉なのに、脇などに流れてしまってるケースは大人にも多いのです。正しくつけるだけでも、けっこう胸がボリュームアップするので、正しい付け方をぜひ習得してくださいね。

寝る時には「育乳ブラ」をつけましょう。胸の形を整え、胸回りの血行を促進して、就寝中もバストアップをサポートしてくれます。

バストアップマッサージをしよう

バストは1割の乳腺のまわりに9割の脂肪がつくことでできています。バストアップマッサージをすると、胸周りの血行が促進され、栄養や酸素が行き渡りやすくなり、女性ホルモンも胸に届きやすくなるので、乳腺を発達させることができ、脂肪もつきやすくなります。

マッサージのタイミングはお風呂上りがベスト。肌への摩擦を避けるために、マッサージジェルやクリームを塗るのもよいですが、「プエラリア」が入っているものはNG。10代向けの製品も多々あるので成分に気をつけて選んでくださいね。

バストアップを意識した生活習慣を実践しよう

バストアップは1日にしてならず。特に10代ではまだ成長途中なので無理は禁物です。逆に夜更かしやダイエットなど、バストダウンしてしまう生活習慣をしていないかどうか、から見直しては?美肌や美ボディにも通じるものばかりなので、大人になってから後悔するより、ずっと有益です。

また育乳ブラやバストアップマッサージなどは、10代からでも積極的に取り入れてもOKです。上手に取り入れて修学旅行までに少しでもバストを成長させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

グラビアアイドルに学ぶ!彼女達が成功したバストアップ術とは…

豊満なバストを武器に活躍するグラビアアイドル達によるバストアップ術を紹介します! …

弓道がもたらすバストアップ効果を解説!

弓道がバストアップに良いって本当!?その理由に迫ります。 世の中には、様々なスポ …

胸がかゆい!これって肌荒れ?胸がかゆくなる原因と6つの対処法

胸がかゆくなる原因は肌荒れだけじゃない!気をつけたい症状と改善・予防法 女性にと …

キャベツを食べるだけでバストアップ!?それって本当?

「キャベツを食べると胸が大きくなる」は本当? 春から冬まで、どの季節でもスーパー …

乳首をピンクにする!最も確実で即効性のある“手術”という選択肢

乳首をピンクにする手術のメカニズムと、そのデメリットについてをお話しします。 乳 …

ぽっちゃりなのに胸がない!? 胸を落とさないダイエットや食生活の改善について

脂肪がついているからといっても胸も大きいとは限りませんが、ぽっちゃりで胸がない場 …

バストアップサプリは中学生・高校生の10代女性に悪影響!?10代にオススメのバストアップ方法

10代でバストアップをするならサプリ以外のこんな方法がありますよ 中学生・高校生 …

自然で柔らかいバストに早変わり!今人気のアクアフィリング豊胸って?

ヒアルロン酸よりもより高い仕上がりと話題のアクアフィリング豊胸についてご紹介 憧 …

アミノ酸なくしてバストアップはありえない!?その必要性とは

私たちが生きていく上で必要不可欠なアミノ酸には、見逃せないバストアップ効果がたく …

ミネラル成分「ボロン」を摂取してバストアップ!どんな成分?副作用は?

ボロンを摂取してバストアップを目指しましょう! 胸を理想の形にしようと思ったとき …