美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

皮膚の中でムダ毛が伸びる!?埋没毛を知ろう

毛抜きやカミソリを使ったムダ毛処理で発生しやすい埋没毛対策

埋没毛とは、皮膚の中でムダ毛が成長してしまった状態のことをいいます。通常、ムダ毛は毛穴から生えているのですが、なんらかの理由でムダ毛の出口がふさがってしまった場合に皮膚の中で伸びてしまうのです。埋もれ毛とも呼ばれます。

皮膚の下でどんどん伸びていくのでカミソリで剃っても処理できず剃り残しのように見えてしまう上に、毛が伸びる時の刺激で強いかゆみを感じることもあります。

見た目も悪く、たくさん発生してしまうと肌全体のトーンも暗くみえてしまいます。埋没毛を繰り返していると色素沈着になりやすく、何もケアしないとシミになってしまったり、毛穴の周りが黒ずんでポツポツと目立ってしまいます。ちょっと調べてみると、埋没毛のかゆみでよく眠れないという深刻な悩みを抱えている方もいるようです。

埋没毛ができてしまう原因とは?

maibotsu

画像出典:リゼクリニック

なぜ埋没毛が発生してしまうのかというと、原因は間違った自己処理によるものです。ムダ毛を処理する際に、毛抜きを使って抜いているという人は非常に多いのではないでしょうか。ですが、これは埋没毛が発生する原因に繋がってしまいます。

お風呂場でボディソープを泡立ててシェービングは一般的な自己処理ですが、実はこれが埋没毛の最大の原因かもしれません。まず、ボディソープには洗浄力があるためシェービングに利用すると必要以上に角質を削ぎ落してしまいます。

さらに、湯船でよく温まった後だと皮膚を覆っていた皮脂が流れおちている上に水分でふやけています。そんな状態の肌にカミソリの刃をあてるのは肌にとってとても負担が大きい行動です。

さらに自己処理をした後に保湿ケアをしないなら、埋没毛を作るために自己処理しているようなものです。毛抜きの場合は毛を無理やり抜く時に毛穴周辺の肌を傷めていることが多く、脱毛ワックスやテープだと薬品が肌にも付着するので当然肌の負担になってます。

こうした自己処理が及ぼす肌への負担は、肌を乾燥させたりターンオーバーを乱れさせて毛穴をふさいでしまいます。そして成長してきた毛の出口がなくなり、皮膚の下で育つしかなくなってしまうのです。

ムダ毛を抜くとそこには小さな穴が開いてしまいます。特に痛みがなかったとしても体はこれを傷として認識してしまうため、かさぶたを作って塞ごうとするのです。これにより毛穴がふさがり、埋没毛ができあがってしまいます。

これは毛抜きだけでなく、カミソリを使った自己処理でも同じです。他にも肌や毛穴を傷つけるムダ毛処理の方法は埋没毛ができてしまう可能性があります。

埋没毛ができてしまったら

埋没毛が出来てしまった場合、ついやってしまいがちなのが毛抜きや針を使って皮膚を少しだけ裂き、ムダ毛の出口を作るという方法です。確かにこの方法はとても手軽ではありますが、肌に傷を作るわけなので埋没毛を繰り返してしまう可能性が高いと言えるでしょう。

埋没毛ケアのポイント

角質ケア

間違った自己処理によってできてしまって埋没毛のケアに有効なのが角質ケアです。ピーリングによってターンオーバーを促進させて、皮膚の中に埋まってしまった毛が早く出てくるように働きかけます。

針で皮膚を破ったり、毛抜きで無理やり引っ張り出してしまうと、その傷口から雑菌が入り込んで炎症を起こしたり、傷跡が残ってしまうので絶対にダメ!

傷口から菌が入り込んでしまうと毛のう炎という炎症に繋がってしまうことも珍しくありません。毛嚢炎になると肌が赤くなったり、かゆみを感じるようになってしまうので注意が必要です。

埋没毛が早く出てこれるようにピーリング石鹸などで優しくケアしましょう。ただし、ピーリングは皮膚を薄くさせる方法なので乾燥で皮膚が薄くなっている時は控えましょう。また、あまり頻繁にピーリングをすると肌荒れを起こしてしまうのでほどほどに。

保湿ケア

どんな自己処理でも少なからず肌にダメージを与えています。埋没毛の原因にひとつは乾燥。ムダ毛のお手入れをした後は必ず保湿ケアをして、傷ついた肌の補修を早めてあげましょう。

角質ケアでピーリングした後もしっかり保湿しましょう。抑毛ローションやクリームを使用すると、ムダ毛の生えるスピードを遅らせながら埋没毛のケアもできて一石二鳥です。

電動シェーバー

電動シェーバーは刃が直接肌に当たらないように設計されていて、肌を傷つけずにムダ毛を処理できます。脱毛サロンでも普段の自己処理は電動シェーバーをオススメしているところが多いです。

ただし、電動シェーバーはカミソリのように深剃りができないため、ムダ毛が伸びてくるのが早いというデメリットも持っています。

皮膚科医に相談

なかなか収まらない頑固な埋没毛や、埋没毛が原因で赤みやかゆみがひどい時はセルフケアではなく皮膚科医に相談しましょう。保険適用で治療してもらえますが、医療レーザーで埋没毛の処理をする場合は自由診療(全額自己負担)になります。

深い部分にできている埋没毛でなければ時間が経つことによって肌に吸収されます。ですが、中には肌の中で3~4cmほど伸びてしまうものもあるので、こういったものは皮膚科で処理してもらったほうがいいでしょう。

だからといって埋没毛がたくさんある場合は全て皮膚科で処理してもらうというのは大変だと思うので、ホームケアを実践することをおすすめします。

埋没毛を作らない一番の方法は医療レーザー脱毛やサロンのフラッシュ脱毛でムダ毛自体をなくしてしまうことです。埋没毛を何度も繰り返している場合は脱毛も検討してみましょう。

埋没毛のホームケアには様々な方法がありますが、ボディスクラブを使った対策も効果的です。埋没毛が発生してしまったらお風呂に入った際にボディスクラブを使って埋没毛が気になる部分を優しく丁寧にマッサージします。

あとはよくすすぎ、しっかり保湿しましょう。ただ、ボディスクラブの中には刺激が強いものもあり、肌に合わないものを使ってしまうと更なる肌トラブルを招いてしまうことがあります。肌が弱い人はごしごし洗いすぎないように注意することが大切です。

保湿をする際に使うクリームは、肌を柔らかくするタイプのものを使ってみてはどうでしょうか。皮膚科でも肌を柔らかくするクリームを処方してもらうことができるので、ボディスクラブを使ってもなかなか状態が改善しない場合は皮膚科に相談をするといいですね。ホームケアを行っても埋没毛が改善するまでには時間がかかるので、何日かケアを続けましょう。

埋没毛を治そうと努力している間にムダ毛の自己処理を繰り返してしまうとなかなか状態は改善しません。この場合は自己流の処理をやめ、脱毛サロンなどに切り替えてみてはどうでしょうか。埋没毛を無視してムダ毛の自己処理を続けると更に状態がひどくなってしまうこともあります。

ただ、埋没毛がある間は脱毛サロンでの処理を断られてしまう可能性が高いです。そのため、まずは埋没毛を改善させる努力を始めるといいでしょう。

脱毛サロンにカウンセリングに行けば、埋没毛の改善に関する相談に乗ってくれるところがほとんどです。カウンセリングで肌の状態もチェックしてもらえるので、相談をしてみるのもいいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

アンダーヘアは自分でデザインする時代

自分の好みのシェイプや長さでアンダーヘアをデザインできるようなお役立ちアイテムが …

【保存版】VIO(ハイジニーナ)脱毛大特集! 範囲の違いや脱毛前後の注意点を徹底解説

【VIO(ハイジニーナ)脱毛特集 目次】 1.VIO・ハイジニーナとは? 2.V …

ムダ毛が濃くなったのならホルモンバランスの崩れをチェック!

ホルモンバランスとムダ毛には深い関係があります。女性ホルモンを増やす方法をご紹介 …

家庭用脱毛器は効果があるの?人気の3器種を徹底比較

センスエピ、ケノン、トリアはどんな人におすすめ? 脱毛サロンでお手入れしたいとい …

脱毛リタイア…その後のデメリットとは?

脱毛リタイアで後戻りや回り道するのはもったいない! 20代から30代にかけて、自 …

男性は女性の肌の手触りに敏感!ムダ毛?肌荒れ?NG手触り3選

カサカサ、ごわごわ、ジョリジョリ肌が男性をドン引きさせている 女性ホルモンには肌 …

全身脱毛専門店「C3(シースリー)」の脱毛方法や口コミについて

月額制全身脱毛が人気の「C3(シースリー)」って評判はどうなの? 「C3(シース …

脱毛サロンで失敗した人から学ぶ!間違いのないサロンの選び方

脱毛サロンならどこでもいいは間違い!脱毛サロンで失敗した人を例にしてトラブルを紹 …

クリスマス・忘新年会のこの季節、ボディケアは十分にできてる?

ワキ、二の腕、うなじ、背中のケア不足が見られているかも!? いよいよ今年も終わり …

漢方薬を使って女性ホルモンを増やそう!なにがおすすめ?

女性ホルモンを増やす目的で取りいれられることが多い漢方薬についてご紹介します。 …