美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

カミソリや毛抜きを使ったムダ毛処理は血が出る危険性が!

出血のリスクが高いムダ毛処理方法は避けたほうが無難
9a534f90148c6613dd3f903004a82606_s
間違ったムダ毛の自己処理をしてしまうと、血が出ることもあります。脱毛と出血はあまり関連性がないように感じてしまうかもしれませんが、自己処理の中には危険な方法があるということも理解しておきましょう。

特に危険な自己処理方法とは

ムダ毛の自己処理といっても様々な方法がありますが、その中でも出血の危険性が高いのはカミソリを使った方法です。安全カミソリと呼ばれるタイプのものであれば間違えて切ってしまう可能性は低くなりますが、それでも絶対に切れないというわけではありません。

通常の使い方をしていれば切れにくい安全カミソリですが、力を入れて凹凸がある部分を剃ったりすると切れてしまうことがあります。集中してムダ毛処理をしている間はいいのですが、慣れてくるとつい意識が手元から離れてしまうことがありますよね。そういった時に切ってしまい、血が出た経験がある人は少なくないはず。

しかもカミソリで切った時というのはそれほど深く切っていないとしてもヒリヒリとした痛みを感じます。カミソリでムダ処理をしようと思っている方は最後まで気を抜かずに集中しましょう。

また、毛抜きを使ったムダ毛処理でも血が出ることがあります。これは、毛を引き抜いた時に毛細血管を傷つけてしまうためです。毛は成長期、退行期、休止期というサイクルを繰り返しているのですが、このうち成長期のムダ毛を抜いた際に出血してしまうことがあります。毛抜きはカミソリに比べると血が出る危険性が少ないと思っていた人も注意したほうがいいでしょう。

血が出てしまった時の対処

うっかりカミソリなどを滑らせて切ってしまった場合、ティッシュなどで抑えて血が止まるのを待つという人が多いのではないでしょうか。ですが、この方法だとティッシュが傷口に貼りついてしまったり、治りが遅くなってしまいます。

カミソリで軽く切ってしまっただけならば、蒸しタオルやお湯で湿らせたタオルを傷口に当ててしばらく圧迫しましょう。傷が深くない場合はこれだけでも数分で止血できるはずです。あとは傷薬を塗るだけなので応急処置の方法として覚えておいてくださいね。

また、カミソリではなく毛抜きを使って血が出てしまった場合は、そのまま放置してしまう人が多いのではないでしょうか。ですが、この場合も傷薬を塗るなどの対処をすることをおすすめします。

このように、ムダ毛の自己処理は出血を伴ってしまうことがあります。何度も切ってしまって痛い思いをしているという方は、サロンでの脱毛に切り替えてみてはどうでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
    follow us in feedly

  関連記事

【保存版】お尻のトラブル”痔”でもOライン脱毛できる?治療法などもご紹介

痔の症状がある方は、とにもかくにもまずは治療を。 Oラインの脱毛をしたいと思って …

「脱毛しておけばよかった!」と女性が思うシーン3選

急なお誘いや電車の吊革。処理しきれてないムダ毛に気付いて冷や汗…女性ならこんなこ …

わき毛を生やして染める?新しすぎるポップカルチャーわき毛カラーとは?

欧米でわき毛カラー女子増殖中? 出典:BRIGITTE わき毛といえば、言ってし …

自慢の美肌を作るためにも絶対に避けたい黒いポツポツ

ムダ毛処理時にできてしまう黒いポツポツは様々な原因が考えられる 自己処理でムダ毛 …

自己流だとムダ毛処理に失敗する可能性が…どんなミスが多い?

自己処理でムダ毛ケアをするのは危険!やってしまいがちな失敗例を紹介します。 ムダ …

ビキニラインの脱毛は砂糖で!自分で脱毛ワックスを作ろう

ビキニラインのムダ毛処理には砂糖を使ったワックスがおすすめなんです ビキニライン …

ベビーオイル活用術!シェービングクリーム代わりにして美肌作り

ベビーオイルはムダ毛処理だけでなくいろいろな使い道が! キレイにムダ毛処理をして …

飲み会の時にもちゃっかり女性ホルモンUP!こっそりできる方法紹介

飲み会の時にみんなに内緒でできる女性ホルモンUP方法をご紹介します。 女性ホルモ …

【家庭用脱毛器も進化!】サロンのフラッシュ脱毛を家庭で手軽に実現!

フラッシュ方式の家庭用脱毛機のメリット・デメリットとは 画像:光美顔器ニード|ケ …

ムダ毛が濃くなったのならホルモンバランスの崩れをチェック!

ホルモンバランスとムダ毛には深い関係があります。女性ホルモンを増やす方法をご紹介 …