美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

カミソリや毛抜きを使ったムダ毛処理は血が出る危険性が!

出血のリスクが高いムダ毛処理方法は避けたほうが無難

間違ったムダ毛の自己処理をしてしまうと、血が出ることもあります。脱毛と出血はあまり関連性がないように感じてしまうかもしれませんが、自己処理の中には危険な方法があるということも理解しておきましょう。

特に危険な自己処理方法とは

ムダ毛の自己処理といっても様々な方法がありますが、その中でも出血の危険性が高いのはカミソリを使った方法です。安全カミソリと呼ばれるタイプのものであれば間違えて切ってしまう可能性は低くなりますが、それでも絶対に切れないというわけではありません。

通常の使い方をしていれば切れにくい安全カミソリですが、力を入れて凹凸がある部分を剃ったりすると切れてしまうことがあります。集中してムダ毛処理をしている間はいいのですが、慣れてくるとつい意識が手元から離れてしまうことがありますよね。そういった時に切ってしまい、血が出た経験がある人は少なくないはず。

しかもカミソリで切った時というのはそれほど深く切っていないとしてもヒリヒリとした痛みを感じます。カミソリでムダ処理をしようと思っている方は最後まで気を抜かずに集中しましょう。

また、毛抜きを使ったムダ毛処理でも血が出ることがあります。これは、毛を引き抜いた時に毛細血管を傷つけてしまうためです。毛は成長期、退行期、休止期というサイクルを繰り返しているのですが、このうち成長期のムダ毛を抜いた際に出血してしまうことがあります。毛抜きはカミソリに比べると血が出る危険性が少ないと思っていた人も注意したほうがいいでしょう。

血が出てしまった時の対処

うっかりカミソリなどを滑らせて切ってしまった場合、ティッシュなどで抑えて血が止まるのを待つという人が多いのではないでしょうか。ですが、この方法だとティッシュが傷口に貼りついてしまったり、治りが遅くなってしまいます。

カミソリで軽く切ってしまっただけならば、蒸しタオルやお湯で湿らせたタオルを傷口に当ててしばらく圧迫しましょう。傷が深くない場合はこれだけでも数分で止血できるはずです。あとは傷薬を塗るだけなので応急処置の方法として覚えておいてくださいね。

また、カミソリではなく毛抜きを使って血が出てしまった場合は、そのまま放置してしまう人が多いのではないでしょうか。ですが、この場合も傷薬を塗るなどの対処をすることをおすすめします。

このように、ムダ毛の自己処理は出血を伴ってしまうことがあります。何度も切ってしまって痛い思いをしているという方は、サロンでの脱毛に切り替えてみてはどうでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

VIO脱毛したらチャレンジしたい下着って?

女性にとってはデリケートゾーンの脱毛はいまでは普通。脱毛するといろんな下着を迷わ …

持病にてんかんがある場合でも脱毛サロンでの施術は可能?

てんかんだと断られることが多い脱毛施術ですが、症状によっては可能な場合もあります …

手に入れた恋を手放さないためにやるべきこと

「手放したくない!」そう思わせる女になろう 女は見かけじゃない、中身だ!なんて豪 …

ワックス脱毛の特徴や注意点を紹介

肌が強い人にはワックス脱毛もおすすめ。エステで行う方法も人気です。 自宅で簡単に …

プラセンタの効果は美容だけじゃない!女性ホルモンにも効果的!

プラセンタを使って女性ホルモンをアップさせましょう。効果などをご紹介します。 プ …

美容先進国アメリカの脱毛事情が知りたい!

アメリカでは脱毛するのにどのような方法が一般的で人気なのか調べてみました。 脱毛 …

肌の乾燥が酷くなったならムダ毛処理の影響を疑ってみよう

肌が乾燥気味の人はムダ毛処理方法に注意!間違った方法を続けると乾燥肌悪化の可能性 …

海外でのハイジニーナ処理事情とは?国別に調査

日本は衛生後進国?世界の常識とギャップあり ハイジニーナ処理というのは、VIOラ …

肩だしファッションがトレンド! でも肩や背中のムダ毛処理ができていないと…

このシーズンは肩を出すファッションが人気!でも、肩のムダ毛処理は大丈夫? 夏もそ …

家庭用脱毛器センスエピGの機能と価格をチェック!

センスエピGのグッドポイント ここでは、低価格で気軽に試せるホーム・スキノベーシ …