美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

【トレンドの家庭用脱毛器解説】熱線式は、今あるムダ毛を焼き切る即効性がポイント

熱線式の家庭用脱毛機のメリット・デメリット
2015-06-11_181702

画像出典:デピタイム


家庭用脱毛機には「熱線式」「フラッシュ」「レーザー」の3つのタイプがあります。いずれも剃ったり抜いたりする従来の自宅処理とは異なり、熱を使って脱毛を行う方法ですが、それぞれにメリット、デメリットがあるので、購入時にはよく検討して、自分に合った使いやすいものを選んでくださいね。

熱線式の家庭用脱毛機は「サーミコン式」とも呼ばれています。熱線によってムダ毛を焼き切る方法です。

熱線式の特徴

熱線式脱毛器は、ある程度ムダ毛が伸びた状態で使うのが特徴的です。ヘッド部分にムダ毛を引き込み、肌に触れないようにしてムダ毛に熱を与えます。

毛根にも間接的に熱ダメージを与えるので、徐々にムダ毛が生えにくくなります。とはいえ フラッシュやレーザーとは異なり、発毛をなくす効果はありません。そのため除毛機という位置づけになります。ただし、最近は脱毛効果を強化したものもあるので最新情報は要チェックです。

熱線式のメリット

即効性がある

その時に生えている毛を処理します。週に2~4回の脱毛も可能なので、気になったらすぐ脱毛したい、という方に向いています。

準備が不要

フラッシュやレーザーでは事前にムダ毛処理が必要ですが、熱線式の場合はそのまま使えます。

痛みが少ない

毛根に直接熱ダメージを与えるフラッシュやレーザーとは異なり、あくまで対象が毛なので痛みが少ないのも特徴です。

日焼けしていても使える

メラニンに反応するフラッシュやレーザーとは違い、肌の色に関わらず使え日焼けしていても大丈夫です。またメラニンの少ない産毛にも使えます。

毛先がチクチクしない

熱で焼き切るので毛先が丸くなって、伸びてきた時にも不快なチクチクがありません。

価格が安い

フラッシュやレーザータイプの家庭用脱毛機と比べて価格が安めです。

コンパクトで携帯に便利

携帯電話くらいの大きさで持ち運びしやすいものが多いです。また充電式で熱線式コードがないものもあり使い勝手がよいです。

熱線式のデメリット

・繰り返し脱毛が必要
カミソリなどと同じく毛が伸びてきたら繰り返し処理を行う必要があります。

・肌への熱ダメージがある
肌に触れない工夫はされていますが、熱さを感じることやヤケドの危険もあるので、使用方法はしっかり守ってください。肌が乾燥するリスクも高めなので保湿は不可欠です。

・毛が伸びていないと使用できない
毛が少し伸びている必要があります。少しでも伸びた状態が我慢できない、という方には不向きです。

・毛が焼けるにおい
使用中は毛が焼けるにおいがします。きちんと処理されている証拠ですが、気になる方は換気をするなど対策を行ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

自己流だとムダ毛処理に失敗する可能性が…どんなミスが多い?

自己処理でムダ毛ケアをするのは危険!やってしまいがちな失敗例を紹介します。 ムダ …

脱毛サロンでは入会金がかかる?

脱毛サロンでの入会金はかかるところとかからないところがあります。その他の注意は? …

294万本も売れてるパイナップル豆乳除毛クリームの秘密とは?

ムダ毛の処理に悪戦苦闘しているアナタ、除毛クリームに挑戦してみませんか? この時 …

彼氏の前で簡単にかわいくなれる方法、あります!

男性に「かわいい」と思わせる必殺技はこれ 年齢に関わらず、かわいい女性になりたい …

卵を食べ過ぎると体毛が濃くなる!?気になるウワサの真相を調査!

男性ホルモンを増やす卵の食べ過ぎがムダ毛を濃くする 多くの女性にとってムダ毛処理 …

好きな服を着たい!脱毛すればいろんなファッションに挑戦できる

ノースリーブやミニスカート、背中の大きく開いたトップスを着こなそう 脱毛してなに …

食べもので女性ホルモンを増やす!効果を高める食事の取り方は?

女性ホルモンを増やすのにおすすめの食べものなどについてご紹介します。 女性ホルモ …

ムダ毛処理にも流行りがある?!

気軽にムダ毛処理ができると人気のあった脱毛スポンジは、なぜ衰退してしまったのでし …

簡単な中に潜む落とし穴!? 脱毛テープで脱毛する時の注意点

脱毛テープで脱毛する時の注意点を知って脱毛効果を高めましょう 出典:エピラット …

40代におすすめ!エステでの代謝アップ&フェイシャル

歳を取れば取るほどお肌や身体の悩みは増えます。そんな時、エステが役立ってくれるで …