美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

家庭用脱毛機の中でも、脱毛効果が大きいのがレーザー式!

レーザー方式の家庭用脱毛機のメリット・デメリット
2015-06-12_124555

画像出典:トリア(tria) 公式サイト


家庭用脱毛機の中では1番古くからあるのがレーザー式です。医療用レーザーはクリニックなど医療機関でしか使用できないので、家庭向けに出力を下げていますが、家庭用のフラッシュ脱毛よりは出力が高めとなっています。

その分フラッシュ脱毛より脱毛効果も高く、少ない回数で脱毛処理できます。ただしフラッシュ脱毛より傷みが強め、といったデメリットもあります。このあたりはエステサロン脱毛と医療脱毛の違いをイメージするとわかりやすいと思います。自宅で効果の高いレーザー脱毛ができるのは大きなポイントですね。

レーザー方式の特徴

レーザー脱毛は、メラニンに吸収されやすい波長のレーザー光線を照射して熱ダメージを与え、毛根を破壊することで発毛を止める方法です。家庭用なので医療用よりは制限はありますが、家庭用脱毛機の中では、もっとも脱毛効果が高く効果実感も早く感じられる方法です。

フラッシュ脱毛同様、毛周期に合わせて継続的な処置が必要ですが、フラッシュ脱毛よりは抜けやすくなるのが早いので、処理に必要な期間は少なめです。ただし医療脱毛のような永久脱毛は難しいので、随時ケアが必要です(脱毛効果には個人差があります)。

レーザー方式のメリット

・脱毛効果が高い
フラッシュ脱毛より出力が高い分、脱毛の効果は大きくまた早く出ます。フラッシュ脱毛だと脱毛完了には最低でも2〜3年はかかるといわれていますが、それよりも早めで完了します。毛が多い、太いなどしっかり脱毛したい人にもお薦めです。機能はどんどん進化しているので、家庭用レーザーでもクリニックレベルの効果が実感できるものもあるようです。

・クリニックより安価
脱毛の中では一番高額とされる医療脱毛ですが、家庭用では断然安価です。レーザー脱毛が自宅でできるのはやはり嬉しいですね。また機種にもよりますが、家庭用フラッシュ脱毛機よりも平均価格が安めなのもチェックポイントです。

レーザー方式のデメリット

・照射面積が狭い
機種にもよりますが全般的にフラッシュより照射範囲の面積が狭く、その分ショット回数は多くなります。狭い部位のほうが適しているといえますが、広い部位はフラッシュの方が便利です。

・フラッシュ方式より痛みが強め
フラッシュより出力が高いため、痛みも強めです。患部を冷やしてからのほうが痛みが緩和されるので、対策が必要です。

・脱毛用カートリッジの交換ができない
カートリッジ交換式ではない場合は、光源の寿命がくると本体買い替えとなってしまいます。ただしカートリッジ方式のものもあります。

【関連記事】トリア・パーソナルレーザー脱毛器4Xをチェック!
【関連記事】家庭用脱毛器は効果があるの?人気の3器種を徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

今時の女子たちの脱毛事情

みんな脱毛には相当苦労している!という事実 イマドキ女子ならムダ毛の処理をしてい …

肌の露出が増える夏!お得に脱毛したいなら、7月限定のキャンペーンを今すぐチェック

夏がやってきた! いつでも露出できる準備はOKですか? 半そでにノースリーブ、シ …

脱毛の施術を断られるかも!?花粉による肌荒れの対処法5つ

肌荒れしやすい花粉の季節、せっかく施術に行っても断られないようにしよう! だんだ …

【駆け込み脱毛するなら1日も早く!】8月の脱毛キャンペーンをチェック!

今年こそは脱毛してつるすべ素肌を手に入れるぞ! と思っていたらあっという間にもう …

頭・足・デリケートゾーンのムレが体臭を発生させてるかも

ニット帽・ブーツ・タイツで秋冬も体臭が!? 女性にとって秋・冬こそ体臭に気を付け …

クリスマス・忘新年会のこの季節、ボディケアは十分にできてる?

ワキ、二の腕、うなじ、背中のケア不足が見られているかも!? いよいよ今年も終わり …

ムダ毛あるある~!女子なら絶対一度はあるムダ毛処理失敗談

ムダ毛処理にまつわる怖~い失敗談3つ 「あるある!」と思わずうなずいちゃう、女子 …

ムダ毛処理にも流行りがある?!

気軽にムダ毛処理ができると人気のあった脱毛スポンジは、なぜ衰退してしまったのでし …

男性は女性の肌の手触りに敏感!ムダ毛?肌荒れ?NG手触り3選

カサカサ、ごわごわ、ジョリジョリ肌が男性をドン引きさせている 女性ホルモンには肌 …

世界の脱毛の歴史・紀元前~現代の脱毛方法

紀元前の女性も脱毛していたの? 現代日本で女子のムダ毛の処理は当たり前のマナー・ …