美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

わき毛を生やして染める?新しすぎるポップカルチャーわき毛カラーとは?

欧米でわき毛カラー女子増殖中?
2015-06-17_193757

出典:BRIGITTE

わき毛といえば、言ってしまえば“百害あって一利なし”な存在。一本も生えていないツルツル状態を誰もが目指し、日々処理やケアを行っています。

ところが、これとは真逆を行く流行が、海の向こうアメリカで巻き起こっているのだそうです。その名もなんと「わき毛カラー」!

わき毛をわざと生やして、しかも染めてしまう全く新しいスタイルのオシャレです。

わき毛がない状態を美しいとするここ日本では、にわかには信じ難いこのオシャレ。一体どのように誕生したのでしょうか?

最先端に敏感な女性がこぞってカラーリングしたワキ毛をSNSで公開!

インスタグラムやツイッターで「#dyedpits(ワキ染め)」というハッシュタグを見てみると、実際にたくさんのカラフルなわき毛が投稿されています。

どうやら、このわき毛カラーは一部の目立ちたがり屋さん達がしている奇行ではなく、多くの方を巻き込んでのブームになっているようです。

わき毛カラーを楽しむアメリカの女の子たちを観察すると、みなさんかなり派手な色に染めているのがわかります。

ピンクにグリーン、オレンジ色、また自分のヘアカラーに合わせて統一感を出している姿も多く見られました。中にはカラーリングにとどまらず、わき毛に奇抜な色のエクステまでつけてオシャレを楽しんでいる方も…。

わき毛カラーはすでに、ポップカルチャーの一部になっているとも言われています。

斬新すぎる!どうしてこんなの流行っちゃったの!?

とっても斬新なわき毛カラーのブームは、どの様に始まったのでしょう。

ブームの火付け役は、ワシントン州シアトルのヘアサロン「Vain」に勤める美容師ロクシー・ハントさん(トップ画像)という女性です。

この流行は、ロクシーさんがお客さんのわき毛を鮮やかなブルーに染めたところ、それが周囲の人たちから想像以上に好評価を得たことから始まります。

もともと遊び心でスタートしたわき毛のカラーリングですが、その様子はSNSで多くの方にシェアされ、ロクシーさん自身も想像しなかったほどのブームを巻き起こす結果となったのです。

このことをきっかけに、ロクシーさんは、《The Free Your Pits Movement(ワキ毛に自由を運動)》というブログを開設します。

カラフルにカラーされたわき毛や、わき毛のカラーリングのノウハウを紹介するうちに、ますます「わき毛カラー」の知名度や人気が高まっていったのだそうです。

マイリー・サイラスやマドンナ、レディーガガなど、トップスターの間でもわき毛のオシャレが広がっている様子です。

#PANK #dirtyhippie

Miley Cyrusさん(@mileycyrus)が投稿した写真 –

わき毛カラー、日本でも流行る?

白人女性と比べると、黄色人種である私たち日本人の体毛は、黒色か、あるいは明るくとも茶色など目立つ色をしています。

そのため、ムダ毛の処理をしないでいると、不潔で女性らしさのないイメージを与えてしまいます。肌の色に対して、体毛の色の主張が強すぎるから、そのコントラストがわき毛のマイナスイメージを際立たせているのかもしれません。

カラーリングされたわき毛を見てみると…「ないに越したことはないけど、真っ黒よりは良いかな?」と思えてくるかもしれません。

とはいえ、インターネットで交わされている評判を見てみると、日本人による反応はとっても悪い様子です。

★わき毛カラー、ネットでの評判は?★

  • ツルツルの脇の方が絶対良いと思う!わき毛をカラーするぐらいなら、その手間やお金で脱毛をするべき!
  • 正直気持ち悪い!日本では流行らないでほしい
  • 根元が伸びてきたら、そこだけ黒くなるの?かなり頻繁に染めなおさなくちゃヤバくない?
  • アメリカ人でもあまり似合っていないのに、日本人がやって可愛くなるはずがない!

このような評判を見る限り、日本での流行はかなり先の話になりそうです。あるいは、日本ではこれから先もずっと流行りそうもない印象さえあります。

もしも、「みんなには不人気だけど、正直、私はしてみたいかも…、でも、周りに変な目で見られるかな?」と感じるのであれば、長袖のシーズンに一度トライしてみると良いかもしれませんね。日本でいきなりカラーしたわき毛を人目にさらすのは、まだまだ勇気がいる行為です。

そもそも、日本とアメリカとではムダ毛処理の常識に大きな差があります。アメリカでは、わき毛の処理よりもアンダーヘアの処理の方が優先して行われているようで、アンダーヘアが綺麗に整っているのに、わき毛がボーボー状態の女性も珍しくありません。

対して日本では、アンダーヘアよりも優先してわき毛を処理しています。この常識の差に、わき毛カラーから得る印象もかなり異なるものになっていると考えられます。

「カラーリングされたわき毛、カワイイ!」と感じる日本人女性はかなり少数派だと思われます。

検索してみると、日本人女性でわき毛カラーをSNSで投稿しているのはまだ見かけませんが、はたしてこれから日本でもブームが起こるのか…、目が離せません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

「脱毛しておけばよかった!」と女性が思うシーン6選

急なお誘いや電車の吊革。処理しきれてないムダ毛に気付いて冷や汗…女性ならこんなこ …

ローラのCMといえば!エピレの脱毛サロン

エステ脱毛で本格脱毛宣言! 天真爛漫で明るいキャラクターが魅力のローラがイメージ …

美人ホルモンとしても知られるエストロゲンを増やす方法

女性なら是非チェックしてほしいエストロゲンを増やす方法をご紹介します。 女性の美 …

海外でのハイジニーナ処理事情とは?国別に調査

日本は衛生後進国?世界の常識とギャップあり ハイジニーナ処理というのは、VIOラ …

ひじは絶対ついちゃダメ!刺激による角質化が黒ずみの原因です

やわらかいスクラブ剤を手作りしてケアしましょう 自分では見えないパーツだけにケア …

トップアスリートを支える脱毛の力とは?

脱毛と世界記録と金メダルの密接な関係 金メダルと脱毛に関係がある、って知っていま …

【超保存版】人気脱毛サロン!解約方法のまとめ

脱毛サロンに通っていると、引越しや妊娠などのやむを得ない状況で解約しないといけな …

指摘されないようにケアしよう!もじゃ毛・ハミ毛の正しいお手入れ方法とは?

間違った方法で処理してませんか? 温泉など人前で服を脱ぐ場面で気になったり、プー …

肩だしファッションがトレンド! でも肩や背中のムダ毛処理ができていないと…

このシーズンは肩を出すファッションが人気!でも、肩のムダ毛処理は大丈夫? 夏もそ …

紫外線対策のおすすめアイテム「スプレー系日焼け止め」の正しい使い方

スプレー系日焼け止めの種類とメリット・デメリット お顔や手足の紫外線対策はしっか …