美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

脱毛前の日焼けはNG! でも日焼け止めが苦手です…どうすればいい!?

日焼け止めが合わない人にピッタリの日焼け対策とは?
1aa7d7a50bbb06f713c9aee9d00252f4_s
これから脱毛する方には様々な注意点があります。そのひとつが、脱毛施術前に日焼けしてはいけない、という点です。何も知らずに過ごしていると、施術当日に「今日は無理です」と帰されてしまうかもしれませんよ。

脱毛前はなぜ日焼けが駄目なのか

昔に比べると、脱毛機器はずいぶん進化しました。世代によっては「脱毛イコール痛みに耐える」というイメージが強いかもしれません。毛穴にニードルというハリを刺すという施術法があり、これが強烈に痛みを伴っていたのです。今は痛みを伴わない方法が主流になってきたので、小学生が親と一緒に通うことが出来る驚きの時代になりました。

しかし、いくら機器が進化しても施術後は多少なりとも肌にダメージを与えます。日焼けは肌が火傷している状態ですから、すでに弱っています。そこに施術を行えば、どんなに優れた腕を持った担当医でも、肌ダメージを回避するのは難しいでしょう。そのため、日焼けした肌には行わない、というのが鉄則になっているのです。

日焼け止めが体質的に合わない場合の日焼け対策

そうはいっても、体質的に日焼け止めを使えない方もいますね。そんなときは日焼け止めを使わない日焼け対策をとりましょう。簡単な方法としてUVカット加工されている日傘、長袖などを用意してください。それから顔全体に太陽の日差しが当たらないぐらい、つばの広い帽子も合わせて使えばOK。この3つがあれば日焼け対策は万全です。

それからビタミンCの摂取も効果的と言われているので、果物や野菜などを意識した食事を心がけるといいでしょう。

日焼け止めを極力使わないほうがいい理由とは?

日焼け止めを使えないなんて、と落ち込む必要はありません。実は成分表を見ると紫外線吸収剤、紫外線散乱剤、防腐剤や界面活性剤など、肌にダメージを与える成分が含まれています。そのため、元々肌の弱い方は日焼け止めによる肌のダメージで皮膚科を訪れる方もいるのです。日焼け止めを使わない日焼け対策でも十分なので、必要以上に神経質にならなくても問題ありません

脱毛のことも日焼け止めのことも、正しい知識を持っていれば肌トラブルを未然に防ぐことができます。施術はプロに任せるから心配ない、と他人任せにするのではなく、自分で出来るトラブル回避のコツをあらかじめ知っておくこと、これも大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ラットタットの店舗がコロリーに変更!契約は変わる?費用の問題は?

ラットタットに通っていた人は店舗がコロリーになるとどう変わる? ラットタットはエ …

産毛でも以外と目立つ!?二の腕脱毛は本当に必要なの?

要注意!二の腕のムダ毛が目立ちやすいその理由とは? 暖かくなってくると、フレンチ …

デリケートゾーンのあらゆる悩みに!ジャムウ石けんを今こそ使ってみるべき!

デリケートゾーンのムレや匂いが気になる人必見!ジャムウ石鹸が解決してくれるかも …

30代、40代の女性に聞いた若い時にやっておけばよかったこと3つ

自分のために冒険できるうちにガンガントライしておきましょう 若いうちは将来のこと …

学生向けの脱毛サロンを選ぶ時に重視したいポイント3つ

学生が脱毛するならどのサロンがおすすめ? 脱毛サロンの料金は10年前と比べるとと …

【超保存版】人気脱毛サロン!解約方法のまとめ

脱毛サロンに通っていると、引越しや妊娠などのやむを得ない状況で解約しないといけな …

ずぼら、ムダ毛、不思議ちゃん…あなたは男性からがっかりされてない?

オヤジ女子は気を付けろ!男性からがっかりされてる可能性が… 「女子力」という言葉 …

婚活前にしておきたい自分磨きの5カ条

婚活には家事スキル・ポジティブさ・細部への美意識が必要不可欠 結婚のための活動、 …

女性に人気「ピーチジョン」とは?素敵に着こなすためのポイントもチェック

女性らしい下着を探しているならピーチジョンがおすすめ! ピーチジョンとは、女性向 …

痛いのが苦手な人におすすめの脱毛方法「ライトシェア」とは?

人気の脱毛器ライトシェアとはどういったもの?痛みや特徴は? >>ライトシェアデュ …