美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

脱毛の施術を断られるかも!?花粉による肌荒れの対処法5つ

肌荒れしやすい花粉の季節、せっかく施術に行っても断られないようにしよう!
eb20ee7637232d27cf4225048782fad3_s
だんだん暖かくなり梅や桜も咲き始め、さまざまなところで春を感じられるようになってきましたが、それとともに花粉症に悩まされている方も多いのではないでしょうか?

全国の耳鼻咽喉科を対象とした調査では、日本人の3割近くが花粉症を発症しているという結果が出ています。こんなに多くの方が持っている花粉症という病気ですが、鼻水や目のかゆみといった症状ばかりが注目されていて、見落としされがちなのが肌への影響です。

ここでは、花粉症による肌トラブルや、脱毛の施術への影響について見ていってみましょう。

そもそも花粉症ってどういうメカニズム?

花粉症はアレルギーの一種。アレルゲンである花粉が皮膚や粘膜に付着すると拒否反応が起こり、アレルゲンを排出するために涙や鼻水が出たり、炎症が起こる症状のことです。アレルギーの原因になるアレルゲンは人によりさまざまです。花粉で有名なのはスギですが、年明け~春先に飛散するのはスギ花粉だけでなく、

  • ハンノキ
  • ヒノキ
  • シラカバ

などがあります。さらに、花粉はさまざまな植物から飛散してり、1年中何かしらの花粉が空気中に存在しています。人によっては1年の大半を花粉症の症状に悩みながら過ごしているというケースもあるのです。

花粉で肌トラブルが起こることもある

花粉症は鼻水や目のかゆみが主な症状として知られていますが、それは粘膜の方がアレルゲンに過敏に反応してしまいアレルギー症状が出やすいからです。花粉が顔や手足に付着すれば、当然アレルギー症状が出ます。花粉が肌に付いた時の主な症状は以下のとおり。

  • かゆみ
  • 炎症による肌の赤み、ほてり
  • 肌荒れによるヒリヒリとした痛み
  • 肌の乾燥、カサつき
  • 化粧水がしみる

花粉症の自覚がなくても、春先になるといつもこういった症状に悩まされているなら、花粉によるアレルギー症状を疑ってみましょう。最近では花粉による肌荒れを自覚する方が増え、このような肌トラブルが花粉性皮膚炎と呼ばれるようになりました。

花粉性皮膚炎は脱毛できない!?

サロンやクリニックに脱毛しに行っても必ず脱毛できるわけじゃないことは知っていますか?脱毛サロンや美容クリニックで利用されている脱毛機は、どちらも黒い色に反応する光を利用し、光が発する熱によって毛根にダメージを与えるものです。

そのため、日焼けしていると反応範囲が広くなって火傷のリスクが高まるため、ほとんどのサロンやクリニックでは脱毛の施術を行いません。また、花粉によって炎症が起きている肌はバリア機能が低下や乾燥が見られます。光の熱が広範囲に伝わりやすく、ヤケドのリスクが高くなる上に、花粉性皮膚炎の症状を悪化させてしまい可能性がとても高いです。

エステサロンやクリニックはによってどんな判断をするかは差がありますが、花粉による肌トラブルがある時は肌を守るために脱毛の施術が断られる可能性が高いと覚えておきましょう。

花粉の時期も脱毛するためにやるべき3つのこと

花粉のせいで脱毛できないなんて困りますよね。わざわざサロンに出向いても施術ができなければ時間が無駄になってしまいます。さらに、キャンセルで1回分消化扱いになるサロンなら、せっかく払ったお金まで無駄になります。花粉が飛んでいる時期でも脱毛の施術を受けられるように以下の3つのケアをすることをおすすめします。

かゆい時は冷やす

かゆみがある時にひっかいてしまうのはやめましょう。炎症を起こしてデリケートになっている肌を傷つけてしまいます。また、アレルギー症状が出ている時は肌のバリア機能が低下しているため、普段なら何ともない爪の間に入っている汚れや雑菌によって新たな肌トラブルを招いてしまうこともあります。かゆみを感じる原因は、アレルゲンが付着した時に分泌されるヒスタミンによって血流が増加し血管が膨張することで皮膚細胞が刺激されることです。冷たいタオルで冷やすとかゆみが鎮まります。

保湿を徹底する

花粉の飛散する時期はおよそ3か月間。その間ずっとアレルギーによる炎症を繰り返していると皮膚がカサカサになるため、脱毛の施術を受けるためには肌を保湿しておかないといけません。肌が炎症を起こしている時は保湿剤を塗る時の摩擦も負担になってしまうので、できるだけ滑らかでよく伸びるものを選ぶようにしましょう。

紫外線対策もしっかりと!

保湿と合わせて徹底しておきたいのが紫外線対策です。スギ花粉など春先の花粉の時期は紫外線量も多くなっています。紫外線を浴びると肌が乾燥し余計にアレルギー症状が出やすくなるため、脱毛の施術ができなくなる可能性も高くなるので紫外線対策もしっかりとしておきましょう。

花粉症の季節も対策をしっかりすれば脱毛できる!

春は花粉によるアレルギーで肌荒れを起こしやすく、脱毛の施術を断られてしまうことがあります。しかし、きちんとお手入れしていれば、花粉症の方も脱毛はできます。かゆくて我慢できなかったり、ひどい炎症を起こしている場合は、無理にセルフケアで対処せずに皮膚科でお薬を処方してもらうことも検討してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

男性は女性の肌の手触りに敏感!ムダ毛?肌荒れ?NG手触り3選

カサカサ、ごわごわ、ジョリジョリ肌が男性をドン引きさせている 女性ホルモンには肌 …

脱毛大国トルコ発!全身に使える抑毛クリーム「ヘアーリデューシングクリーム」

顔からデリケートゾーンまで、全身どこにでも使える抑毛クリーム ヘアーリデューシン …

脱毛エステサロンや美容業界で働きたい人必見!求人でチェックしたいポイント

美容業界はトラブルが多いの?と不安な人のために求人情報の特徴や注意点を紹介 ある …

脱毛サロンで失敗した人から学ぶ!間違いのないサロンの選び方

脱毛サロンならどこでもいいは間違い!脱毛サロンで失敗した人を例にしてトラブルを紹 …

脱毛を始めるには実は秋がベストタイミングな理由

実は夏に脱毛するよりも秋に脱毛を始めた方が確実に綺麗になれる理由とは? 脱毛を考 …

ムダ毛処理、男性はどこまでしてほしいと思っているのか?

男性と女性でこんなに違うムダ毛意識 面倒なムダ毛処理から解放される快感、ムダ毛が …

こんな脱毛サロンに要注意!チェックポイント5つ

評判が悪い、不安を煽る、他店の悪口…こんな脱毛サロンで契約しちゃダメ! 格安を売 …

【保存版】VIO(ハイジニーナ)脱毛大特集! 範囲の違いや脱毛前後の注意点を徹底解説

【VIO(ハイジニーナ)脱毛特集 目次】 1.VIO・ハイジニーナとは? 2.V …

女性のデリケートゾーンのための石鹸がすごい

悩みが尽きないデリケートゾーンのデオドラント問題、そのためにデリケートゾーン用の …

「脱毛しておけばよかった!」と女性が思うシーン6選

急なお誘いや電車の吊革。処理しきれてないムダ毛に気付いて冷や汗…女性ならこんなこ …