美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

漢方薬を使って女性ホルモンを増やそう!なにがおすすめ?

女性ホルモンを増やす目的で取りいれられることが多い漢方薬についてご紹介します。
30813

女性ホルモンを高める、整えるというのは漢方にとても得意な分野だといえるでしょう。漢方薬は、原因に対して直接作用する薬とは違い、自身の免疫力を高めることにより健康効果を得る方法だといえます。

そのため、女性ホルモンを高めたいと思っているものの薬に頼るのは嫌だという方からも漢方薬が選ばれているようです。病院での治療といえば、ピルなどが処方されるのが一般的となっていますが、こういった治療に抵抗があるという方も漢方薬から試してみると良いでしょう。

女性ホルモンに効果的な漢方薬は?

代表的なのが、芍薬(シャクヤク)です。

芍薬が含まれている当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)という漢方薬には芍薬のほかに当帰(トウキ)という漢方も含まれており、どちらも女性ホルモンを高めるのに役立ってくれます。

芍薬には月経不順や月経痛、のぼせ、頭痛などを改善する働きがあるほか、冷え性を改善するのにもおすすめです。血のめぐりを良くする働きを持っているため、足腰の冷えやむくみといった症状を感じている方にも向いています。

女性ホルモンを高めるためには、血行を良くすることが重要です。そのためにも芍薬が含まれている当帰芍薬散が役立ってくれるでしょう。

当帰という漢方は漢方薬を処方する際に、女性特有の不調などがあった場合には、必ずといっていいほど配合されるものです。
女性ホルモンを増やしたりするのにも役立ってくれるだけでなく、芍薬と同じく血のめぐりを良くし、体を温めてくれる働きがあります。

漢方はどれくらいで効果が出る?

漢方は薬とは少し違うため、飲んだからといって即座に効果が出るものではありません。どれくらいで効果が現れるかというのも人によって違うのですが、最低でも3ヶ月は続けるようにしましょう。

漢方薬を取り入れる大きな目的は体質改善にあります。ほんの数日では体質改善をすることは難しいため、3ヶ月をひとつの目安とし、それでも効果が得られないようであれば医師に相談をしてみると良いですね。

それから、効果的に摂取するためにも空腹時に取り入れましょう。漢方薬の成分は体に吸収されにくいという特徴を持っています。ですが、空腹時であれば効率よく取り入れることができるため、しっかりと漢方薬の効果を感じることができるのです。

漢方薬はどこで買える?

今は、様々なドラッグストアでも販売されています。こういったところで購入できるのは非常に便利ですよね。ですが、初めて漢方薬を試そうと思っている方は病院で処方してもらった方が良いでしょう。

というのも、自分に合った漢方を取り入れていかなければ高い効果は期待できないからです。ドラッグストアで販売されている漢方薬にも説明書きがありますが、病院であれば専門家が詳しい問診をしながら最適な漢方薬を選んでくれるので、自分に合っている漢方を見つけやすくなるでしょう。

また、病院で購入をすれば保険が適用されるため、安く購入できるというのも魅力です。

女性ホルモンを整えたり高めるためには生活習慣を正しいものにしたり、ホルモンバランスを整えるのに効果的な食事を取り入れていくということも非常に重要になります。

そういった対策に加え、漢方薬も取り入れれば、さらに高い効果が期待できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
    follow us in feedly

  関連記事

カミソリや毛抜きを使ったムダ毛処理は血が出る危険性が!

出血のリスクが高いムダ毛処理方法は避けたほうが無難 間違ったムダ毛の自己処理をし …

つるつるのお肌になったら挑戦してみたいファッション

ノースリーブやミニスカート、背中の大きく開いたトップスを着こなそう 脱毛してなに …

男性の胸毛は女性から不人気 女性は男性にもツルツルでいてほしい?

女性のほとんどが胸毛のある男性に抵抗がある! 外国の男性だと珍しくない『胸毛』、 …

日本の脱毛の歴史・平安、江戸、明治時代の脱毛方法とは?

日本の昔の女性はどんな脱毛方法でお手入れしてたの? 日本にも様々な書物に、女性た …

家庭用脱毛器はアイリスオーヤマのエピレタ!安いのに照射回数はたっぷり

比較的安く照射回数も多いアイリスオーヤマの家庭用脱毛機「エピレタ」をご紹介します …

医療脱毛が皮膚の色素沈着や発疹に繋がることがある?

皮膚トラブルが発生しやすい人が医療脱毛をする際の注意点などをご紹介します。 医療 …

脱毛の施術を断られるかも!?花粉による肌荒れの対処法5つ

肌荒れしやすい花粉の季節、せっかく施術に行っても断られないようにしよう! だんだ …

ムダ毛に悩む方は確認!脱毛と抑毛の違いとは?

脱毛と抑毛では全く違います。それぞれの特徴などを紹介! ムダ毛が目立たないように …

家庭用脱毛器センスエピGの機能と価格をチェック!

センスエピGのグッドポイント ここでは、低価格で気軽に試せるホーム・スキノベーシ …

裸足は厳禁!ひび割れる前にかかとケアと対策を始めよう

専用のケア剤でなめらかなかかとになりたい! 角質や黒ずみのできるパーツの中で最も …