美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

裸足は厳禁!ひび割れる前にかかとケアと対策を始めよう

専用のケア剤でなめらかなかかとになりたい!
c71f334da3ecfcf9620c30f4795899b1_s
角質や黒ずみのできるパーツの中で最も悩まされるのがかかとです。黒ずみよりも角質に悩む人が多いのではないでしょうか。普段自分の目が届かないパーツだけに、放っておいてひび割れになってしまう人も多いのです。今回はかかとのケアについて紹介します。

どうして角質化するの?黒くなる原因は?

かかとが角質化してしまう原因のひとつに、「裸足で過ごしてしまう」というのがあります。裸足で歩いたり行動すると、角質が固くなって厚くなってしまうのです。室内では靴下やスリッパを履いてかかとを守るということを徹底しましょう。

また、裸足の状態で履く靴も大敵です。ミュール・サンダルなどの靴は短時間にとどめましょう。長い時間サンダルなどを履いた日は、お風呂でマッサージする、保湿などのケアをするというのを忘れないでくださいね。

角質化した部分は、メラニンの働きで黒くなります。とくに、かかとは汗をかきにくく乾燥しやすいパーツなので新陳代謝が悪くなって色素沈着も起こりやすいのです。

クリームをしっかり塗って靴下でガード!

保湿は、普段使っているケア剤で行ってもいいですし、かかと用のものを購入してもいいでしょう。まだかかとに柔らかい感じのある人は普段のものを使う程度でいいかもしれません。いつも使っているボディ用のクリームをしっかり塗り込んで、その上から靴下を履きましょう。

もうかかとがひび割れて色素沈着も起きているという人は、特別なケアをしてあげます。クリームは、尿素などの美容液成分が入ってこっくりしたものを選びましょう。
寝る前に塗って靴下を履くのが効果的ですが、靴下を履いて寝ると足の裏に汗をかいて不快だったり体調を崩してしまう場合があるので、つま先の出ているかかと保湿用の靴下を選ぶといいかもしれませんね。
もちろん、日中にも塗るようにしましょう。

角質化して黒ずんだかかとにスペシャルケア

軽石やリムーバーで削ります

かかとケアといえば軽石です。今は、以前のような石の形ではなく削りやすく持ちやすくされた専用のリムーバーがあります。お風呂でしっかり皮膚を柔らかくしたり、足湯をしたあとに角質を軽石やリムーバーで削ります。痛くないからとたくさん削ってしまうと、逆効果です。少しずつ行う気持ちで、1回につき一番固い部分だけを削りましょう。なぜなら、あまり削りすぎると、皮膚は防衛本能でさらに皮膚を固くしてしまうのです。

頻度に関しても、毎日行うとやりすぎです。どんなに保湿ケアしても固くガリガリして、保湿剤もうまく浸透しなくてどうしても気になるという時だけ行ってくださいね。

削った後はいつも以上に保湿を

かかとを削るケアをした後は、皮膚が元のかたい状態に戻ろうとしています。そこにしっかり保湿してやわらかいかかとにしてあげましょう。普段のクリームの前に、顔に使っているものでいいので化粧水と乳液もプラスしてあげて、それからクリームをしっかり塗りこみます。

塗り込んだ後はラップを足首からかかとにかけてぐるぐる巻きにして、保湿効果を倍増させてもいいですね。

かかと専用のおすすめグッズも紹介

最近のかかとケアは進化しています。かかと専用の角質リムーバーを紹介しましょう。なめらかかと、ベビーフットイージーパック、フットピーリングパックペロリンなど、専用液に足を浸けるものと貼るタイプがあります。貼るタイプの方が便利かもしれませんね。貼るタイプのものは、寝る前に貼っておくとかかとがしっとりするものと、しばらく貼ることで角質が剥がれてくるものとあります。角質を剥ぐタイプのものはいますぐかかとをきれいにしたいという緊急対策として便利ですね。

普段のケアは寝ている間に貼っておき、スペシャルケアには液に浸すものを、緊急のケアには剥がれるタイプのものがいいですね。

まとめ

かかとのケアは、はじめはガサガサとかたくクリームなども浸透しにくいですが、ケアしたらケアした分だけしっかり効果があらわれます。角質化して黒ずんでしまったかかともきっときれいになります。あきらめずに毎日のケアと特別なケアを試してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
    follow us in feedly

  関連記事

間違った自己処理が埋没毛の原因!ケアのポイントは?

埋没毛の対処方と作らないためのスキンケア カミソリ、毛抜き、脱毛ワックスなど。ム …

スーパーフード「キヌア」はムダ毛にも効果がある?

キヌアを食べるとムダ毛が薄くなるという噂の真相とは? みなさんはスーパーフードを …

わき毛を生やして染める?新しすぎるポップカルチャーわき毛カラーとは?

欧米でわき毛カラー女子増殖中? 出典:BRIGITTE わき毛といえば、言ってし …

【保存版】日焼けしたらすぐに対処しよう!赤み・痛み・黒くなる…ケース別のアフターケア徹底紹介

日焼けあとに重要なのはタイプに合わせた正しい対処です 紫外線が強くなってくると気 …

頭・足・デリケートゾーンのムレが体臭を発生させてるかも

ニット帽・ブーツ・タイツで秋冬も体臭が!? 女性にとって秋・冬こそ体臭に気を付け …

40代におすすめ!エステでの代謝アップ&フェイシャル

歳を取れば取るほどお肌や身体の悩みは増えます。そんな時、エステが役立ってくれるで …

脱毛エステサロンや美容業界で働きたい人必見!求人でチェックしたいポイント

美容業界はトラブルが多いの?と不安な人のために求人情報の特徴や注意点を紹介 ある …

学生向けの脱毛サロンを選ぶ時に重視したいポイント3つ

学生が脱毛するならどのサロンがおすすめ? 脱毛サロンの料金は10年前と比べるとと …

「脱毛しておけばよかった!」と女性が思うシーン3選

急なお誘いや電車の吊革。処理しきれてないムダ毛に気付いて冷や汗…女性ならこんなこ …

産毛でも以外と目立つ!?二の腕脱毛は本当に必要なの?

要注意!二の腕のムダ毛が目立ちやすいその理由とは? 暖かくなってくると、フレンチ …