美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

好きな服を着たい!脱毛すればいろんなファッションに挑戦できる

ノースリーブやミニスカート、背中の大きく開いたトップスを着こなそう

脱毛してなにがよかったかというと、いろいろなファッションが着れるようになったこと。もともとファッションは好きなのですが、昔から人と比較して毛深かったので、なるべく露出度が少ない洋服を選びがちでした。

夏場はどうしようもないので自己処理で乗り切っていましたが、秋冬はできるだけ長袖長ズボン、黒いストッキングにブーツで、できるだけ肌が見えない洋服やコーディネイトを選んでいました。

ただ、秋冬でも暖房のおかげで薄着が流行し、ダウンの下はノースリーブにミニスカートといったコーディネイトが流行したりして、おしゃれしようと思うと年中ムダ毛ケアに追われることに。

私は家庭用の脱毛機を使ってたのですが、引き抜くタイプで涙がでるほど痛いうえ、処置が悪かったのか埋没毛が増えて、肌も毛穴がブツブツ鳥の肌のようになって、かえって半袖も着れない状態に。

なんだかやればやるほど悪循環で、自己処理しきれなくなった時に、サロン脱毛のお試しをうけ、すぐにワキ、手足のコースを申し込みました。当時はまだ値段も高かったし、月額制がなかったので一括契約でしたが、通って行くうちに毛が抜けやすくなり、生えてくる毛も薄くなり、自己処理もどんどん楽になり・・・2年後に完了した時の感動は今でも忘れられません!

いつでも自己処理の必要なく好きなファッションを着れるのは本当に最高ですよ!つるつるの肌になったらぜひ、下記のアイテムに挑戦してみてください!

ノースリーブ

夏の定番・ノースリーブ。女性らしをアピールできるアイテムですが。ワキや腕の毛の処理は必須です。

ただ、カミソリや毛抜きなどで自己処理すると、赤くなったり毛穴が目立ったりして、デートの前に処理するのが危険なケースも。またすぐに生えてくるのでごま塩のようにブツブツが目立って、半袖でごまかしたりしていませんか?ワキ脱毛で、いつでも好きな時にノースリーブを楽しみたいですね。

ミニスカート、ショートパンツ

脚・足のムダ毛が濃いと、ついパンツルックを選びがち。でも冬場でもさっそうとミニスカートをはきこなせるのってカッコいいですよね。サロンで脱毛すると毛穴がしまってつるつる、しっかり保湿ケアもしてもらえるので美脚になって、ミニスカート率高くなると思います。

背中の大きく開いたトップス

背中は自分では見えないだけに、意外とムダ毛が放置されがち。せっかくセクシーな背中見せファッションで彼とデートしても、かえってマイナス印象になることも。

プロの技でしっかり脱毛してキレイな背中を手に入れましょう。大人ニキビの予防にもなります。背中の大きく開いたドレスも自信をもって着こなせ、女子力をアップできますよ。

洋服やメイクだけがバッチリでもマイナスイメージに!?

どんなに素敵な洋服を着ていても、ムダ毛が見えた時点でマイナスポイント!ムダ毛にファッションの足を引っ張られてはいませんか?ここでは、ファッション別に脱毛しておきたいパーツを紹介します。隙のない女への第一歩にご一読ください。

美は細部に宿る!ファッション別脱毛しておくべきパーツ

ウェディングドレス

wedding

  • 二の腕
  • デコルテ
  • 背中
  • うなじ

ウエディングドレスは、オンナの子なら誰しもが憧れを抱くファッションの最高峰…人生に一度の晴れ舞台に、脱毛をせず挑むのはもったいない!ぜひ万全の準備を備えたいところですね。

ドレスのスタイルも多種多様ですが、二の腕や背中、デコルテがあらわになるデザインを選ぶ花嫁さんは多いはず。とくに花嫁の後ろ姿は意外と注目を集めるモノです。

さらにヘアスタイルをアップにするケースも考えられますね。少し脱毛範囲が広くて大変ですが、少なくとも以上4つのパーツは脱毛を済ませておきましょう。

ミニ丈のウエディングドレスを選ばない限り下半身(脚など)が見えてしまう事はありませんが、自分が選んだドレスのデザインを考慮して後悔のない結婚式を成功させてください。

着物・ゆかた

kimono

  • うなじ
  • 足の指

淑女な印象の着物や、夏ファッションのなかでも露出度低めなゆかた…。いずれも脱毛が必要なイメージは薄いかもしれません。しかし油断は禁物です。オトコ受けの良い和装だからこそ、女性らしさを欠いてしまうムダ毛の存在は言語道断!裾から覗く隙のないつるスベ肌で、女子力に磨きをかけましょう。

和装の脱毛で欠かせない部位といえば、うなじです。古来より多くの日本人男性を魅了してきた伝統的なセクシーポイントのケアは、大和撫子のたしなみだと言っても過言ではないでしょう。くわえて、ゆかたを着るときは足の指に生えたムダ毛も忘れて欲しくない脱毛パーツです。

夏らしいペディキュアで足元を彩る女性は多いでしょうが、ムダ毛もセットで目に飛び込んでしまう様では意味がありません。うなじ&足の指の脱毛を徹底して、美しく和装を着こなしてください。

スーツ・制服

nurse

  • ヒザ下
  • ヒジ下(夏場)

プライベートではない職場や学校では、ついついオンナ磨きに手を抜きがち…。メイクだけバッチリな油断女子になっていませんか?いつだって隙のないキレイなお姉さんを目指すのであれば、たとえオンの日であっても脱毛に気を抜いている場合ではありません!

パンツスーツを除いて、スーツも制服もヒザ下を露出する事になるでしょう。スカートの裾から伸びた足がムダ毛ボーボー…という惨事を避けるためにも、きちんとケアしておく事をオススメします。

さらに、夏場はヒジ下のムダ毛対策も必須!ヒザ下よりも人目に触れやすい部位なので、衣替えシーズンまでにはムダ毛問題を解決しておきたいところです。

水着

mizugi

  • 全身

どんなファッションと比較しても圧倒的に露出度の高い水着を楽しむためには、当然、全身をツルツルに脱毛してしまうのがベター。脚や腕はもちろん、うなじ、背中、二の腕、デコルテ…そしてVIO(アンダーヘア)に至るまで、徹底したムダ毛対策が必須です。

他のファッションにはない特徴として、VIO(アンダーヘア)の処理が非常に重要である点が挙げられるでしょう。日常生活では人前にさらすシーンのないムダ毛ですが、水着の着用によって“ハミ毛”リスクが急激にアップします。

いくらトレンドの水着を着ていたとしても、ムダ毛がはみ出してしまえば印象はゼロどころかマイナスに…。最悪の夏になってしまう事を予防するためにも、いつも以上に入念なムダ毛ケアを徹底しましょう。

ノースリーブ

sleeveles

  • 二の腕
  • ヒジ下

肩から腕にかけてを露出するノースリーブは、元気印なコーデに欠かせないアイテム。マニッシュにもセクシーにも決まる有能なデザインなので、夏を思いっきり楽しむためにも“いつでもノースリーブが着られるカラダ”を整えておきたいものです。

ノースリーブであらわになるコンプレックスといえば、ムダ毛のなかでも存在感の大きい脇の毛です。腕など他の部位に生えているムダ毛よりも太く長いので、自宅ケアだけでは対処しきれないケースも珍しくありません。

自己流の脱毛を繰り返すうちに、肌トラブルを起こしてしまった…という女性も多いのではないでしょうか。そんな時は一人で対処せず、サロンやクリニックでプロの手を借りましょう。もちろん、二の腕やヒジ下の脱毛も忘れないようにしてください。

オフショルダー

shoulder

  • デコルテ
  • 背中

その他のトップスでは見せる事の少ない、肩やデコルテ部分…。オフショルダーは、普段秘めたパーツを大胆に露出するオンナっぽさ抜群のアイテムです。

ちょいエロな雰囲気を醸し出すために何よりも重視したいのは、あらわになる背中やデコルテの美しさだと言えるでしょう。ムダ毛やニキビを作っていては、オフショルの魅力も半減ですね。

デコルテは案外見落としがちなパーツですが、脱毛する事によってムダ毛がなくなる事はもちろん、ニキビ対策や肌色を明るく見せてくれる美肌効果も期待できる万能策です。トレンドに挑戦する前は、ぜひ背中とデコルテのムダ毛問題を解決させておきましょう。

ローライズジーンズ

low

  • おしり
  • 背中
  • おなか
最近はすっかりハイライズにトレンドの座を引き渡してしまった印象のローライズジーンズ。しかし、その脚長効果からまだまだ根強い人気を見せている様子です。長年こだわって履き続けているローライズ民の方々も少なくはないでしょう。

女性がローライズジーンズを履いて起こるアクシデントに、しゃがみこむと背中からお尻までがチラ見えしてしまうというものがあります。

ジーンズのサイズが小さいから起こる側面もありますが、もともと股上の浅いデザインをしたアイテムなのである程度は仕方ありません。

見えてしまう部位に関しては、徹底した脱毛で対処しましょう。また、立ち上がった時や背伸びをした際には、簡単にへそ下が露出してしまうという特徴もあります。ギャランドゥ対策も必須なファッションアイテムだといえるでしょう。

ショートパンツ

pants

  • ヒザ上
  • ヒザ下
ここ10年の間ですっかり市民権を得たショートパンツは、今や欠かすことのできない定番ファッションアイテムとして定着しています。夏場はもちろん、レギンスやニーハイソックス・ブーツなどと組み合わせる事で季節を問わず着まわせる万能さもあり、愛用している女性も少なくはないでしょう。

同時に、非常に露出度の高いアイテムでもあります。とくに夏は素足で履く事が多く、タイツやレギンスで隠す事もできません。となれば、当然ヒザ上・ヒザ下共に徹底した足のムダ毛対策が必要になるでしょう。

ここで注意したいのは、自宅ケアで起こってしまう肌トラブル。ふくらはぎや太ももにポツポツができてはいませんか?

カミソリや毛抜きで行う自宅ケアは、素足にムダ毛以外のコンプレックスを作ってしまうきかっけになる事も…。ぜひ専門家の施述で、脱毛と美肌の両立を目指してみてください。

オープントゥパンプス

toe

  • 足の指
オープントゥといえば、つま先に開いた穴が大人っぽさと可愛らしさの両立を叶えた女子力の高いトレンドアイテム!ソックスと合わせるブームもありますが、やはり素足で露出を楽しむのも捨て難いところです。

せっかくつま先を見せるのであれば、とことん可愛くケアしておきましょう。ペディキュアでこっそりとアクセントを忍ばせる事はもちろん、足の指に生えたムダ毛の処理も忘れないでください。

女性らしいアイテムからのぞく指のムダ毛は、想像以上にオジさんっぽい印象を与えてしまいます。女子力の高いアイテムだからこそ、油断は大敵!

サロンorクリニック?脱毛方法も検討すべき!

脱毛、除毛、と聞けば、自宅のバスルームで…とお考えの方も多いでしょう。カミソリや毛抜き、除毛クリームなどなど、店頭には自宅ケア用のアイテムが数多く並んでいます。しかし、自宅ケアで懸念される肌トラブルに目を瞑るわけにはいきません。

ツルすべ肌を目指して行ったケアが、新たなコンプレックスの原因になってしまう事態はなんとしても避けるべきでしょう。悩みのない美肌を叶えるためにも、ぜひ専門家の力を借りてください。

「サロンとクリニックがあるけど、どちらを選ぶべきなの!?」という方へ!この2つは、使用している脱毛機材に違いがあります。クリニックは出力の強いレーザー脱毛か、電気で1本1本の毛乳頭を壊していくニードル脱毛が主流。

比較して出力の弱いフラッシュ脱毛を行うサロンよりも、パワフルな脱毛効果が望めるでしょう。しかしその分、脱毛にかかる費用は割高になってしまいます。

つまり…

  • 完全に脱毛したいなら医療脱毛
  • リーズナブルに済ませたいなら脱毛サロン

上記のように選べば、失敗は少ないはずです。

また、しばしば耳にする“永久脱毛”は医療行為にあたります。つまり、医療機関であるクリニックでないと受ける事ができません。パワフルな脱毛効果を求めるのであれば、やはりクリニックがオススメです。

ただし!サロンで脱毛したとしても、ムダ毛がかなり薄くなることは事実です。ご自身のムダ毛の状態とお財布事情をよく見極めて、納得のいく選択をしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

家庭用脱毛器ケノンは楽天の週間脱毛器ランキングで堂々の1位!

よりリーズナブルに脱毛をしたいなら家庭用脱毛器にも注目 >>ケノンの公式ページは …

自己流だとムダ毛処理に失敗する可能性が…どんなミスが多い?

自己処理でムダ毛ケアをするのは危険!やってしまいがちな失敗例を紹介します。 ムダ …

ローラのCMといえば!エピレの脱毛サロン

エステ脱毛で本格脱毛宣言! 天真爛漫で明るいキャラクターが魅力のローラがイメージ …

ゲンメツされたくない!急なデートのお誘いがきた時の正しいムダ毛処理方法

アンダーヘアはどう処理する?ドン引きされないムダ毛対策 普段はきっちりお手入れし …

肌の乾燥が酷くなったならムダ毛処理の影響を疑ってみよう

肌が乾燥気味の人はムダ毛処理方法に注意!間違った方法を続けると乾燥肌悪化の可能性 …

若いうちからチェックしておきたい!肌の老化防止について

紫外線はとても危険!ムダ毛処理が肌の老化に繋がってしまうことも…。 年を取って肌 …

ひじは絶対ついちゃダメ!刺激による角質化が黒ずみの原因です

やわらかいスクラブ剤を手作りしてケアしましょう 自分では見えないパーツだけにケア …

原因はアポクリン腺からの汗にあった!バスト周辺のにおいを治療するには脱毛がベスト

ワキガとメカニズムは一緒なんです きちんとわきの汗をケアしているはずなのに上半身 …

Dレジーナ エピプレミアムで簡単手軽にムダ毛処理

今までにムダ毛処理で大変な思いをしてきた人必見!除毛クリームの概念を変えるDレジ …

読モや芸能人が多く通うサロンはどこ?その特徴とは

読モや芸能人から選ばれている脱毛サロンについて 出典:キレイモHP 脱毛サロンを …