美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

医療脱毛が皮膚の色素沈着や発疹に繋がることがある?

皮膚トラブルが発生しやすい人が医療脱毛をする際の注意点などをご紹介します。
8e59eb4aa29ce1b551b409bed0416068_s
医療レーザー脱毛する際に、肌トラブルが気になっているという方も多いのではないでしょうか。特に普段から肌トラブルが発生しやすい方の場合、ムダ毛をケアしてつるつるの肌をつくりたいけれど逆に肌がボロボロになったらどうしよう…と不安に思うかもしれません。

例えば、普段から肌トラブルの跡が色素沈着として残りやすい方や肌へのちょっとした刺激で発疹ができる方などはかなり心配ですよね。そこで、皮膚が弱く、色素沈着や発疹ができやすい方でも医療脱毛ができるのかどうかについてご紹介しましょう。

色素沈着ができやすい方の脱毛について

色素沈着というのは、ニキビや怪我などをした際にその部分にメラニン色素というものが集中し、跡として残る状態です。日焼けをした際にも皮膚が黒くなりますが、通常は秋ころになると徐々に皮膚の色は元に戻りますよね。

しかし、色素沈着をしてしまうとなかなか元の状態に戻らずに残るのです。ごくまれに医療脱毛をした際の刺激が原因で色素沈着が発生するケースがあります。

特に高い出力でレーザーを照射した場合に色素沈着が発生する可能性が高まるため、評価の良いクリニックを選択するということも重要です。

また、普段からカミソリや毛抜きでムダ毛処理をしている方の場合、その刺激が原因で色素沈着する場合もあります。そういった部位は他の部位の皮膚と比べて黒くなっているわけですが、このような状態だと医療脱毛が受けられない可能性があります。

医療脱毛ではムダ毛に含まれているメラニン色素に反応する光を扱っているため、色素沈着してしまう事があるのです。ただ、クリニックによってはレーザーの照射レベルを下げるなどの方法で色素沈着している肌の脱毛に対応しているところもあるので、相談してみるのがおすすめです。

それから、医療脱毛で取り入れられているレーザーはシミの除去にも使われるレーザーであるため、脱毛しながら色素沈着の改善を期待することもできます。これはその医療脱毛でどのような種類のレーザーを使うかによっても期待できる効果が違ってくるため、クリニックに相談してみましょう。

発疹ができやすい方の脱毛について

発疹ができやすい体質の方は医療脱毛の刺激が原因で発疹が発生する可能性が考えられます。ですが、脱毛後に発疹が出るというケースは珍しくないのです。

蕁麻疹のような形で出ることもあれば、小さなポツポツが出ることもあります。この大きな原因は肌がレーザーの刺激に負けてしまったということ。そのため、強い出力のレーザーを使った場合に発生しやすくなります。

自宅で自分でできる家庭用脱毛器の出力を上げすぎて発疹が出てしまったという方も多いため、肌トラブルが心配な方はクリニックで相談をしながら脱毛をしましょう。

優良なクリニックであればよく肌の状態を確認しながらレーザーを照射してくれるため、発疹ができるリスクは低くなります。

色素沈着が発生しやすい方も発疹ができやすい方もクリニック選びが重要であるため、口コミ情報などもよく確認しながら評価が良いところを探してみるのがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

乳輪の無駄毛とサヨナラするならメディオスターNeXT導入したレヴィーガクリニックへ

どうしてこんなところに太い無駄毛が・・・乳輪に生えた無駄毛は次世代医療脱毛マシン …

世界の脱毛の歴史・紀元前の脱毛方法

紀元前の女性も脱毛していたの? 現代日本で女子のムダ毛の処理は当たり前のマナー・ …

脱毛サロンはどこで比べるべき?

脱毛サロンを違った角度から見てみよう 店舗数が多い脱毛サロンはどこ? 1位:ミュ …

原因はアポクリン腺からの汗にあった!バスト周辺のにおいを治療するには脱毛がベスト

ワキガとメカニズムは一緒なんです きちんとわきの汗をケアしているはずなのに上半身 …

ひじは絶対ついちゃダメ!刺激による角質化が黒ずみの原因です

やわらかいスクラブ剤を手作りしてケアしましょう 自分では見えないパーツだけにケア …

エタラビ営業禁止に学ぶ!脱毛サロン選びでは、こんな広告表現には気をつけろ

大手だからって安心はできない!?エターナルラビリンスの業務停止命令についてと、脱 …

ガサツ女子だと思われるNG行動3選

こんな人はガサツだと思われてる。言葉づかい・エチケット・ムダ毛の未処理 男女平等 …

【保存版】今年の水着はどうする?安くてかわいいのにコンプレックスもカバーしてくれる水着の選び方!

安い!カワイイ!体型カバー!の3つを妥協しない、水着選びのポイントを紹介します。 …

脱毛中の人こそ、夏の保湿が大切な理由とは?

ベタつかない夏の保湿対策を伝授! 日焼けは軽いやけどをしている状態です。角質層が …

海外でのハイジニーナ処理事情とは?国別に調査

日本は衛生後進国?世界の常識とギャップあり ハイジニーナ処理というのは、VIOラ …