美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

クリスマス・忘新年会のこの季節、ボディケアは十分にできてる?

ワキ、二の腕、うなじ、背中のケア不足が見られているかも!?

いよいよ今年も終わりですね。年末年始はクリスマス、忘年会、新年会と華やかな衣装を着ることが最も多い時期なのでムダ毛やたるんだお肉には注意したいところです。ドレスアップした時に注意したいボディケアについてまとめました。

ワンピースの袖からにょっきり

ノースリーブや半袖、袖口が大きく開いたワンピースを着る時に欠かせないのがワキのお手入れ。半袖だと多少チクチクしててもバレないようにも思いますが、意外と隙間から見えているものです。メイクも髪型もバッチリ決めているのに、袖からにょきっとムダ毛が見えていたら残念女子の烙印を押されてしまうかも!?

たるんだ二の腕

二の腕のたるみはオバサン判定をされやすい部位です。男性の意見としては細い二の腕より程よくお肉がついてふにっとした二の腕の方が良いらしいですが、皮膚がたるんでいるのはNG!腕が出るようなデザインの服を着るのなら、二の腕のケアもしておきましょう。

二の腕は普段あまり筋肉を使わない部位ということもあり、少しマッサージや筋トレをするだけで引き締まりやすい部位とも言われています。そのため、クリスマス・忘新年会の前にしっかりマッサージや筋トレを取り入れ、引き締まった二の腕を目指してみましょう。

二の腕の皮膚がボツボツしているのも女子力ダウンに繋がります。バスタイムにボディソープをしっかり泡立てて丁寧に洗ったり、保湿をするなどして対策を取るのがおすすめです。二の腕のたるみやボツボツは一日では治せないので、早めにケアに取り組みましょう。

夜会巻きをした時にうなじのムダ毛

髪をアップにすると華やかさが出るだけでなく、うなじでセクシーさもアピールできます。女性らしいヘアスタイルなので、ドレスアップする時は夜会巻きを選ぶ女性も多いのではないでしょうか?ただ、うなじから背中にかけての毛質が濃いとセクシーとはかけ離れてしまいます。うなじは男性から意外と見られている部位なので夜会巻きなどでアップにする場合は事前にケアしておきたい部位です。

背中が大きく開いたドレスを着る時の背中のムダ毛

うなじのムダ毛と同じく気を付けたいのが、背中が大きく開いたドレスを着る時の背中のムダ毛です。産毛程度なら遠目に見ている分には目立ちませんが、近くで見るとけっこうはっきり見えるし、背中を触ると産毛がふわっと手に触れてお手入れしていないのがバレバレです。また、背中のムダ毛が濃い場合はうなじまで濃いケースが多いので、背中の開いたドレスで夜会巻きをする時は背中から産毛までしっかりケアしておかないといけません。

腕も足も注意しておきたい乾燥肌

人から見られる可能性のある部位はしっかりムダ毛対策をしておくのがおすすめ。それに加えて、乾燥肌対策も取り入れてみましょう。ムダ毛のないキレイな肌だったとしても肌がカサカサ乾燥していたら魅力は半減してしまいます。特に冬は空気が乾燥しやすく、肌の状態が悪化しやすい季節です。

お風呂に入る際は熱いお湯を避けるのがポイント。お湯の温度が高いと肌を乾燥から守ってくれている皮脂が必要以上に落ちてしまい、乾燥肌に繋がりやすくなります。また、ナイロンタオルで肌をゴシゴシこするとこれも皮脂を落とし過ぎる原因になるので、乾燥が気になる部位はナイロンタオルではなく手を使って洗いましょう。お風呂上りはクリームを塗って対策を取る方も多いのですが、その前に化粧水でしっかり保水をして肌を乾燥から守りましょう。

グロスではごまかせないガサガサ唇

肌と同じく、冬に乾燥しがちなのが唇です。ガサガサの唇ではいくらグロスをたっぷり塗ったとしてもバレてしまいます。特に顔は視線が集中しやすいパーツでもあるので、冬もツヤツヤの唇を目指したいですよね。唇の乾燥対策の基本はリップクリームです。ただ、リップクリームも合うものと合わないものがあるので、自分の場合はどの商品が合うのかいろいろ試してみてくださいね。

普段から乾燥した唇を舐める癖がついていると状態が悪化しやすいので気をつけましょう。保湿効果のある唇用美容液などもあるので、そういったものも活用しながら唇を乾燥から守ることが大切です。冬場はマスクをつける方もいますが、唇にマスクが擦れるとその刺激が原因で唇の状態が悪化することも…。肌に優しい素材で作られたマスクを選択するのがおすすめです。

唇は肌に比べて新陳代謝機能であるターンオーバーが非常に短いため、しっかりケアをしてあげればほんの1週間程度で生まれ変わります。「もうすぐ大切なイベントがあるのに唇がガサガサ…」と焦っている方も対策を取ってみましょう。

年末年始に向けて今からできるケアを!

どうでしょうか?普段からお手入れに抜かりがないと言う方もいれば、盲点だったという方もいるのではないかと思います。ワキ、うなじ、背中のムダ毛に関しては自己処理よりサロンでプロに処理してもらうのがおすすめです。特にうなじや背中は自分で処理すると剃り残しができてかえって汚くなってしまうこともあるので、直前に慌てるより普段からキレイにしておく方が良い部位です。

二の腕のたるみはマッサージやスキンケアで改善できるので、今からケアを始めれば十分間に合います。年末年始に向けてキレイ度をアップしていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

サロンも倒産する時代…でも月額制なら安心!料金制度で選ぶ脱毛サロン倒産対策

万が一の倒産でも安心できる月額制と便利な回数制のメリットとデメリット 大手脱毛サ …

わき毛を生やして染める?新しすぎるポップカルチャーわき毛カラーとは?

欧米でわき毛カラー女子増殖中? 出典:BRIGITTE わき毛といえば、言ってし …

内出血ができる原因とムダ毛処理時の注意点について

間違ったムダ毛処理が内出血に繋がることも… 内出血が起きてしまうと触れた時に痛み …

海外でのハイジニーナ処理事情とは?国別に調査

日本は衛生後進国?世界の常識とギャップあり ハイジニーナ処理というのは、VIOラ …

婚活前にしておきたい自分磨きの5カ条

婚活には家事スキル・ポジティブさ・細部への美意識が必要不可欠 結婚のための活動、 …

痴漢防止用すね毛タイツはムダ毛にドン引きする男性心理を利用したグッズ

ジョリジョリすね毛は男性にドン引きされてる! 今ネット上で話題になっている『すね …

卵を食べ過ぎると体毛が濃くなる!?気になるウワサの真相を調査!

男性ホルモンを増やす卵の食べ過ぎがムダ毛を濃くする 多くの女性にとってムダ毛処理 …

つるすべ素肌を手に入れてヴィクトリアズ・シークレットのランジェリーを履きこなしたい

ランジェリーの似合うボディを手に入れるためには? 女性ならば素敵な下着をかっこよ …

アンダーヘアは自分でデザインする時代

自分の好みのシェイプや長さでアンダーヘアをデザインできるようなお役立ちアイテムが …

除毛パフ ケナッシーとは?効果やメリット・デメリットを紹介!

除毛パフ ケナッシーは本当に効果があるの? 家庭でのムダ毛処理と言えばカミソリや …