美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

ダイエットしてできる傷跡って?肉割れや脂肪吸引痕の対策!

せっかく痩せたのに傷痕が残るのはつらい…美肌を目指すには?

運動や食事制限、脂肪吸引やストレッチなど、さまざまなダイエット方法がありますが、ダイエットという行為の目的はキレイになることですよね。せっかくダイエットに成功して理想のスタイルを手に入れても、傷跡がついてしまったりしたら台無しです。とくに夏で暑く、肌を露出する季節だと自信を失ってしまったりしてしまいます。

せっかく手に入れたスタイルに自信を持つためにも、お肌のケアは欠かせません。ケースごとにきちんと対策をして素敵な美ボディを目指しましょう!

ダイエットの大敵肉割れ!対策方法とは?

肉割れは「ストレッチマーク」とも呼ばれる体型が急激に変化したときにおこる現象で、肌に避けたような亀裂が入ります。皮膚は一番上の表皮の部分は柔らかく伸縮性があるのですが、その下の真皮・皮下組織は柔軟性がないため急激な皮膚の伸びや縮みに耐え切れず避けてしまします。

ダイエットだけじゃない?肉割れが起きる原因とは

肉割れはダイエット以外にもさまざまな原因でできてしまいます。

  • ダイエット
  • 急な太り
  • 妊娠
  • 成長期

など、肉割れは急激な体型の変化によって起こりますが、妊娠線や肉割れという言葉があるように妊娠やダイエットや体重増加によるものが多いです。

また、肌が乾燥してしまったり、血の巡りが悪くなってしまうと皮膚が硬くなってしまい肉割れができやすくなってしまいます。長時間座りっぱなしの方やあまり日頃運動しない方は気をつけたいですね。

まずは予防!美肌を守るためには

基本的には肉割れはできてしまうと自然に治ることはありません。そのため事前に予防しておくことが大切です。

保湿

肉割れ対策以外でも言えることですが、お肌のケアで何よりも大切のなのは「保湿」です。お肌は乾燥と皮膚が硬くなり肉割れしやすくなるだけではなく、シミができてしまったり荒れたりしてしまいます。しっかりとボディクリームやオイルを使い、潤いを保ってツヤ肌を手に入れましょう。

血行促進

血行が悪くなっても皮膚はかたくなってしまうので、血流を良くしておくことも重要です。運動不足や冷えなどは血液の流れを悪くするので、適度に運動をし代謝をあげ、体のメンテナンスをしましょう。お風呂後に保湿を兼ねてクリームなどでマッサージをすれば、ダイエットにもなり一石二鳥です。

できてしまうと治らない?

基本的に真皮・皮下組織は自己治癒ができないので、肉割れはできてしまうと完全に消すのは難しいです。しかし、真皮に効果があるクリームや病院でのレーザー治療で薄く目立たなくさせることは可能です。肉割れは時間がたてばたつほど治りにくくなるので、気づいたらすぐ対策を取るようにしましょう。

クリームなどでのケアは病院に比べて費用がかからない分効果も違うので、なるべく肉割れ後、アフターケア用の目的に沿ったものを選ぶようにしましょう。

あこがれの脂肪吸引!傷痕ってのこる?

一番てっとり早く理想の体型を手に入れることができるのが脂肪吸引。美容整形手術なのでそれなりに費用はかかりますが、確実に脂肪を取り除けるので挑戦している人も多いです。

美容手術だから痕は残らない?

美容整形は近年めまぐるしく技術が発展しており、芸能人などでも整形と言われないと全く気付かないことが多いですよね。そういったイメージがあり脂肪吸引も痕は残らないと思っている方もいますが、残念ながら皮膚にメスを入れる外科手術の場合は多少なりとも跡は残ります。

しかし、きちんと医師の指導に沿ったアフターケアをしていれば実際にはほとんど目立たないレベルまで直すことはできるので、普段の生活でも気にせず過ごすことができます。

手術だからこそのリスク

手術である以上、脂肪吸引にもリスクは伴います。多くはないですが感染症による死亡事例もありますし、場合によっては内臓が傷つけられてしまうこともあります。美容整形だからと甘く見ず、どんな手術でも覚悟をもって臨みましょう。

できるだけ技術の高い、リスク管理をきちんとしている医師や病院を選び、持病やアレルギーなどを持っている場合は無理に手術を受けず、自分にできるダイエットを行いましょう。

傷痕をきれいに消そうとして自己流でケアしてはいけません。術後は肌が弱まっていたり、自己治癒力が働いたりしているため、通常のケガとは異なります。担当医の指導に従ってケアしましょう。

万一傷痕が残ってしまった場合は、手術での傷痕修正がおススメです。レーザーなどで対応してくれる場合もありますが、ほぼ目立たなくしたい場合は手術が確実です。新しく皮膚を縫うので傷は伸びますが、半年以上もすればほぼ目立たなくなり薄い線程度になります。

ダイエットにはさまざまな方法があり、またそれに付随してさまざまなリスクもあります。すべてのケースで重要なのはアフターケアです。太ってきたな、痩せたいな、妊娠してしまったというときは前もって肌を加湿ケアしておき、脂肪吸引する場合は信頼できる医師を探しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

生理とダイエットの関係を活かして、かしこく痩せよう!

女性には、ダイエットを頑張っても無駄な時期がある!?生理周期とダイエットの関係を …

空腹に負けないために食欲をコントロールしてダイエット成功?!

低カロリーのものを食べるのはOK!美容にいいものも! ダイエットの敵は「食欲」で …

有酸素運動と無酸素運動を組み合わせた最高のプログラム、ビリーズブートキャンプの魅力とは?!

今日からあなたもキャンプの隊員!激しい動きで脂肪を燃やせ! ダイエットに興味があ …

ダイエット効果が高いL-カルニチン。サプリ以外にはどうやって摂取する?

L-カルニチンがダイエットに役立つ!豊富な食材とは? L-カルニチンといえば脂肪 …

睡眠不足は太りやすいって本当?対策は?

睡眠不足は健康に良くないのはもちろんのこと、ダイエットの敵でもあります。 日常生 …

インナーマッスルを鍛えて痩せ体質に!四股踏みダイエットがオススメ

お相撲さんのマネをするだけでダイエットできる!四股踏みダイエットについてご紹介し …

激太りから超スリムに!食べて痩せる倖田來未ダイエットとは?!

食べないダイエットはもう古い!しっかり食べてスリムボディに 食事や運動など我慢し …

AYA先生監修のBBB(トリプルビー)!話題の女性専用サプリで美ボディに早変わり!?

AYA先生監修のBBB(トリプルビー)、女性専用HMBサプリの効果をチェック! …

日頃の姿勢が全ての原因!背中合掌エクササイズですっきりさせよう

毎日簡単にできる背中合掌エクササイズで、姿勢を改善してダイエット効果をアップさせ …

グリーンスムージーで糖質制限ダイエットできる?どんなことに気をつければいい?

グリーンスムージーと糖質制限ダイエットを並行して行う上での問題点と、その改善方法 …