美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

食欲の秋だからこそ!自分の理想体重を知っておこう!

意外と知られていない理想体重や美容体重についてしっておきましょう。
b008580fc0413b0a58c75ff94d2cd25d_s
ダイエットをしようと思う場合に、どのぐらいの体重を目安にしたらいいのか疑問に思ったことはありませんか?そんな人のために、理想体重の基準とその体重を目指すポイントをご紹介します。

医学的な面から見た体重が理想体重

理想体重というのは、実は日本肥満学会というところから発表されているれっきとした数値です。医学的なポイントから見て、身長に対する理想的な体重のことを指しています。注目したいのは、身長を基準に計算されているということです。なので、身長を考えずにむやみに痩せて体重を落とすのはちょっと間違っていると考えましょう。

この理想体重は、健康的な面が重視されていて糖尿病や高血圧などの病気によって死亡するリスクが低い体重と言われています。

理想体重のポイントになるのがBMIという数値です。BMIは肥満度を表す数値のことで、計算式は体重(kg)÷身長(m)です。このBMIの数値が22になると、理想体重と言われています。

BMIの数値ではなく、ダイレクトに自分の理想体重を導き出す計算式は、身長( m)×身長(m)×22です。

美容体重やモデル体重も存在する

自分の理想体重を計算してみて、さらにダイエットをしたいという人は美容体重やモデル体重といったものも知っておくと目安になります。美容体重は先に紹介したBMIを18.5で計算したものになり、見た目も細身なイメージです。

さらにモデル体型という体重の計算方になると、身長(cm)-110(cm)×0.9になります。この体重は明らかに細いので、健康上も少し心配になるぐらいの体重です。

体重に振り回されないこと

理想体重を目指す場合に、こう言った身長を基準にした計算式で出てきた数値だけに惑わされないことも大切。なぜなら、この数字には筋肉量や体脂肪量が含まれていません。同じ体重の人でも、筋肉量が多ければ引き締まって見えるのがいい例ですよね。

自分の年齢や性別、さらに体脂肪率なども考えて理想体重を目指すようにしましょう。

理想体重に近づくためのポイントとは?

急に意気込んでダイエットを始めても長くは続きません。お水を意識的に飲むようにしたり、空いた時間にストレッチをしたり、歩く距離を増やしてみたり。できることを継続することが一番のポイントと言えるでしょう。

今人気の糖質制限も、無理のない程度に取り入れてみたりするのもいいでしょう。何よりも続けられることが一番なんです。

自分の理想体重を知って、その体重に近づく努力は大切です。しかし体重にこだわりすぎるのではなく、目安として考えて全体的なバランスのいい体作りを目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
    follow us in feedly

  関連記事

脳の唯一のエネルギー源「炭水化物」を過不足なく摂取しよう

自分の運動量に合わせて摂取量、タイミングを最適化! 「低炭水化物ダイエット」でダ …

1週間で-5kg以上?!夏までにしておきたいダイエットは脂肪燃焼スープで!

食べながら健康的にやせられるからストレスが少ない! ダイエット中でもおなかがすく …

腸が健康だと全てがうまくいく!腸もみダイエットのススメ

腸が人間の体の健康を担っているといってもいいぐらい大切な器官だってこと知っていま …

カッピングで血行促進!お肌にも健康にもいいことづくめ

カッピングとは?その効果とは? 出典:joshi-spa.jp カッピングは吸玉 …

二重あご地獄から最短距離で脱出!3つの短期間エクササイズ

二重あごの原因はたるみ!今すぐできる簡単エクササイズで、シャープなフェイスライン …

注目のスポーツ「ボルダリング」はしなやかな体を作るエクササイズにピッタリ!

年齢に関係なく始められるボルダリングで楽しみながら筋力アップ&ダイエット! テレ …

アナボリック状態をうまく利用して、効率よくきれいにダイエットしよう

運動と食事を見直すことで理想的な美しいボディを手に入れる! ダイエットというと、 …

ダイエットのための遺伝子検査?簡単キットで自分のタイプを知って効率よくダイエットしよう

検査結果であなたにあったダイエット方法がわかります どんなにダイエットをがんばっ …

冷えはデブの元?体を温める食べ物を積極的に摂りたいその理由

体を温める食べ物を意識して摂取することで、美容と健康に大きな効果が期待できます。 …

ダイエット効果が高いL-カルニチン。サプリ以外にはどうやって摂取する?

L-カルニチンがダイエットに役立つ!豊富な食材とは? L-カルニチンといえば脂肪 …