美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

食欲の秋だからこそ!自分の理想体重を知っておこう!

意外と知られていない理想体重や美容体重についてしっておきましょう。
b008580fc0413b0a58c75ff94d2cd25d_s
ダイエットをしようと思う場合に、どのぐらいの体重を目安にしたらいいのか疑問に思ったことはありませんか?そんな人のために、理想体重の基準とその体重を目指すポイントをご紹介します。

医学的な面から見た体重が理想体重

理想体重というのは、実は日本肥満学会というところから発表されているれっきとした数値です。医学的なポイントから見て、身長に対する理想的な体重のことを指しています。注目したいのは、身長を基準に計算されているということです。なので、身長を考えずにむやみに痩せて体重を落とすのはちょっと間違っていると考えましょう。

この理想体重は、健康的な面が重視されていて糖尿病や高血圧などの病気によって死亡するリスクが低い体重と言われています。

理想体重のポイントになるのがBMIという数値です。BMIは肥満度を表す数値のことで、計算式は体重(kg)÷身長(m)です。このBMIの数値が22になると、理想体重と言われています。

BMIの数値ではなく、ダイレクトに自分の理想体重を導き出す計算式は、身長( m)×身長(m)×22です。

美容体重やモデル体重も存在する

自分の理想体重を計算してみて、さらにダイエットをしたいという人は美容体重やモデル体重といったものも知っておくと目安になります。美容体重は先に紹介したBMIを18.5で計算したものになり、見た目も細身なイメージです。

さらにモデル体型という体重の計算方になると、身長(cm)-110(cm)×0.9になります。この体重は明らかに細いので、健康上も少し心配になるぐらいの体重です。

体重に振り回されないこと

理想体重を目指す場合に、こう言った身長を基準にした計算式で出てきた数値だけに惑わされないことも大切。なぜなら、この数字には筋肉量や体脂肪量が含まれていません。同じ体重の人でも、筋肉量が多ければ引き締まって見えるのがいい例ですよね。

自分の年齢や性別、さらに体脂肪率なども考えて理想体重を目指すようにしましょう。

理想体重に近づくためのポイントとは?

急に意気込んでダイエットを始めても長くは続きません。お水を意識的に飲むようにしたり、空いた時間にストレッチをしたり、歩く距離を増やしてみたり。できることを継続することが一番のポイントと言えるでしょう。

今人気の糖質制限も、無理のない程度に取り入れてみたりするのもいいでしょう。何よりも続けられることが一番なんです。

自分の理想体重を知って、その体重に近づく努力は大切です。しかし体重にこだわりすぎるのではなく、目安として考えて全体的なバランスのいい体作りを目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ミニスカ履くならしっかりケア!膝上のたるみをすっきりさせよう

足を出す時になる膝上のたるみを今からしっかり解消する方法を調べてみました。 ミニ …

二の腕ダイエットやバストアップに効果的!かわいいペンギン運動をチェック

韓国で話題になっているペンギン運動についてご紹介します。 ペンギン運動とは、韓国 …

単品ダイエット、〇〇だけダイエットのここが危険!

もしトライするなら短期間、もしくは1日1回置き換えで! 単品ダイエットとは、基本 …

朝カレーダイエットの効果的な食べ方とは?美味しく&ヘルシーに減量!

カレーのスパイスが代謝力を高めて脂肪燃焼を効果的に促進 お店で食べても、家で作っ …

間食のしすぎで悩んでいるならナッツを取り入れよう!クルミダイエットに挑戦!

おいしく食べて痩せたい!クルミダイエットとは? ナッツ類といえば高カロリーのイメ …

肌の引き締め、めぐり、産後のケア…すべておまかせ!スリミングジェル「アドール セリエ スクイーズ」

たるんだ体のケアはスピード勝負!アドールで早期対処しましょう♪ 運動や食事制限だ …

センナ茶の超強力なデトックス効果でおなかスッキリ!センナダイエット

絶大な効果だけに副作用もあり、正しいセンナダイエットを! センナダイエットは、超 …

スッキリ後姿美人!背中のぜい肉を落とす方法

どうしてお肉がついてしまうの? 簡単エクササイズでぜい肉を撃退! 自分では確認し …

余分な塩分を排出し、血圧の上昇を押さえる「カリウム」はデトックス効果大

尿や汗で失われやすいので、正しい食生活での補充が重要 「カリウム」は余分な塩分を …

ダイエットに!体型維持に!女性専用パーソナルトレーニングジムを選ぶ6つのメリット

ダイエット、部分痩せ、体型維持、ウェディング…パーソナルトレーニングだからこそで …