美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

シミやほくろがあっても顔脱毛できる?顔脱毛の疑問を調査

顔脱毛でシミやほくろが濃くなるって本当?
700a4dca95c10b17be4b82b7cc3ba18d_s

顔脱毛をすると、産毛の処理の手間がなくなるだけでなく、肌がワントーン明るくなったり、化粧ノリが良くなったりとたくさんのうれしい効果があります。

ただ、シミやほくろがある場合、脱毛の施術によって濃くなったり大きくなるといったトラブルがないかどうかが心配ですよね。

そこで、いくつかの脱毛サロンさんへ「シミやほくろがあっても顔脱毛できる?」と質問してみました。

シミやほくろがあっても顔脱毛はできる!

基本的にシミやほくろへの照射はNG

シミ取りレーザーやフォトフェイシャルといったメラニン色素に反応する光を利用してシミを取り除く美容方法があるので、脱毛でもシミには特に悪影響がない、むしろシミが薄くなると考えている方も一定数いらっしゃるのですが、そういったシミ取り効果のある光と脱毛で使用する光は周波が全く違うので直接光を照射してしまうとシミやほくろを濃くしたり、大きくしてしまいます。

中には「脱毛でシミが薄くなる」と言う方もいるようですが、これは全くの嘘なのでもしサロン側やクリニック側からそういったお話があった場合も安易に信用しないでください。(ただし、フォトフェイシャルに関してはシミ取りにも顔の産毛脱毛にも効果があります)

また、体験談として「脱毛後にシミが薄くなった」という方も少数いますが、あくまでその方には効果があったという話で誰にでも同じ効果があるわけではありません。

今回お話を聞かせてもらったいくつかの脱毛サロンでも、基本的にシミやほくろへの照射はしていないと言っていました。

シミやほくろがあると顔脱毛はできないの?

シミやほくろだけでなく、傷跡が色素沈着になっているといったケースでも、その部分へは照射をしません。

もしあやまって照射してしまった場合、シミやほくろが濃くなるだけでなく、火傷をしてしまう危険性があるからです。

施術の前にシミやほくろ、色素沈着のある部分をテープで保護してから照射となるのでシミやほくろがあっても悪影響を出さずに顔脱毛することは可能です。

ただし、広範囲に広がるそばかすの場合は濃さや範囲によってどの程度まで顔脱毛できるか変わってくるので、一度サロンや美容クリニックへ相談してみてください。

また、頬に大きく広がるシミは肝斑の可能性があるので、シミと同じように照射は避けてもらってください。

アートメイクをしている場合は?

眉やアイラインにアートメイクを施術されている女性もいると思います。アートメイクのある部分へ照射すると、痛みが強くなったり火傷の可能性が高まるだけでなく、せっかくのアートメイクが薄くなったりまだら状になってしまう可能性があります。

もしアートメイクをしている場合は、事前に知らせておきましょう。アートメイクをするなら、脱毛の施術後に行うのがおすすめです。

脱毛は希望するすべての方が受けられるというわけではなく、事前にカウンセリングを行い、問題ないと判断された方しか施術を受けることができません。

なぜ施術できない?

そもそも、なぜほくろ・しみ・あざがあると脱毛ができないケースがあるのかというと、脱毛の仕組みが関係しています。

脱毛では黒い色のみに反応する特殊なレーザーを用いるのですが、ほくろ・しみ・あざなどがあるともムダ毛だけでなく、色のついている部分にも反応してしまうのです。

ほくろは通常の肌の色に比べると、濃いですよね。しみやあざの場合も同じで、反応しなくても良い部分にレーザーが反応してしまうため、肌を大きく痛めてしまう可能性が高くなります。

例えば、ほくろがとても多い人の場合、先にほくろを取る施術が行われるケースもあります。またはほくろ・しみ・あざなどにあまり刺激を与えないよう出力を抑えて施術を行うこともあるのです。

ほくろ・しみ・あざがある部分を脱毛するには?

広範囲にしみやあざがある方の場合、他をキレイにしたとしてもそこだけムダ毛が生えた状態になってしまうとおかしいですよね。

ほくろ・しみ・あざがある場所の脱毛をしたい場合、レーザー以外の脱毛方法を検討することになるでしょう。

例えば針脱毛という方法があります。これは、とても細い針を毛穴に差し込み、そこに電流を流すことによって毛根を破壊する脱毛方法です。

レーザーなど照射するわけではないため、ほくろ・しみ・あざなどがあっても脱毛後もする事は可能ですが、とても強い痛みを伴うというのが特徴となります。

中には痛みに耐えかねて途中で他の脱毛方法に、変更したという方も多いため、痛みについては覚悟しておかなければならないでしょう。

広範囲の脱毛をするのには向かない方法ではありますが、ほくろ・しみ・あざかあるために脱毛できない箇所をピンポイントで施術するのには適しています。

また、ほくろ・しみ・あざの範囲がそれほど大きくないということであれば、そのポイントに白いシールなどを張り、レーザーが当たらないようにして施術を行うことも可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

【保存版】自分の顔が好きになる!顔脱毛の美肌効果とその理由を大調査!

顔脱毛は手足やVIOに次いで人気のある脱毛部位となってきている注目の部位です。顔 …

額脱毛ってどういうもの…?頬や額、顔脱毛はうれしい効果だらけ!

額や頬の脱毛で素肌美人に!顔脱毛で堂々と額や頬を出そう 額を出すとセクシーにみえ …

顔脱毛にはシミを薄くする効果がある?逆にシミになる心配は?

顔脱毛をするとシミができる?今あるシミは薄くできる?そんな悩みを解決! 肌トラブ …

もみあげ脱毛で横顔美人に!うれしい効果とおススメサロン

もみあげ脱毛で顔の印象が変わるって知ってた? 顔脱毛には肌色を明るく見せてくれた …