美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

医療脱毛はメリットばかりだけどデメリットはある?契約前に確認!

医療脱毛のデメリットを紹介!肌トラブルについても確認

医療脱毛はエステサロンで行われている脱毛に比べると高い出力の脱毛機を使っているため効果が大きいというメリットがあります。痛みに不安がある場合は麻酔を使用できたり、皮膚の専門家である医師のもとで脱毛ができるのは大きな魅力ですよね。

しかし、医療脱毛にもデメリットがあります。自分に向いているのはクリニックなのかエステサロンなのかを判断するためにも医療脱毛のデメリットについてもチェックしておきましょう。

医療脱毛のデメリットは?

産毛の脱毛に向いていない

医療レーザー脱毛ではムダ毛の中に含まれているメラニンと呼ばれる黒い色素に働きかけるレーザーを使用しています。そのため、メラニンの少ない産毛や白髪に対する効果は高いとはいえません。
このあたりはクリニックで使用している脱毛機によっても違いが大きいのでよく確認しておきましょう。

肌に与える刺激が強い

エステサロンとクリニックの最も大きな違いともいえるのが使用している脱毛機の出力の違いです。クリニックではエステサロンよりも出力の強い脱毛機を使っているのですが、その分肌への刺激が強いといえるでしょう。

これは肌が感じる痛みが強くなるということでもあります。痛みに耐えられない場合は麻酔も使用できるのですが、麻酔を使用する場合は別料金が発生するので注意しておかなければなりません。

極端に肌が弱い方の場合、クリニックで施術を受けると肌にとって負担をかける形になる場合があります。ただ、クリニックには専門的な知識を持った医師がいるので細心の注意を払ってくれますし、何らかのトラブルが発生した場合にはすぐに対処してもらえます。

日焼けしている肌だと施術ができない

クリーニングで使用しているレーザー脱毛機は黒い色素に反応するシステムによってムダ毛を攻撃しています。しかし、日焼けをしているなどの理由で肌が黒いと肌全体にレーザーが働いてしまい、火傷のリスクが高くなるのです。

こういった理由から多くのクリニックでは日焼けしている方の施術は断られます。日焼けだけでなく、ホクロのある部分やシミ、アザの周りは施術できないケースがあるのです。
それから、料金に関するデメリットについてもチェックしてみましょう。

クリニックは料金が高い?

クリニックよりもエステサロンの方が安いからエステでの脱毛を選択したという方もいるようです。ですが、ほんとにクリニックは料金が高いのでしょうか。

医療機関で行う脱毛といっても自由診療の扱いになるため、保険が適用されません。この点はエステサロンも同じですね。
しかし、だからといって必ずしもクリニックの方が高いとは限りません。近年はクリニック脱毛の価格競争も進んでおり、部位によってはエステサロンよりも安く脱毛できるところもあるのです。

また、エステサロンでは抑毛・除毛はできますが脱毛はできません。そのため、毛が再生する可能性はゼロではないのです。

エステサロンでも極端に料金が安いわけではないので、高い費用を支払ったのに毛が再生してしまったということになると大変ですよね。高い費用を支払うのだからこそ効果が高く信頼できる医療機関で脱毛をしたいという理由で医療脱毛を選択する方も多いです。

考えられる肌トラブルは?

医療脱毛はサロンよりも効果の高い脱毛機を使っているため、肌トラブルのリスクもあります。例えば、次のようなトラブルが挙げられるでしょう。

毛のう炎

ニキビのような見た目の肌トラブルです。毛穴の奥には毛包という部分があるのですが、毛包が雑菌に感染することにより毛のう炎が起こります。ただ、毛のう炎はそれほど珍しい肌トラブルではありません。

医療脱毛だけでなくエステサロンでの脱毛でも発生することがあるため、脱毛全般において発生する可能性のある肌トラブルだといえるでしょう。また、脱毛以外にも肌が少し傷ついたり、ダメージを受けただけで発生することもあります。

脇や背中、ふくらはぎ、VIOなどにできやすい特徴を持っていますが、クリニックであればすぐに適切な治療を受けられるので安心ですね。

硬毛化・多毛化

脱毛をする目的といえばムダ毛が生えてこない状態にすることです。しかし、レーザー脱毛を行った際の刺激が原因でかえって毛が太くなったり、増えてしまうことがあります。

特に毛が細い部位や産毛に対してレーザーを照射するとこのような肌トラブルが発生するリスクが高まるので産毛の処理をしたいと思っている方は注意が必要です。

レーザーを照射する前よりも毛が太く濃くなることを硬毛化、毛が増えることを多毛化といいますが、なぜこういったトラブルが起きるのか原因はまだ解明されていません。しかし、熱量が弱かった場合に少量の熱が毛の細胞を活性化させるのが大きな原因ともいわれています。

ここからもわかるとおり、クリニックだけでなくエステサロンでの脱毛でも発生するリスクがある肌トラブルです。

確かに肌トラブルが発生するかもしれないデメリットはありますが、クリニックに限ったことではありません。信頼できるクリニックを選び、なにか肌トラブルなどが起きた時にはすぐに適切な対処をしてくれるところを探しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ロングパルスアレキサンドライトレーザー「Gentle LASE(ジェントルレーズ)」について知っておきたいポイント

Gentle LASEは冷却スプレーで冷却しながら脱毛可能、肌ダメージや痛みを大 …

医療脱毛のカウンセリングからアフターケアまで

カウンセリングであなたにとって最善・最適な永久脱毛を実現しましょう エステ脱毛よ …

医療ローンを利用すれば無理なく脱毛の支払いができる!特徴は?

脱毛したいけれど医療ローンとはどんなもの?誰でも利用できる? 医療脱毛を受ける際 …

「LPIR(ロング・パルス・アレキサンドライト・レーザー)」について知っておきたいポイント

日本人の肌に適したロングパルスで、広範囲の照射が可能なLPIR アレキサンドライ …

脚は医療脱毛で「剛毛女子」を卒業しよう!

安全に・キレイに・早く・確実に脚の脱毛を行いたい方は医療脱毛 ムダ毛処理の中でポ …

医療脱毛クリニックの選び方・見極め方

実績・設備面・コスト面、クリニックを選ぶならここをチェック 「永久脱毛するならや …

医療脱毛は医療費控除が受けられるから有利?

医療機関でも美容目的だと医療費控除は受けられません! 医療脱毛は医療に携わってい …

医療脱毛を選ぶ安心のポイントとは?サロンとの違いもご紹介!

医療脱毛は短期間で効果が高いのが魅力!特徴などについてご紹介します。 脱毛方法と …

コメットで美肌とムダ毛処理を同時に叶えよう!!

コメットによる脱毛とは?ムダ毛と肌荒れに悩む人におすすめ! コメットは、通常のム …

医療脱毛でも施術後は湯船はNG? 入るとどうなるの?

お風呂は一日の疲れを癒す大切な時間だから… 医療脱毛のあとも湯船はNG?その理由 …