美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

光アレルギーの人でも医療脱毛できる?注意点も紹介!

紫外線や光にアレルギーを持っている方の医療脱毛についてご紹介します。
a49ae49f9c6213b4482729ec85371d59_s
エステやクリニックで行われている脱毛方法として、特殊な光を使ったものがあります。そのため、日光にアレルギーを持っている光アレルギーの方はエステやクリニックでの脱毛ができないのでは…と不安に思っていることでしょう。

光アレルギーの方は紫外線が肌に当たるとかゆくなったり蕁麻疹が出てしまうため、そのような状態になるのならば脱毛が難しくなりますよね。

実際に光アレルギーの方は脱毛できるのでしょうか。注意点などについてご紹介します。

光アレルギーだと脱毛できない?

そもそも光アレルギーとはどのような症状なのかというと、これは「光線過敏症」と呼ばれるアレルギーです。紫外線を浴びた際に皮膚がアレルギー反応を起こし、ひどい場合は水ぶくれになることもあります。

日の光を浴びるとすぐに肌が赤くなったり熱がこもるという方は光アレルギーである可能性があるため、一度病院に相談してみましょう。

気になる光アレルギーと脱毛の関係についてですが、紫外線が原因でアレルギーを起こす方の場合、エステサロンやクリニックで行われている光脱毛・医療レーザー脱毛で使っている光には紫外線が含まれていないため問題ありません。

医療脱毛で使われている光は紫外線ではなく赤外線の波長であるため、光アレルギーの方でも大丈夫です。

しかし、注意しなければならないケースもあります。それは紫外線ではなく光自体に対してアレルギーを持っている方です。

光に対するアレルギーとは?

紫外線によるアレルギーを持っている方に比べるとかなり稀ではありますが光自体にアレルギーを持っている方もいます。そういった方の場合、紫外線が含まれるかどうかは関係なくアレルギー反応を引き起こしてしまうことがあるため注意しなければなりません。

この場合は残念ながら医療脱毛はできないのでカミソリなどの方法でムダ毛処理をするしかないでしょう。他には光を使わないニードル脱毛というものもありますが、こちらは毛穴にハリを刺し、そこに電気を流して毛根を破壊する方法ということもありかなり痛いのが欠点です。

自分が光に対するアレルギーを持っているのか紫外線に対するアレルギーを持っているのかわからないという場合は実際にクリニックでパッチテストを受けてみるのが確実だといえるでしょう。

エステサロンによっては安全性の問題から光アレルギーの可能性がある方は断られることもあるのですが、相談してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

安全性を重視するならやはり医療用脱毛が有利

医療機関だからこその機器、技術、対応が永久脱毛の安全性を約束 毛には「成長初期」 …

脱毛の種類と知っておきたい長所・短所

「レーザー脱毛」「フラッシュ脱毛」「ニードル脱毛」の違い 以前は高額なイメージが …

「APOGEE ELITE(アポジーエリート)」について知っておきたいポイント

2種類の波長を使い分け幅広い毛質に対応、冷却装置で肌にも優しい >>アポジーエリ …

痛いのだけは我慢できない!という人のための医療用脱毛・裏技

エステ脱毛より痛い?医療用脱毛の痛みを知っておこう 脱毛効果が高く、効果が出るの …

毛根にダメージはもう古い!?新説浮上!バルジ領域とはなに?

脱毛と深い関係があると考えられ始めているバルジ領域についてご紹介します。 バルジ …

医療レーザー脱毛のここが凄い!ここが強い!

レーザーの種類や出力方法で肌タイプにもきめ細かく対応 高い脱毛効果で短期間でしっ …

医療脱毛はメリットばかりだけどデメリットはある?契約前に確認!

医療脱毛のデメリットを紹介!肌トラブルについても確認 医療脱毛はエステサロンで行 …

医療脱毛を提供する「水戸中央美容形成クリニック」の特徴やポイントとは?

「水戸中央美容形成クリニック」は患者の立場で考えてくれる脱毛クリニック 今回ご紹 …

医療脱毛クリニックの選び方・見極め方

実績・設備面・コスト面、クリニックを選ぶならここをチェック 「永久脱毛するならや …

医療脱毛は医療費控除が受けられるから有利?

医療機関でも美容目的だと医療費控除は受けられません! 医療脱毛は医療に携わってい …