美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

夏の脱毛、日焼けに要注意! 効果的な日焼け対策とは?

日焼け止めはデイリーとレジャーで使い分ける!
8a29bfbacf0cf40e518be95d09afcb28_s
脱毛中の日焼けは厳禁!日焼けしてしまうと施術を受けられない可能性もあります。月額制の脱毛だとキャンセルで1回分消化されることもあり、時間もお金も無駄になってしまいます。

脱毛中は特に日焼け対策を念入りにしないといけません。そこで今回は日焼けを徹底的に予防する、正しい日焼け止めの使い方を見ていきましょう。

日焼け止めの強さを正しく理解しよう

日焼け止めを買う時にSPFやPAの数値を気にする方が多いですが、実は数値が高ければ高いほど日焼け止め効果が強力というわけではありません。まずは日焼け止めの効果について正しい知識を身に付けましょう。

・SPFとは?
SPFは「サン・プロテクション・ファクター」の略で、シミの原因となる紫外線B波をカットする効果があります。20~50+の数値で表され、SPF1につき20分間日焼けが始まる時間を伸ばすことができます。SPF20なら6時間40分は日焼けしないというわけです。

・PAとは?
PAは「プロテクショングレイド オブ UVA」の略で、コラーゲンを破壊してシワやたるみの減員になる紫外線A波をカットする効果を持っています。PAは+~++++の4段階で強さが表され、SPFとは違って+の数値が多ければ多いほど紫外線をカットする効果が高くなります。

脱毛中に重要なのはSPF

アンチエイジングではPAが重要視されますが、脱毛は日焼けで肌が黒くなることで影響が出るので重要なのはSPFです。しかし、やみくもにSPF値が高いものを選べば良いというわけではありません。次はデイリーとレジャーでどのようにSPFを使い分けるかについてご紹介します。

デイリーならSPF20程度で十分

上で書いたように、SPFは日焼けまでの時間を伸ばす効果です。買い物や洗濯物を干す時など、短時間だけ日差しを浴びる普段の生活ではSPFは20程度で十分です。また、ファンデーションやパウダーにも紫外線カット効果があるので、普段からベースメイクをしている方は特別に日焼け対策をする必要はありません。

レジャーにはSPF30以上を!

長時間日差しを浴びることになるレジャーでは、SPF30以上を選ぶようにしましょう。

「SPF50の日焼け止めを使っているから1日1回塗れば十分」と考えるのは危険です。日焼け止めは汗、皮脂、服との摩擦などで少しずつ剥がれていって紫外線カット効果が弱まっていきます。絶対に日焼けしないためには、2~3時間を目安に塗り直すようにしましょう。

また、SPF値が高い日焼け止めは肌への負担も大きくなります。できるだけデイリーとレジャーで日焼け止めを使い分けるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

脱毛サロンの契約時、どんなものが身分証明書として認められる?

脱毛サロンで契約する時は身分証を忘れずに! 脱毛サロンで契約する時には、身分証明 …

初めての脱毛エステを受ける前にチェックしておきたいこと

まずは体験!お試しを上手に活用しよう はじめて脱毛エステデビューする時って、ワク …

脱毛サロンで分割払いにした時の手数料はどうなっている?

脱毛料金を分割払いしてでも脱毛するべき? クレジットカードや自社ローンを使った『 …

【保存版】秋から脱毛を始めるメリットとその理由を徹底解説!

隠れた脱毛の季節、到来です お肌の露出が増える夏は、どうしてもムダ毛が気になるも …

脱毛サロンのメニュー「ワンショット」って何?どんな時に利用するの?

ちょっと残ったムダ毛はワンショットでツルツルに! 脱毛サロンのメニューに「ワンシ …

脱毛回数によって効果はどれだけ変わる?

ツルスベ素肌になるまでにかかる脱毛回数とは? ムダ毛が一本もなく、生えかけのムダ …

永久脱毛の定義は完全な無毛状態を指すものじゃないって知ってた?

永久脱毛をした後に毛が生えてくることもあるのはどうして? 永久脱毛は女性にとって …

全身脱毛とパーツ脱毛、どっちが有利?

女子力をあげるなら全身脱毛をおすすめ! 脱毛初心者がまず最初に「やってみよう」と …

体毛が濃くなるのは女性ホルモンのバランスが崩れているから

女性の体毛と女性ホルモンの関係とは? 面倒で手間のかかるムダ毛処理。女性は体毛を …

脱毛の種類と知っておきたい長所・短所

「レーザー脱毛」「フラッシュ脱毛」「ニードル脱毛」の違い 以前は高額なイメージが …