美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

脱毛前日の飲酒はなぜダメなの?その理由とは!

「ばれなきゃ大丈夫…」が、肌トラブルの元になる!?
596138a2ff9191296889fc40053f4e36_s
脱毛を受ける際、「施述の前日や施術後(施述の前後12時間ほど)は飲酒しないでください」と案内されることがあります。

普段お酒を飲まないタイプであれば全く問題ないと思いますが、飲酒が毎日の習慣になっている人は気になるポイントですよね。

脱毛は一回では終わりません。何度も通うことになるので、「飲まないでって言われたけど、少しなら大丈夫かな…」と、ついつい内緒で飲んでしまいそうになる事もあるかもしれません。

じつはこれ、思っている以上に危険な行為かもしれません。もしもあなたが、「ばれなきゃ大丈夫!」と考えているのであれば、要注意です。

脱毛前日の飲酒がNGな理由とは?

それでは、なぜ脱毛前日の飲酒がNGだと言われているのでしょうか? そのメカニズムについてご説明いたします。

お酒の席で、トイレが近くなってしまう事はありませんか? この現象は、アルコールが持つ利尿作用によるものです。

また、お酒が進むにつれて息使いが荒くなり、またその息にアルコールが含まれているので、上に紹介した利尿作用も相まってどんどん喉がカラカラになっていく事を実感した経験もあるはずです。

私たちがお酒を飲んでいて、自分で実感できる乾きといえば、この“喉の乾き”くらいのものですが、じつは飲酒をしている時、乾燥しているのは喉だけではありません

酔いが回ってくれば、顔や体がポーッと熱を持った感じになってくるかと思います。実際にここで発熱だ!と検温する方は少ないでしょうが、もしも体温を測ってみたとすれば、お酒が進むにつれて体温も上昇していく事がわかるはずです。すると体は当然、体温を外に逃がそうと発汗し始めるでしょう。

これに加えて、体の中では摂取したアルコールの分解も行われています。アルコール分解時には、発がん性の毒素が生じていて、その毒を体外へ排出しようとますます体は水分を消費していくのです。

このように、飲酒は様々な方向から私たちの水分を奪います。すると、当たり前ですが脱毛を受ける予定のお肌も乾燥を引き起こしてしまいます。

美容に敏感な女性であれば、乾燥が様々な肌トラブルの原因となっている事をご存知でしょう。

脱毛自体、お肌にダメージを与えてしまう行為です。そんな脱毛に、わざわざ乾燥というコンディションの悪いお肌で挑んだ場合、思わぬトラブルが起こされてしまうリスクは高くなるのです。

また、アルコール摂取によって起こる体温の上昇も脱毛には適しません。いつもよりも痛みを強く感じる、脱毛後に炎症を起こすリスクを高めるなど、お肌にマイナスな事ばかりです。

つまり、なぜ脱毛前日の飲酒がNGなのかというと、
①アルコール摂取による脱水、お肌の乾燥
②アルコール摂取による体温の上昇
この二つがその理由になるというわけです。

脱毛前日だけではなく、脱毛後も禁酒です!

脱毛前日はお酒を飲んではいけない、というルールを知っている方は多いですが、脱毛が終わると気が抜けて飲酒をスタートさせてしまう方も多いでしょう。

勘違いしてはいけないのは、脱毛した後も飲酒をするべきではないというポイントです。

飲酒と脱毛の関係は上記で説明しましたが、脱毛のダメージを受けてからそれほど時間の経っていないお肌も、アルコール摂取による悪影響を受けやすい状態である事を理解しておきましょう。特に、上記にある“アルコール摂取による体温上昇”は、赤みや腫れ、痛みの発生を促してしまう恐れがあります。

ご自身のために、またマナーを守るために…

脱毛は安全だと言われていますが、それでもやはり、お肌にダメージを与えている事に変わりはありません。また、脱毛の痛みを最小限に抑えたいと感じている方は多いはずです。

さらに、自覚はなくとも脱毛サロンにお酒臭い利用者が来た際に、不快な思いをする方やスタッフがいないとも限りません。ご自身のお肌のためにも、またサロンの利用者としてのマナー面でも、脱毛の前後はお酒を飲まないように気をつけて下さい。

飲酒が毎日の習慣になっている方にとっては少し大変かもしれませんが、禁酒がすすめられている期間は1日から2日程度です。「少しならいいか…」と考えず、万全のコンディションを整えて脱毛に挑んでください。

「少しならいいか!」と、脱毛前日の飲酒をスタートさせてしまう方は、ぜひ一度冷静に考えてみてください。

お酒を飲み始めて、少しの量で本当にストップできるでしょうか?
時間の制限を必ず守れる自信はありますか?

もしも歯止めが効かなくなって、せっかく予約した脱毛に行きそびれてしまったとしたら…、サロンやクリニックによってはキャンセル料が発生してしまうこともあるでしょう。

脱毛前の飲酒は、「バレなきゃ大丈夫!」という問題ではありません。施術してくれるスタッフの方のためにも、案内や指導された内容はきちんと守るようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

脱毛サロンの「ドクターサポート」って具体的には何をしてくれるの?

安心して通える脱毛サロンなら「ドクターサポート」付きがオススメ 脱毛サロンを選ぶ …

2016年1月のキャンペーン情報!【ラットタット】痛みが少ないIPL脱毛が人気!

ラットタットで行われている1月のキャンペーンについてご紹介します。 ラットタット …

安さと質は反比例しない!脱毛サロン低価格の秘密は大規模展開にあった

小さくてもサービスは充実しているかも! 最近はサロンでの脱毛が低価格でできるよう …

脱毛サロンの支払いは現金払いがいいの?料金プランはどう選ぶべき?

諭吉が1枚、諭吉が2枚…… 脱毛サロンの支払い方法にはいくつかの種類があります。 …

全身脱毛の施術中は全裸なの?格好が気になる方へ

脱毛をする際にはどんな格好をする? 脱毛を行う際にどのような格好をするのか気にな …

脱毛ジプシーとは?その実態を教えます

脱毛ジプシーにならないために知っておいてほしいこと 「脱毛ジプシー」という言葉、 …

脱毛サロンのメニュー「ワンショット」って何?どんな時に利用するの?

ちょっと残ったムダ毛はワンショットでツルツルに! 脱毛サロンのメニューに「ワンシ …

脱毛で月払いにするメリットとデメリット

気軽に脱毛を始めたい人におすすめなのが月払い制! 脱毛サロン、美容クリニックの料 …

夏の脱毛、日焼けに要注意! 効果的な日焼け対策とは?

日焼け止めはデイリーとレジャーで使い分ける! 脱毛中の日焼けは厳禁!日焼けしてし …

脱毛サロンで分割払いにした時の手数料はどうなっている?

脱毛料金を分割払いしてでも脱毛するべき? クレジットカードや自社ローンを使った『 …