美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

顔脱毛をするとニキビができにくくなるというのは本当?

頑固なニキビをなんとかしたいと思っているのであれば、顔脱毛もおすすめ
37ea7eae665105a5f041a570501c259e_s
ニキビに苦戦している方はたくさんいますが、そういった場合は顔脱毛を検討してみてはどうでしょうか。顔脱毛をすることによってニキビができにくくなる方もいます。

顔脱毛でニキビ予防

なぜ脱毛をすることがニキビの予防につながるのかというと、ひとつめの理由は毛穴が小さくなるということ。脱毛をすればそれまで生えていた毛がなくなるので、自然に毛穴が小さくなります。毛穴に入り込んだ汚れなどがニキビの原因になってしまうこともあるため、顔脱毛をすることによりニキビができにくくなるのです。

ふたつめの理由が、肌への負担が減るということ。女性でも顔の産毛をカミソリで処理しているという方は多いはずです。産毛をそのままにしておくと化粧のりが悪くなってしまうだけでなく、見た目もよくありません

ですが、顔の皮膚というのは非常にデリケートなものなので、カミソリを使ったムダ毛処理は大きな負担になってしまうのです。しかも産毛はすぐに伸びてくるものなので、頻繁に処理をしているということになればそれだけ肌にたくさんの刺激を与えることになってしまいます。

顔脱毛をすれば産毛を処理することがなくなるので、肌へのダメージを抑えて美肌を作ることができるでしょう。ただ、顔脱毛をすれば絶対にニキビができなくなるというわけではありません。

ニキビができてしまう原因は人によって違うため、洗顔方法を間違えている、ホルモンバランスが乱れているなどの理由でニキビができている人は顔脱毛をしてもなかなかニキビが改善できない場合があります。自分は何が原因でニキビができているのかもよく考えてみてはどうでしょうか。

ただ、ニキビができる原因は人によって違うといってもアクネ菌が繁殖することによりニキビができるという仕組みは変わりません。顔脱毛をすることによって清潔な肌が保ちやすい状態になれば、アクネ菌の繁殖も抑えることができるので、結果的にニキビ予防に繋がると言えるでしょう。

ニキビがあっても顔脱毛はできる?

現在ニキビができているという場合は、顔脱毛ができる場合とできない場合があります。例えば、炎症があって周囲の肌色よりも赤くなっていたり、ニキビ跡として残っているものがある場合は顔脱毛をすることにより肌に刺激を与えてしまうことがあるのです。

ですが、ニキビがあっても顔脱毛ができるサロンなどはあります。そういったサロンではニキビやニキビ跡ができえているところに保護シールを貼り、安全を確保してからレーザーやフラッシュを照射するので安心です。

ただ、万が一の可能性ということを考えると、できるだけ評判がよく信頼できるサロンやクリニックを選択したほうがいいでしょう。

顔中にニキビがあるという場合はサロンではなかなか受け入れてもらうことが難しいので、クリニックで相談をするのがおすすめです。医療機関であるクリニックであれば顔脱毛が可能かどうか正しく判断してくれるだけでなく、ニキビの治療に関する相談もできます。

あごニキビに悩んでいるなら脱毛してみよう!

女性にとってニキビは一大事。ニキビが一つできただけでも憂鬱になりますよね。ニキビができる原因は様々ですが、そのメカニズムはどれも同じ。毛穴につまった皮脂をエサにしてアクネ菌が繁殖して炎症を起こしてしまうのがニキビのできるメカニズムです。単純に考えれば、毛穴のつまりを取り除いてあげればニキビは治ります。

女性の場合はテカりの目立つTゾーンか、乾燥から毛穴つまりを起こしやすくストレスの影響を受けやすい頬を中心にニキビができやすいのが特長。Tゾーンや頬のニキビは洗顔やスキンケアでどうにかできることも多いのですが、ちょっとやっかいなのが””あごニキビ””。そんなあごニキビに悩む女性におすすめなのが””あごの脱毛””です。

そもそもあごニキビの原因って何?

あごニキビの原因はずばりストレス。胃腸にトラブルがある時もあごやフェイスラインにニキビができやすくなります。もし胃が痛い、便秘がちという場合は体の内側からアプローチしてみるのもおすすめです。

女性は長期的なストレスに弱い生き物のため、社会に出るのが当たり前となった現代は女性にとって常にストレスと戦い続けなければいけない状況です。女性の肌や髪などの美しさを保つ働きのある女性ホルモンはストレスによって分泌量が左右されやすい物質です。

女性も多少の男性ホルモンを持っており、ストレスで女性ホルモンが減少してしまうと男性ホルモンの影響が出るようになります。

男性ホルモンには皮脂分泌を過剰にしたり、体毛(ヒゲも含まれます)を濃くする働きがあり、あごの産毛がひげのように濃くなってしまったり、ニキビができやすくなります。仮にホルモンバランスが保たれていたとしても、あごニキビはストレスが大きく関わっていると言われています。

元々あごは皮脂腺が多く、毛穴の皮脂つまりを起こしやすい上に、無意識に手で触ったり頬杖をついて刺激してしまうので普段からニキビに注意した方が良い部分です。

あご脱毛であごニキビを回避できる理由

さて、どうしてあご脱毛がニキビを回避できるかというと、上記でも書いたように、産毛がなくなることで皮脂つまりを防げるからです。毛穴の中には毛根とともに皮脂腺があり、汗腺ともつながっています。

汗や皮脂が分泌される時に一緒に老廃物を排出する働きがあり、もしなんらかの理由で毛穴がふさがっていると汗や皮脂がスムーズに分泌されず老廃物がたまってニキビや肌荒れなどの原因を作ってしまいます。この、ニキビを作る原因である毛穴つまりを起こさせる要因として考えられているのがあごの産毛です。

産毛を脱毛することで毛穴つまりの原因を一つ取り除けるので、あごニキビを回避できるというわけです。

また、あごの産毛を普段からカミソリで自己処理している場合、知らず知らずのうちに肌を痛めてニキビのできやすい状況にしてしまっている可能性があります。産毛による毛穴つまりと、自己処理による肌ストレスを同時になくせるあご脱毛は美肌作りには持って来いですね。

男性にもおすすめのあご脱毛


男性は毎日ひげのお手入れが必要で、女性よりしっかりしたひげを処理しないといけないため、どうしても肌荒れがしやすいです。

最近でこそ男性向けスキンケア製品が手軽に手に入るようになりましたが、それでも「男なのに化粧品なんて…」となかなか手が出ないという方も多いのでは?

そんな方におすすめなのが、いっそあごひげを脱毛してしまうこと。化粧品よりハードルが高く感じるかもしれませんが、脱毛は1度完了してしまえばずっとツルツルでいられるのでずっとカミソリを買い続ける必要がなく、ひげそりによるカミソリ負けや乾燥を気にしなくて良くなります。

特に、あごニキビに悩んでいる方はひげそりに苦労されているでしょうから、脱毛してしまえばあごニキビの回避にもなるし、うっかりニキビごとひげそりをして流血沙汰…なんてことからも解放されます。

あごニキビ回避方法としておすすめのあご脱毛ですが、炎症を起こしているニキビ(いわゆる赤ニキビ)がたくさんできている場合や触って痛みがあるような場合は、まず皮膚科でのニキビ治療を優先させてください。

また、女性で男性と同じようなヒゲが大量に生えてくるケースではホルモン治療をする方が効果的な場合もあります。この場合もまずはお医者さんへ相談を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

思わぬ落とし穴も!? 脱毛エステの契約書をチェックしよう

読むのが面倒だから、もらってポイ!じゃダメ 文字は細かくて難しい言葉がならんでい …

脱毛サロンの支払いを都度払いにするメリットとデメリット

お試しなら都度払いが便利!長く通うならちょっと考えて 脱毛サロンやクリニックには …

ホルモンバランスの乱れとは?脱毛の施術で引き起こされるの?

エステやクリニックでの脱毛はホルモンバランスが乱れるって本当? 「脱毛でホルモン …

脱毛エステ施術の流れとは?カウンセリングから施術までの手順

脱毛サロンのカウンセリングや施術はどんなことをするの? イメージ出典:エターナル …

安さと質は反比例しない!脱毛サロン低価格の秘密は大規模展開にあった

小さくてもサービスは充実しているかも! 最近はサロンでの脱毛が低価格でできるよう …

脱毛サロンのメニュー「ワンショット」って何?どんな時に利用するの?

ちょっと残ったムダ毛はワンショットでツルツルに! 脱毛サロンのメニューに「ワンシ …

人気の脱毛サロンは予約が取りにくい?あっと驚く予約の取り方・裏技

サロンとの戦い<自分との戦いかも? 「よし、脱毛サロン頑張ってみよう!」とコース …

脱毛の痛みについてのチェックポイント

絶対絶対痛い脱毛はイヤ!という人のために 脱毛を予定してる友人によく聞かれるのが …

脱毛サロンが倒産したらどうなる?

料金を一括払いしたものの半年通って倒産…なんてことになったら!? せっかく通い始 …

脱毛前日の飲酒はなぜダメなの?その理由とは!

「ばれなきゃ大丈夫…」が、肌トラブルの元になる!? 脱毛を受ける際、「施述の前日 …