美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

これって脱毛のせい?脱毛による皮膚トラブルの内容と対処方法

赤み、やけど、しこり…脱毛後の皮膚トラブルはこんなにある!?

ツルスベ肌になるために必要な脱毛のお手入れは、プロに任せたとしても何かしらのトラブルが起こる可能性があります。実際に脱毛を受ける前に覚えておきたい脱毛後の皮膚トラブルをご紹介します。

意外と多い脱毛トラブル

点状の赤みと腫れ

レーザー脱毛・ニードル脱毛で起こるトラブルです。どちらの脱毛方法も毛根へ直接ダメージを与えて脱毛していくため毛穴の部分がポツポツと赤くなって腫れることがありますが特に心配はいりません。通常なら1~2週間で赤みと腫れが収まります。しばらく様子を見て、痛みが強かったり赤みがなかなかひかないようであれば脱毛を受けたサロンやクリニックへ相談しましょう。また、赤みと腫れがある部分は日焼けするとシミになりやすい状態なので、赤みが引くまではできるだけ日焼けしないようにしておくのがベストです。

やけど

レーザー脱毛・フラッシュ脱毛で起こるトラブルです。脱毛は光が持つエネルギーを使って毛根にダメージを与え脱毛していく方法のため、肌質や肌の状態によってはやけどする可能性があります。アイスノンなどで冷却するタイプの脱毛器だと冷却不足、ジェルを塗布するタイプの脱毛器だとジェルにムラがあった、出力が強すぎる、肌が乾燥・日焼けしていたなどがやけどの主な理由です。やけどしてしまった場合、脱毛を受けたサロン・クリニックへ相談して適切な治療が受けられるようにしてもらいましょう。

内出血

レーザー脱毛で注射麻酔をした場合とニードル脱毛で起こるトラブルです。どちらも針が誤って血管を突いてしまった際のトラブルで、普通の内出血と同じで時間がたてば消えていくので心配しなくて大丈夫です。

皮膚が硬くなる

レーザー脱毛・フラッシュ脱毛で起こりやすいトラブルです。脱毛による肌への負担や乾燥によって一時的に皮膚が硬くなったように感じることがありますが、脱毛を続けて毛量が減るにつれて徐々に改善していきます。あまり心配せず様子を見てみましょう。

皮膚の知覚障害

レーザー脱毛・フラッシュ脱毛・ニードル脱毛で起こりやすいトラブルです。熱や針によって脱毛していくため、脱毛時の痛みや肌への負担によって一時的に感覚が鈍くなったり過敏になることがあります。脱毛によって傷ついたターンオーバーによって再生すれば自然と皮膚の知覚障害は改善するので心配する必要はありません。ただし、あまりにひどい知覚障害の場合はサロンやクリニックへ相談して経過を見ていきましょう。

リンパ腺障害

レーザー脱毛・フラッシュ脱毛・ニードル脱毛で起こる可能性のあるトラブルです。脱毛後にしこりができたり、押すと痛みがあるといった症状がリンパ腺障害と考えられます。知覚障害と同じで脱毛によるダメージで一時的にしこりや痛みが表れているもので、通常であれば1か月程度で治まり、脱毛回数を重ねて毛量が減っていくと起こりにくくなっていきます。あまりに大きなしこりがある、強い痛みがいつまでも続く場合にはサロンyらクリニックへ相談して治療が必要かどうかは判断します。

埋没毛

自己処理(主にカミソリ・毛抜き・脱毛クリームなど)で頻繁に起こるトラブルです。埋没毛は脱毛ではなく間違った自己処理で皮膚を傷つけてしまいターンオーバーが乱れたために毛が皮膚の中で育ってしまうトラブルです。無理に皮膚を破ると傷跡が残ることもあるので、毛が皮膚から出てくるのを待つか、医療機関で処理してもらうのが最善の方法です。また、サロンやクリニックで脱毛すると埋没毛の予防・改善ができます。

脱毛の施術後に感じた違和感の体験談

ワキ脱毛をしたあとで、カサカサする感じがしました。何となく痒いような違和感と、水分を失ったようなカサカサ感がありました。赤みなどは特になかったので、それほど深刻ではないなと思いましたが脱毛直後だったので、心配にはなりまし。一週間ほどで違和感はなくなったのですが、ワキ脱毛後数日は気にはなって仕方ありませんでした。
脱毛サロンで光脱毛の照射を行った後に脇の皮膚がなんとなく熱を持ったようになり、その後かゆみが出てきました。すごく痒くてついつい掻いてしまったら、皮膚がただれたようになってしまったのです。2回目以降の照射の時には、かゆみは出てこなかったので、単なる皮膚のかぶれだったのか、光脱毛の照射が原因だったのかは今でもわかりません。
脱毛の際に、肌トラブルが起きてしまったことがあります。まず、脱毛をした際に、その後はなんともなかったのですが、しばらくすると、カサカサになってしまい、その部分だけ皮膚がかゆくなってしまったことがあります。やはり脱毛で刺激を受けてしまい、皮膚が乾燥してしまうなどのトラブルがあり、脱毛の姓かな?と思ってしまいました。
脱毛器を購入し、自宅で自分で脱毛しています。最近気になるのが、脱毛後の肌状態。毛穴が大きくなりとても目立つようになったことです。見えないところならいいのですが、脚の膝から下まではスカートをはく時にはとても目立つので、最近はパンツスタイルの服装をすることが多くなりました。また肌の色も黒っぽくなりこのまま続けても大丈夫が不安になっています。
脱毛後の肌トラブルとはいっても私の場合100%自己責任でサロンは何も悪くありませんので、その点をまずお断りしておきます。施術後の最低3日間は公衆浴場やプールなどは控えてくださいと言われていたにもかかわらず、たかをくくって2日後に娘とプールに出かけてしまったところ顔一面が「ちりめんじわ」状態になって、20年後の自分の顔を見たような気がしました。幸い1週間ほどで自然治癒しましたが、プロの言うことはきちんと守りましょう、というお話でした。
脱毛サロンでの全身脱毛もしていませんが、納得できない場所があると自分で処理するようにしています。トラブルがでやすいのはワキとVラインの毛が濃い場所です。太い毛を無理やり抜いたりすると赤くなって痒くなる場合が多いです。悪化するとおできが出てサロンでの脱毛を断られることがあるので、気になっても抜かない方がいいと思いました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

美肌脱毛のために、気をつけたい施術後のケア

当日〜次の施術まで心がけたい、あれこれ 脱毛には発毛サイクルがあるので、完全に生 …

ハイパースキン脱毛のディオーネなら痛くない脱毛ができる

痛みも肌への負担もなしディオーネの脱毛とは? >>今すぐディオーネのHPをチェッ …

老舗エステサロンのオリジナル脱毛が格安で!「エステタイム」のおすすめポイント

関西で格安の脱毛をするなら「エステタイム」がおすすめ! 大阪を中心に関西に8店舗 …

脱毛の種類と知っておきたい長所・短所

「レーザー脱毛」「フラッシュ脱毛」「ニードル脱毛」の違い 以前は高額なイメージが …

脱毛エステ施術の流れとは?カウンセリングから施術までの手順

脱毛サロンのカウンセリングや施術はどんなことをするの? イメージ出典:エターナル …

最新の純国産脱毛器を使ったラヴォーグの脱毛の特徴&プラン

ラヴォーグの美肌脱毛で美しくつるつるの肌を目指そう! ラヴォーグは脱毛専門のエス …

たまに目にするけれど…。絶縁針脱毛とはどんな脱毛方法?

ニードル脱毛よりも痛みを抑えつつ確実な効果があるとして人気の絶縁針脱毛 脱毛には …

脱毛ジプシーとは?その実態を教えます

脱毛ジプシーにならないために知っておいてほしいこと 「脱毛ジプシー」という言葉、 …

安くても安心して通える脱毛サロンならル・ソニアがおすすめ!

フレンドリーな接客と丁寧な施術が人気のル・ソニア ル・ソニアは脱毛、フェイシャル …

夏の脱毛、日焼けに要注意! 効果的な日焼け対策とは?

日焼け止めはデイリーとレジャーで使い分ける! 脱毛中の日焼けは厳禁!日焼けしてし …