美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

脱毛の種類と知っておきたい長所・短所

「レーザー脱毛」「フラッシュ脱毛」「ニードル脱毛」の違い

以前は高額なイメージが強かった脱毛ですが、サロンサイドの企業努力もあって、随分リーズナブルになりました。お試し価格1コイン前後のサロンもあって、本当に身近に体験できるようになってきました。機器もどんどん進化しているので、私がはじめてチャレンジした時より断然効果もアップしています。

ところで、脱毛トライアル時によくされる質問が「エステサロンと脱毛サロンってどっちがいいの?」ということと、「サロン系とクリニック系ってどう違うの?」ということです。簡単にいうと脱毛方法の種類が違います。

脱毛の種類には大きく「レーザー脱毛」「フラッシュ脱毛」「ニードル脱毛」があります。それぞれメリット、デメリットがあるのでそれを踏まえたうえで、自分に合ってると思うものを選びたいですね。腕や足はクリニック、その他の部位はサロン、というように使い分けている人もいます。

レーザー脱毛のメリット・デメリット

「レーザー脱毛」は美容外科やクリニックで主流の方法で、皮膚の表面にレーザーを照射、毛の黒い色素にレーザーの光が反応し、毛根を破壊します。医療用レーザーは医師でないと使えないので、サロン系との一番の差となっています。サロンでもレーザー脱毛OKのところもあるようですが、出力が低めでクリニックほどの効果は期待できないようです。

メリットとしては、個人差はありますが痛みが少なく(よく言われるのは輪ゴムで肌をはじいた感じ)、施術時間が短く、また脱毛の効果が高いこと。実は私は医療用は経験したことがないのですが、友人が数年前レーザー脱毛経験ありで「サロンより早い!」と感動していたのを覚えています。医療機関なので肌トラブルなどにも強そうで安心ですね。

デメリットとしては値段の高さ、メラニンの少ない薄い毛や産毛には効果が出にくい、日焼けがひどいと受けられない、出力が高いので肌が弱い人は受けられない場合がある、といったところでしょうか。あと稀にですが「軽い火傷や赤みが出た」という口コミもあります。

一口にレーザーと言っても様々な種類があり、どのレーザー脱毛機を使うかによって特徴が違うのでチェックしてみましょう。具体的には脱毛機に使われているレーザーには次のような種類があります。

アレキサンドライトレーザー

アメリカのキャンデラ社が作ったレーザーで、アレキサンドライトの宝石を使っているのが大きな特徴です。冷却ガスを当てて肌を冷やしながら脱毛するため、レーザーを照射する前に塗る冷たいジェルが苦手な方でも安心して施術が受けられます。

また、色素沈着を改善する効果も得られるので脱毛ついでにシミやそばかすの改善も期待できるでしょう。

アレキサンドライトレーザーの代表機種は敏感肌の人でも安心なジェントルレーズ、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーを組み合わせたG-MAXなどです。

ダイオードレーザー

痛みの少ないレーザーとして知られています。肌の色や毛の太さを問わず利用できることもあり、多くの方から選ばれている脱毛方法だといえるでしょう。

高い出力でレーザーを照射しても火傷が起きる可能性が低くため、短期間で脱毛を終わらせたい方からも人気です。また、産毛にも働きかける効果が期待できます。

代表的な機器は2種類の波長のダイオードレーザーが使用可能なメディオスター、世界1位のシェアを誇っているライトシェアデュエットなどです。

また、ハヤブサもダイオードレーザーを使った脱毛器で業界最速のスピード脱毛ができると人気があります。脱毛完了までの期間も非常に速く、半年以内でツルツル肌も目指せるのが魅力です。

ヤグレーザー

イットリウム、アルミニウム、ガーネットといった3つの元素を使ったレーザーのことで、その頭文字を合わせてYAGレーザーと呼ばれます。長い波長のレーザーを使い、しっかり毛根に働きかけるのが特徴です。これにより深い部分に毛根のあるムダ毛に対しても高い効果が期待できます。代表的な機種はエリートプラス、ジェントルYAGなどです。

また、近年は従来の脱毛方法と少し違った仕組みの「蓄熱式脱毛マシン」という方法を取り入れた脱毛機も注目されてきました。小さな子供でも我慢できる程度の痛みしかないので、とにかく痛みが少ない脱毛方法を選択した方から選ばれています。

例えば、ソプラノアイス・プラチナムなどの機種が非常に人気で、毛根ではなくバルジ領域などの毛を作る際に欠かせない部位に少しずつダメージを与えることにより脱毛効果が得られるのが特徴です。

フラッシュ脱毛のメリット・デメリット

エステサロンや脱毛サロンで一番多く行われている方法が「フラッシュ脱毛」です。「光脱毛」「IPL脱毛」という呼び方をする場合もあります。光を照射し、そのエネルギーがメラニンに反応、毛根を破壊して発毛を止めます。家庭用脱毛器にも採用されています。

メリットとしては痛みが少なく、短時間で終わること。またフラッシュ脱毛の光は、レーザーより広い範囲に照射できるので、1回の照射での脱毛範囲も広いのが優位点です。

デメリットはレーザー同様、日焼けしていると施術を受けられない場合があります。またレーザーより出力が低い分、脱毛効果が弱めとなっています。ただ、その分デリケートゾーンや敏感肌でも処置しやすいというメリットもあります。

S.S.C脱毛

ミュゼプラチナムや脱毛ラボで取り入れているのがS.S.C脱毛と呼ばれる方法です。これはスムース・スキン・コントロール脱毛の略で、痛みがほとんどない脱毛方法として赤い人気を誇っています。

従来の脱毛方法と大きく違うのが抑毛効果を発揮するジェルビーンズを肌に塗り、それが光に反射して毛穴に浸透することにより脱毛効果が得られるというもの。光の力で直接ムダ毛を処理しようと思うと痛みが強くなりがちなのですが、この方法であれば痛みを抑えられるのです。

それから、蓄熱式脱毛とも呼ばれているSHR脱毛もあります。こちらも痛みを感じない脱毛方法として人気があり、次世代の脱毛法とまで言われているのです。

バルジ部や毛包部という部位に対して弱いエネルギーを連続した耐えることにより脱毛ができます。産毛や肌色に関係なく照射ができるだけでなく、毛周期が関係ありません。そのため、短期間で脱毛を済ませたい方からも選択されています。

ニードル脱毛のメリット・デメリット

昔は脱毛といえば「ニードル脱毛」が主流でした。毛穴に針を刺して弱電流を流し、毛根を破壊します。メリットは毛根1つ1つに対応するので確実に脱毛できること。

ただしデメリットも多く、施術時にかなりの痛みや熱さを伴い時間もかかります。手作業部分が多いので、施術するスタッフのテクニック面で差が出やすいのも問題です。また価格も高いです。

今も行っているクリニックやサロンもありますが、最近ではあまり見かけなくなってきています。

ニードル脱毛では色素沈着している部位でも施術ができるため、乳輪のぎりぎりまで施術できるなどのメリットは大きいです。しかし、近年はフラッシュやレーザーでも色素沈着のある部位に照射できるものが登場してきました。

そのため、痛みや費用の問題を考えてもサロンやクリニックで行われているフラッシュ脱毛やレーザー脱毛の方がニードル脱毛より魅力が大きいといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

脱毛サロンの店舗間移動をしたい!どうすればいいの?

脱毛サロンで店舗間移動をするメリットとは? 脱毛サロンは完了までに何度も通う場所 …

お父さんお母さんと一緒にチェック!未成年がサロンで脱毛するためのステップとは?

脱毛は何歳から出来るの? 親の同意って絶対必要? 脱毛サロンで脱毛して、キレイな …

名古屋中央クリニックは脱毛の症例2万人以上の安心できるクリニック

アフターサポート付きの回数コースが魅力の名古屋中央クリニック 名古屋中央クリニッ …

脱毛しながら美肌が目指せる!IPL脱毛とは?

脱毛だけでなく美肌効果も得られるとして話題のIPL脱毛についてご紹介します。 サ …

ハイパースキン脱毛のディオーネなら痛くない脱毛ができる

痛みも肌への負担もなしディオーネの脱毛とは? >>今すぐディオーネのHPをチェッ …

知っておきたい脱毛の施術を受けるときの注意点

健康管理もキレイな脱毛の必須条件、無理は禁物 たくさんの脱毛体験を重ね、周囲から …

光アレルギーの人でも医療脱毛できる?注意点も紹介!

紫外線や光にアレルギーを持っている方の医療脱毛についてご紹介します。 エステやク …

脱毛サロンの「ドクターサポート」って具体的には何をしてくれるの?

安心して通える脱毛サロンなら「ドクターサポート」付きがオススメ 脱毛サロンを選ぶ …

脱毛サロンが倒産したらどうなる?

料金を一括払いしたものの半年通って倒産…なんてことになったら!? せっかく通い始 …

保湿+抑毛ケアで脱毛中の肌もツルスベに♪

脱毛に通っている間は保湿ケアが欠かせないというのは今まで説明した通りですが、保湿 …