美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

ホワイトニング方法を比較!それぞれのメリット・デメリットも紹介

ホワイトニングにはいろいろな方法があります。それぞれの特徴とは?

一口にホワイトニングといっても様々な選択肢があります。どの方法を選択するかによって効果や費用、期間なども異なってくるので、自分にとって最適な方法を選ぶことが大切です。

ここでは様々なホワイトニングの方法を比較してご紹介するので、自分にとって最適な方法を探してみてくださいね。

ホワイトニングで白い歯を目指そう

歯のホワイトニングとは、もともと歯が持っていた透明感のある白さを引き出すための方法です。

歯のメンテナンスついでにクリーニングを行うこともあるでしょう。しかし、クリーニングでは歯石や着色汚れを取り除くことはできても歯を白くする効果はそれほどありません。クリーニングで行えるのはあくまで歯の表面についている汚れを取り除くことです。

透明感のある歯を手に入れようと思ったら内側からしっかり白くできるホワイトニングを検討してみましょう。
ホワイトニングには次のような種類があります。

オフィスホワイトニング

特に効果的といわれているのが歯科医院で行うオフィスホワイトニングです。歯科医院は歯の専門家ということもあり、より効果的な施術が受けられます。

歯科医院で取り扱っているホワイトニングは高濃度の過酸化水素を使っているのが特徴です。これは非常に効果が強い薬剤ということもあり、歯科医師免許を持っている歯科医しか取り扱いができません。歯を白くする効果を謳った歯磨き粉も登場していますが、過酸化水素が含まれている歯磨き粉はないため、歯を白くする歯磨き粉だけでは十分な効果を期待することは難しいでしょう。

ここからも歯科医院で行うホワイトニングがいかに効果的かわかりますよね。

サロンでもホワイトニングを取り扱っているところが増えてきましたが、歯科医院ではサロンよりも高濃度の過酸化水素を使っています。

メリット

専門的な施術が受けられるので多くの方は一度行っただけでも変化を実感できます。歯科医院で行う以外のホワイトニングの中には、継続して行っているもののなかなか変化が実感できない…という方もいるので、この点は大きな魅力だといえるでしょう。

また、ホワイトニングを行う前にしっかりクリーニングをしてくれるのでよりホワイトニングの効果が出やすいのもメリットです。ホームホワイトニングの場合はホワイトニング前のクリーニングは自分で行わなければなりません。ここで十分に汚れを落としきれなかった場合はホワイトニングの効果も出にくいのです。

後程ご紹介するホームホワイトニングの場合は自分で行わなければなりませんが、オフィスホワイトニングは医師にお任せしているだけで良い点もメリットだといえます。

デメリット

濃度の強い薬剤を使っていることもあり、施術時に痛みを感じることがあります。また、短時間で効果は出るもののその分費用も高くなりがちです。

一般的に1回では希望通りの白さにならないことが多いため、数回の通院が必要になります。人によって効果を実感するまでの期間は違うものの、通常は2~3回程度通う必要があるでしょう。一度ホワイトニングを行っても色の戻りが発生しやすいともいわれているので、希望通りの白さになったあとも3ヶ月に1回程度はメンテナンスを行わなければなりません。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、歯科医院で作成したマウスピースを使い、そこに自分で薬剤を注入して自宅でホワイトニングを行う効果です。オフィスホワイトニングだと定期的に歯科医院に通わなければならず、その度にメンテナンス費用がかかりますが、ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングに比べて少ない通院とメンテナンスで済むため費用を抑えられる方法になります。

ただし、自宅で自分で行うものということもあり、歯科医院で使われているものに比べると薬剤の濃度はかなり低いです。

他にオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせて行う「デュアルホワイトニング」と呼ばれるものもあるのですが、こちらは費用が高くなりがちなので注意しなければなりません。デュアルホワイトニングも効果はホームホワイトニングと変わらないとされているため、オフィスホワイトニングから試す方が多いようです。

メリット

大きなメリットとして挙げられるのがオフィスホワイトニングよりも費用が抑えられるということ。オフィスホワイトニングの場合、どこで施術を受けるかによって費用は変わりますが、ホームホワイトニングと比べると数万円単位で高い費用がかかります。

そのため、できるだけ費用を抑えてホワイトニングしたい方からも人気です。また、ホームホワイトニングでは歯科医院で使うものよりも濃度の低い薬剤を使うこともあり、痛みを感じにくいのも魅力だといえるでしょう。知覚過敏にもなりにくく、自分のペースでホワイトニングが目指せます。

デメリット

ホームホワイトニングといっても初めはマウスピースを作るために歯科医院に行く必要があります。また、ホワイトニング自体は自分で行わなければなりません。

一度で高い効果が期待できるものではなく、繰り返し行うことにより徐々に白さを目指していく施術となっています。できるだけ短期間で白い歯を手に入れたいと思っている方には向いていないといえるでしょう。

ホームホワイトニングでは日中に2時間ほどマウスピースを装着する必要があるのもデメリットです。これが原因で他のホワイトニングを選択する方もいます。

また、歯に色が付きやすいものは食事制限があるので注意しておきましょう。

セルフホワイトニング

専用業者の施設でスタッフから説明を受け、自分自身でホワイトニングを行います。わざわざ業者に足を運ぶのであれば業者のスタッフの人が行ってくれれば良いのに…と思うかもしれませんが、医師や歯科医師、歯科衛生士の資格を持たない人が施術で他人の口の中に触れるのは日本の法律違法とされているのです。

セルフホワイトニングを行う施設は医療機関ではないため、説明を聞いて自分で行う必要があります。スタッフからの説明を聞いたら歯を磨き、口を開けるための装置を自分で装着して歯にジェルを塗る、漂泊反応を高めるためのライトを当てて完了といったところが多いです。

このように説明するとかなり本格的なものを想像するかもしれませんが、使っている薬剤は医療機関で使われているような高濃度のものではないため、一度の施術で高い効果は期待できません。

メリット

歯科医院で行うホワイトニングに比べると費用を抑えられます。どこでホワイトニングをするかによって費用は変わりますが、一般的にはセルフホワイトニングならば1回あたり5,000円以下で済ませられるでしょう。

また、セルフホワイトニングで使う薬剤はそれほど強いものではないため、痛みを感じにくいのもメリットです。セルフホワイトニングを選んでいる方の中には歯科医院の雰囲気がどうしても苦手…という方も少なくありません。

何となく歯科医院に対して怖いイメージを持っている方もセルフホワイトニング施設であればストレスを感じることなく利用できるでしょう。雰囲気はエステサロンのようなところが多いです。

デメリット

施術自体は自分で行う必要があります。わざわざ専門業者に行くのに自分で行うことに違和感を覚える方もいるかもしれません。

ジェルを塗ったりライトを当てる作業自体は難しくありませんが、不器用な方は注意が必要です。

また、専門機関で行うといっても医療機関で行うほどの大きな効果は期待できません。何度も繰り返し通っているもののほとんど変化がない方も多いようです。業者の中にはあまり評判が良くないところもあるので注意して選びましょう。

セルフケア

市販されているホワイトニングテープ、ホワイトニングペンなどを使い、自宅で自分で行うホワイトニングです。歯を白くしたいと思っているけれどそれほど深刻に悩んでいるわけではない、できるだけお金をかけずに歯を白くしたい、歯科医院に足を運ぶのはどうしても面倒…といった方から選ばれています。

ホワイトニングの主な仕組みは、食品添加物としても使われることがある亜塩素酸ナトリウムを歯に塗り、漂白を行うというもの。歯科医院のホワイトニングで使っているような医療機関でしか使えない強力な薬剤とは違うので、効果には大きな違いがあることが想像できるでしょう。

メリット

素人でも手軽に使えるアイテムなので非常に人気が高いです。歯科医院で本格的なホワイトニングを行う前に軽く試してみたいと思っている方から選ばれることもあります。

使い方も非常にわかりやすく、不器用な方でも使えるでしょう。歯科医院で行うホワイトニングに比べると費用も極端に安く済むので、歯を白くしたいと思ってはいるもののあまりお金がかけられない…といった方からも人気です。

デメリット

素人でも自分で使えるアイテムということからも想像できる通り使われている薬剤は弱いものなので効果はそれほど高くありません。何度も繰り返し使っているけれど全く変化がない方もいるほどです。確かに安く購入できるアイテムではありますが、効果がなければ意味はないので、その商品で本当に変化が期待できるかよく見極める必要があるでしょう。

海外製の商品は日本製のものに比べると効果的なものも多いのですが、使い方を間違えると思わぬトラブルにつながるなどのリスクもあるので注意して選ばなければなりません。

自分に合ったホワイトニングを選ぼう

数あるホワイトニングの方法についてご紹介しました。それぞれメリットとデメリットが違います。効果は高いものの費用が高いもの、費用は安いものの効果は期待できないものなどいろいろあるので、自分にとって最も理想的なものはどれなのかよく考えた上で選ぶことが大切です。

特に、効果がない方法を選択してしまうと結果的に費用はかかったものの全く変化はなかった…といった結果に終わる可能性もあるので注意したいですね。納得のいく白い歯を手に入れるためにもホワイトニングの方法を比較して選んでみましょう。

どこで施術を受けるかによっても費用や効果は大きく異なります。歯科医院やクリニック、ホワイトニング業者、ホワイトニング用アイテムの中から気になるものが見つかったら口コミ情報などもチェックしながら比較してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

歯周ポケットは歯周病の主原因、浅いうちにケアを

歯周ポケットをケアすることで歯周病を撃退! ハミガキや歯ブラシのCMなどでもよく …

歯茎に良い食べ物を摂取して、歯周病を予防しよう

カルシウム、たんぱく質で歯茎を強化し、ビタミンC、食物繊維で歯周病を防ぐ 歯も歯 …

歯磨き粉、どんなものを選べばいい?自分の用途にあったもので美しい歯を保つ!

歯磨き粉の効果3選!歯の健康とキレイを守る 朝起きた時、ご飯を食べた後、夜寝る前 …

フッ素で虫歯を予防しよう!フッ素で虫歯を防げるメカニズム

歯を強くして虫歯から守る「フッ素」を使った歯科治療や気になる費用 歯磨き粉に入っ …

放っておくと怖い「ドライマウス」口臭や虫歯の原因になることも…

患者数が急増中「ドライマウス」は現代人が注意すべき症状 ドライマウスの患者数は近 …

早めの解消が重要、歯ぎしりの原因と歯へのダメージ

他人への迷惑だけでなく、歯への悪影響大! 旅行などで気になる「歯ぎしり」。眠って …

口腔がんは早期発見が大事!症状やセルフチェックの方法は?

セルフチェックで発見しやすい口腔がんってどんな病気? がんは全身の様々なところに …

理想的な歯磨きの時間は10分!ていねいな歯磨きができる6つの工夫

面倒な歯磨きも工夫しだいでしっかりていねいに! 歯磨きは、ほとんどの人が毎日おこ …

「歯周病」予防で歯茎のエイジングケアを始めよう!

年齢を重ねるとリスクがアップする歯周病について、原因や治療法、予防法などをわかり …

あごがない×顔が面長×歯並びがよくない、もしかしたら「アデノイド顔貌」かも?

口内環境・消化器官への負担増、見た目だけではない「アデノイド顔貌(がんぼう)」リ …