美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

大人のための虫歯ケア、きちんとできていますか?

治療済みの歯が一番危険!「二次カリエス」に気をつけよう!
496e94fb1ab88fa73c8d8c3d2586820b_s
お子様の虫歯ケアには神経を使っていても、意外と自分の虫歯ケアができていないお母さん、お父さんが多いようです、大人の9割以上が虫歯問題をかかえているそうです。

実は大人の虫歯は治療済みの虫歯から進行することが多く、また悪化しやすいので要注意!歯を失う二大原因の一つがオトナ虫歯だといわれています。子どもの虫歯と大人の虫歯では、原因も違うので、大人のための虫歯ケアが必要なのです。

歯は全身の健康の要です。美味しく食事ができ、しっかり栄養を補給するためにも、また美しい笑顔のためにも、正しい虫歯ケアで歯の健康を守りましょう。

大人の虫歯の原因とは?

大人と子どもでは虫歯の原因も、必要なケア方法も異なります。「大丈夫、毎日しっかり磨いてるから!」と安心していると、気がついた時には手遅れということも。

子どもの虫歯の原因

子どもの虫歯の原因としては下記があります。

  • お菓子やジュースなど糖分の多い食品を摂取することが多い
  • 乳歯や生えたての永久歯のエナメル質は薄くて虫歯の進行が早い
  • 子どもは痛みがあっても気づきにくかったり表現できないため虫歯が進行しやすい

小さいうちは親が歯磨きを担当していますが、歯ブラシの届きにくい奥歯などに磨き残しができやすいこともあげられます。また子ども任せにしている場合も同じです。

ただ、子どもの歯は虫歯になりやすい、という考え方が浸透していますし、幼稚園や学校などで定期的な歯科検診もあるので、幼児や小学生の虫歯は昔より減少しているそうです、

大人の虫歯の原因

磨き残しや、糖分の撮り過ぎは大人にも共通する原因ですが、それに加えて大人ならではの原因があります。

二次カリエス(二次う蝕)

大人の虫歯で一番多いのが、です。詰め物やかぶせ物の下にできるため、日頃の歯磨きではケアしきれず、また発見が遅れて大きく進行してしまいやすいのです。治療した歯の詰め物と歯の間には隙間ができやすく、汚れがたまりやすいのも虫歯を促進します。

特に治療で神経を抜いている歯は痛みを感じないため、虫歯に気づかないうちに手遅れになってしまうケースも多いのです。

二次カリエスはしっかりケアしきれないと何度も繰り返すため、どんどん歯を削ることになります。「1本あたり平均5~6回の再治療で抜歯」とも言われており、最終的には歯を失う原因ともなります。

加齢や歯周病

加齢や歯周病によって歯茎がさがり、歯の根元の象牙質が露出することも大人虫歯の大きな原因。歯の根元はエナメル質ではないので、虫歯になりやすく進行も早いのです。歯茎付近は汚れがたまりやすいにもかかわらず、磨きにくく磨き残しも多いのでマイナスの相乗効果です。

また加齢や歯周病では歯に隙間ができやすいので、そこから虫歯が発生することも。

正しいオトナ虫歯ケアをしよう!

治療した歯は、とくに念入りにブラッシング

虫歯ケアの基本はブラッシングです。治療した歯は「大丈夫」と安心してしまいがちですが、逆にとくに念入りにブラッシングしましょう。デンタルリンスを併用するのもよいですね。

歯間、歯周ポケットをしっかりケア

歯間や歯と歯茎の境目の歯周ポケットは磨き残しが増える重要部位。ていねいで確実なブラッシングを!歯間ブラシやデンタルフロスなどを使うとより確実です。

歯茎は過度のブラッシングだと傷ついて痛みを伴ったり化膿して、よけいに歯磨きしにくくなるケースも。状態に応じて柔らかめのハブラシを使うこともお薦めです。

歯科医院で歯の定期健診を受けよう

どんなにていねいに磨いていても、必ず磨き残しは出てしまいます。特にかぶせものをした歯は自分ではケアしきれません。半年に1度は歯科医院で定期健診を受けて、プロによるフッ素の塗布や歯のクリーニングをしてもらいましょう。オトナ虫歯がない人の中には、「3か月に1回は歯科医院で定期検診を受けている」という方も。

年齢とともに歯や歯茎は劣化して行きます。歯のアンチエイジングもお顔と同じく心がけたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

ココナッツオイルのオイルプリングがもたらすお口周りのトラブル改善効果は、嘘?本当?

オイルプリングのココナッツオイルがもたらす口腔環境へのメリットに焦点を当てて、「 …

歯周ポケットは歯周病の主原因、浅いうちにケアを

歯周ポケットをケアすることで歯周病を撃退! ハミガキや歯ブラシのCMなどでもよく …

歯が痛い!急な歯痛対策に常備しておきたい、お薦めの市販薬

歯痛の応急処置はお任せ、使用方法を守って使いましょう 仕事中や通勤・通学中、真夜 …

白い歯は5歳若く見える!ホワイトニングでアンチエイジング!

黄ばみ・黒ずみによる老け顔ストップ!口元から若返ろう 普段気にしていなくても、ふ …

歯茎に良い食べ物を摂取して、歯周病を予防しよう

カルシウム、たんぱく質で歯茎を強化し、ビタミンC、食物繊維で歯周病を防ぐ 歯も歯 …

症状は?対処法は?歯肉炎・歯周炎の違いと10のセルフチェック

歯周病を見つけるセルフチェックで虫歯や歯槽膿漏を防ぎましょう! 歯肉炎と歯周炎、 …

自宅で、歯科で、どちらがいい?歯のホワイトニングの種類

どの方法もメリット・デメリットあり、何を重視するかが重要 セレブや有名人、政治家 …

ツルツルしていて舌が赤い…健康そうに見えても病気の可能性が!

舌の赤みが改善しなければ、なるべく早めに専門医へ! 健康で正常な舌の状態は、どん …

あれ?舌が黒い!目立つ黒毛舌や色素沈着を解消しよう

長期間治らない場合は、深刻な原因が隠れている場合も 「あれ?私の舌、ピンクじゃな …

口の中のがん!?あごの骨に現れる腫瘍「エナメル上皮腫」ってどんな病気?

定期的な歯科検診を受けることがエナメル上皮腫の早期発見に繋がります がんの原因と …