美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

審美歯科について、これだけは知っておきたい基本項目

治療内容も金額も大きく異なる、歯科医院選びが重要
d5e3fa06d447e7bf8423ca35cb814cca_s
通常、歯科医院といえば虫歯や歯周病などの病気を治す場所ですが、審美歯科では単に歯を治療するだけでなく、美しいかどうか、またきちんと機能しているかどうかがポイントとなります。

ただし、審美歯科と一口にいっても、ホワイトニングから歯並び矯正まで、病院やクリニックによって内容も料金もさまざまです。最近では気軽に利用できるセルフホワイトニングサロンなども増えてきており、どこを選べばいいのか悩むケースもあるかと思います。

審美歯科について基本的なことをまとめてみました。

審美歯科の目的

審美歯科では白くて美しい歯、きれいな歯並びのための治療、およびしっかり噛めて、発音もきれいにできることを重視して治療を行います。

日本歯科審美学会では、「歯科審美学とは、顎口腔系における形態美・色彩美・機能美の調和を図り、人々の幸福に貢献する歯科医療のための教育および学習に関する学問体系である」と定義しています。つまり、その人が歯の治療を通じてことを最終目的としています。

歯は食事を通じて身体全体の健康に大きく関わっていますし、また笑顔など顔の表情にも影響大です。そのため歯には生活や性格までも表れる要素があります。

セレブや俳優、 TVキャスター、また政治家ややり手ビジネスマンは、白い歯&キレイな歯並びであることを重視して審美歯科を活用しています。笑顔に自信が持てるのは人とコミュニケーションを持つうえでも大切なことですね。

審美歯科の治療項目

審美歯科によって行っている項目は異なりますが、代表的なものとしては以下の治療項目があります。

クリーニング

スケーラーや超音波スケーラー等の器具を使って、普段の歯磨きでは落としきれない、歯垢や歯石を除去します。専用器械を使う「PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)」というクリーニング法では、着色汚れや歯槽膿漏などを防ぎ、歯垢を付きにくくします。

ホワイトニング

薬品を使って歯に付着・浸透した着色成分を分解します。歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、歯科医の指示で自宅でマウスピースを使って行う「ホームホワイトニング」の2つのタイプがあります。

セラミック治療

ラミネートべニア

歯の表面を薄く削り取って、セラミックのチップを貼りつける方法です。
ホワイトニングでは改善できない歯の変色、歯と歯の隙間や歯の小さな欠損の改善が行えます。

セラミックインレー

インレーとは虫歯などを部分的に削った後の詰め物のことです。通常、保険内では金属製のインレーですが、金属アレルギーの人や目立つのが嫌な人には、保険外になりますがセラミックのインレーがおすすめです。

セラミッククラウン

虫歯が進行すると歯全体にクラウンと呼ばれる被せ物を装着します。金属やレジンが一般的でしたが、より自然で劣化もしにくいセラミッククラウンも人気です。ただし、保健がきかないので高額な場合があります。

歯科矯正

ブラケット矯正

金属製のブラケットや、透明色などで目立ちにくい「審美ブラケット」で、歯にゆっくり力をかけて動かすことで歯並びをよくします。裏側に装着する裏側矯正も人気です。

マウスピース矯正

透明で薄いマウスピースを活用した矯正です。ワイヤーやブラケットなどの装置より自由度が高いので、人気がありますが、ブラケットより矯正に時間がかかります。

インプラント

ケガや先天的な病気、加齢・歯周病などで歯を失った場合の治療法です。人工の歯根をあごの骨に埋め込み、自然で美しい歯を取り戻すことができます。費用が高いのが最大の難点です。

審美歯科を選ぶポイント

審美歯科は保健が効かないので、治療費は基本的にすべて自己負担となります(一部保険対象になるケースもあります)。治療方針やそれに伴う治療費は個々の歯科医院が設定できるので、歯科医院によって幅があります。

歯の状態や症状はもちろんですが、予算、また生活スタイルや要望(接客が多い、結婚式までに行いたい等)などを把握したうえで、できうる最適の提案をしてくれる歯科医院を選ぶことが重要です。

審美歯科の治療費は、どの治療方法で行うか、治療に使用する素材、治療に要する期間で大きく異なります。ホワイトニングとセラミック治療など、いくつかの治療方法を組み合わせて行う方がよい場合もあり、それが可能かどうかも判断ポイントの1つとなります。

また、歯科用CTや技工設備など、審美歯科治療のための最新の設備を備えているかどうかも重要なポイントです。

ぞれぞれの治療方法にはメリット・デメリットもあります。それをきちんと説明してくれ、こちらからも質問や相談をしやすい歯科医院が望ましいと思います。わからない事、心配な事はどんどん相談して、不安のない治療を行ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
    follow us in feedly

  関連記事

寝起きの口臭は誰でもある?寝起きに口が臭くなる原因と対策法

朝の口臭は予防できる!今日からできる簡単口臭予防 朝起きた時に口の中がネバネバし …

手磨きよりもスグレモノ?電動歯ブラシのメリット・デメリット

メリット・デメリットを理解して自分にあった歯ブラシを選びましょう 電動歯ブラシは …

やだ!歯茎が黒い!ピンク色に戻すには?

歯茎を変色させる原因と、歯医者さん・自宅でできる治療やケア方法について 笑顔から …

「むし歯」ってどんな病気!?基本的な知識をわかりやすく紹介

誰でもリスクのある「むし歯」について、原因や治療方法、予防などについてをわかりや …

頭痛・歯痛が一緒に出たら虫歯や群発頭痛の可能性!頭痛と歯痛の関係

痛みの原因を突き止めることが症状改善への第一歩 ストレスや睡眠不足、生理痛など、 …

歯周ポケットは歯周病の主原因、浅いうちにケアを

歯周ポケットをケアすることで歯周病を撃退! ハミガキや歯ブラシのCMなどでもよく …

口腔アレルギー症候群とは?花粉症の人は食べ物に注意が必要!

食後の違和感…口腔アレルギー症候群かも!症状や原因は? 食事をした際に何となく喉 …

歯磨き粉に含まれている研磨剤のメリット・デメリット紹介!

研磨剤は歯を傷つけることもあるので注意!自分に向いているのは? 歯磨き粉の中には …

美しく自然な歯並びのために、セラミック治療を!

審美性やトータルで長期的な歯の健康を考えて選ぶならセラミック治療 自然で美しい白 …

80歳になっても自分の歯を保つ!「8020運動」ってどんなこと?

イキイキとした生活のため、8020運動は思い立った今から始めましょう! 「802 …