美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

失った歯の治療法…差し歯・ブリッジ・インプラントの違いと比較

見た目、使用感、費用、自分にあわせた治療法を選ぼう
lose

虫歯や欠けなどで歯を補う治療をするとき、差し歯やブリッジ、インプラントなどの治療法が選べるようになりました。名前は聞いたことがあっても、それぞれがどんな治療法でどのくらいの費用がかかるのか、治療したことがなければわかりませんよね。もっともよく知られる差し歯治療について、そして似たような印象があるブリッジ、インプラント治療との違いをご紹介します。

差し歯の治療方法

差し歯治療は、元の歯の根元が残っていることが前提となります。歯の残った根の部分に、金属やプラスチックでできた土台を入れ、被せものをするという方法です。

奥歯に使用される「銀歯」も差し歯の一種で、前歯はレジンと呼ばれる歯科用プラスチックを使用するのが一般的です。銀歯とレジンによる差し歯は保険が適用されるので、費用は1本3000円から1万円程度と比較的安価です。
保険適用される差し歯の材質は、硬質レジンジャケット冠、硬質レジン前装冠、銀歯の3種類。保険適用外の材質は、オールセラミック、ハイブリッドセラミック、メタルボンド、ジルコニアクラウン、金歯などで、いずれも1本4万円から20万円程度の費用がかかります。

ブリッジ・インプラントとの違いは?

治療面での差し歯とブリッジ、インプラントの大きな違いは、土台となる歯があるかどうかにあります。

差し歯は歯の根に土台を入れて被せものをする治療方法で、土台を入れるための歯の根が残っていなければなりません。

ブリッジは失った歯の両側にある歯を土台にして、失った歯の代わりとなる歯を補う治療方法です。治療対象となる歯が残っている必要はありませんが、ブリッジを被せる両側の歯がなければなりません。

これに対し、インプラントは人工の歯を1本ずつ埋め込む治療です。ネジ状の人工歯根を骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着するため、元の歯が残っている必要はなく、両側の歯が残っていなくてもできる治療法になります。

費用面では、差し歯とブリッジは保険適用されるものがあるのに対し、インプラントは完全に保険適用外の自由診療で、差し歯・ブリッジよりも治療費がかなり高額になるという違いがあります。ただし、差し歯とブリッジも材質によっては保険適用外となり、保険適用となる治療よりも高額になるので注意が必要です。

差し歯・ブリッジ・インプラントの比較

差し歯、ブリッジ、インプラント治療の気になる面をそれぞれ比較し、どの治療方法が優れているかをまとめました。

見た目のよさ…インプラント

インプラントはほぼ本物の歯と同じような見た目になります。差し歯・ブリッジはインプラントと比べるとやや劣るものの、材質によっては本物の歯に近い見た目になります。

使用感のよさ…インプラント

インプラントは、本物の歯とほぼ同じように仕上げることができるので、噛み合わせもそれまでとほとんど変わりません。差し歯・ブリッジの噛み合わせは、自然な歯の約6割程度と言われています。どちらの場合も、使っているうちに違和感が少なくなります。

費用の安さ・コストパフォーマンス…差し歯

差し歯は保険適用される材質であれば、1本数千円程度で治療できて安価です。寿命は7年から10年程度とされているので、前歯など目立ちやすい場所は定期的な交換ができるとベストです。ブリッジも、保険適用ができる材質は1万円から4万円程度ですが、保険適用外だと10万円以上と高価になります。耐用年数は3~8年程度です。

インプラントは自由診療で保険適用されません。そのため、1本につき30~50万円程度の費用がかかります。状態が良ければ40年以上持つ、という実績もあります。

他の歯への影響の有無…差し歯、インプラント

差し歯・インプラントは1本ずつ対応できるので、他の歯に影響を与えることは基本的にありません。

ブリッジは失った歯の両側にある歯の形を整えて支えにするため、健康な歯でも削る必要が出てきます。支えにした両側の歯にも負担がかかり、健康な歯の寿命を縮めてしまう可能性があります。

日頃のメンテナンスのしやすさ…差し歯、インプラント

差し歯とインプラントの日常メンテナンスは、本物の歯と同じく歯ブラシによる歯磨きだけでもOK。状態をチェックしてもらうためにも、定期的に歯科医院でクリーニングや検診を受けるとよいでしょう。

ブリッジは歯磨きのほかに、歯間ブラシやフロスが必要です。ブリッジは3つの歯が繋がっているので歯周病になりやすく、歯間や歯と歯ぐきの間のメンテナンスが必要になるのです。

費用面はもちろん、使用感やメンテナンス方法も大きく違ってくる差し歯、ブリッジ、インプラントの治療法。費用や見た目の印象だけで選ぶのではなく、治療後の歯全体のことを考えて、一番いいと思える治療法を選びたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
    follow us in feedly

  関連記事

放置すると抜歯することになる?歯根嚢胞の症状と治療方法

歯根嚢胞は早期治療が重要、歯茎の腫れや膿は痛くなくても歯科医へ 「歯根嚢胞」は、 …

舌がんの症状やセルフチェック法、発症しやすい年齢、治療法は?

目で見えるけれど発見が遅れがちな舌がん!症状などまとめ 舌がん(ぜつがん)という …

差し歯の寿命は使用する材料で違う!材質別に違う差し歯の寿命について

差し歯を短命にしてしまう原因についても紹介します。 一般的に差し歯の寿命は約10 …

歯が痛い!急な歯痛対策に常備しておきたい、お薦めの市販薬

歯痛の応急処置はお任せ、使用方法を守って使いましょう 仕事中や通勤・通学中、真夜 …

その歯ブラシ合ってないかも?正しい歯ブラシ選びのポイント

かたさや動かしやすさ×歯や歯茎の状態をチェックして選ぼう 毎日使っている歯ブラシ …

口内炎にはちみつが効くのは本当?ウサワの真相とはちみつの使い方

痛くて辛い口内炎の民間療法にはちみつがおすすめ!その理由とは? 誰でも一度くらい …

洗口液比較!人気マウスウォッシュの成分やおすすめの人は?

市販されている洗口液の特徴などを紹介!商品選びのポイントも。 できるだけ虫歯や歯 …

ガマンできない歯の痛みに…歯が痛い時に効くツボと避けたいNG行動

歯痛の応急処置に!痛みを悪化させてしまう行動もあわせて覚えよう 歯の痛みは突然現 …

いい歯科医院を見分ける4つのコツと7つのポイント!失敗しない歯医者の選び方

ポイントを抑えれば信頼できるいい歯医者さんは見つかります たくさんある歯科医院の …

八重歯は一生もののチャームポイントではない!原因や治療法について

八重歯の基礎知識や具体的なデメリット、原因や治療について… 10代や20代の前半 …