美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

カタル性口内炎とは?原因や症状、対策、病院での治療法を紹介!

物理的な刺激が原因で起きるカタル性口内炎とは?
d24362414037542d1cf49f9bed484795_s

口内炎にはいくつかの種類があります。どのような種類に該当するのかによって呼び名も異なるのですが、ここでは物理的な刺激が原因で発生する「カタル性口内炎」についてご紹介しましょう。

口の中の粘膜部分に炎症が発生したり、斑点やひび割れ、水泡、などの症状が現れるタイプの口内炎です。最も多いタイプの口内炎である「アフタ性口内炎」に比べると痛みは強くないのですが口の中のトラブルということもありできるだけ早めに治したいですよね。

そこでカタル性口内炎が発生する原因や対処法などについてご紹介しましょう。

カタル性口内炎とは?

口内炎というのはその名の通り口の中に発生する炎症のことをいいます。もっとも多く見られるアフタ性口内炎という口内炎の原因が免疫力の低下にあるのに対し、カタル性口内炎は物理的な刺激や傷であるということ。

例えば、熱い食べ物を口に入れた際に火傷をした、矯正器具や入れ歯が粘膜と擦れたなどの理由で粘膜部分に傷ができ、そこに細菌が繁殖することによってカタル性口内炎が発生します。

このほかに虫歯や歯周病、歯槽膿漏といった疾患が細菌繁殖を促し、カタル性口内炎に繋がるケースも珍しくありません。

健康状態が悪化している時にも発生しやすい口内炎なので風邪を引いていたり疲れが溜まってる時には発生しやすくなります。

小さな赤ちゃんの場合は何でも口に入れることがありますよね。その際におもちゃが口の中の粘膜に触れ、カタル性口内炎を引き起こすこともあります。

カタル性口内炎の症状

鏡で見てみると口の中の粘膜部分が赤く炎症を起こしています。状態が悪化すると炎症を起こした部分が白くただれ、ヒビ割れたりするのが主な症状です。

カタル性口内炎が発生すると口臭に繋がったり、鈍く痛むこともあるので口の中に何らかの異常が感じられたらカタル性口内炎ができていないかチェックしてみてくださいね。

人によっては味覚鈍化が起き、食べ物や飲み物の味がわからなくなることもあります。他にも急に唾液の量が増えるケースもあるため、このような症状が現れたらカタル性口内炎を疑いましょう。

最も多い口内炎であるアフタ性口内炎との大きな違いとして、アフタ性口内炎になると何を食べてもしみる状態になることもありますがカタル性口内炎の場合は刺激のある物を食べた時くらいしかしみるようなことはありません。

カタル性口内炎の対策

放置しておいても10日もすれば治りますが、できるだけ早く治したいのであればドラグストアで購入できる口内炎治療薬の軟膏を塗るのがおすすめです。

また、状態を悪化させないためには口内を衛生的に保つことが重要になります。ぬるま湯で定期的にうがいをし、口内に傷をつける原因があるのであればそれを取り除きましょう。

例えば、矯正器具があたって何度もカタル性口内炎を繰り返しているということであれば矯正器具を新しいものに取り替えるなどの対策を取らなければなりません。なかには八重歯などの尖った歯が口内を傷付けるケースもあるため、この場合は歯科医院で少し削ってもらうなどの対策も効果的です。

自宅でできる簡単な対策としてはうがい薬を使ったうがいが効果的です。口の中を清潔にするのにも役立つので、カタル性口内炎に悩まされている方はうがいを習慣にしてみましょう。

口の中を清潔にするという意味では丁寧な歯磨きも欠かせません。

また、粘膜の成長を促すビタミンB2を含む牛乳や卵、チーズ、牛、豚などを取り入れるのも効果的なので実践してみてくださいね。

疲れている時に発生しやすい口内炎でもあるため、十分な睡眠時間を取って生活習慣も整えましょう。

病院での治療法は?

口の中のトラブルということで歯科医院に相談に行く方もいますが、口内炎は耳鼻咽喉科の担当分野です。経過観察や軟膏を処方されるだけというケースも多いのですが、病院によってはレーザー治療を取り入れているところもあるので治療について相談してみましょう。

たかが口内炎と放置しない

カタル性口内炎だと思っていたものの、実はそれとは違う大きな病気だったというケースがゼロというわけではありません。例えば、 舌がんの初期症状として口内炎のようなものが現れることもあるため注意が必要です。

特にカタル性口内炎だった場合には長くても10日~2週間程度で状態が改善するため、一向によくならないということであれば病院で精密検査を受けた方が安心できます。

口内炎自体は珍しいものではありませんが、頻繁にできる、なかなか治らないということであれば対策についてもしっかり考えてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
    follow us in feedly

  関連記事

八重歯は一生もののチャームポイントではない!原因や治療法について

八重歯の基礎知識や具体的なデメリット、原因や治療について… 10代や20代の前半 …

フッ素で虫歯を予防しよう!フッ素で虫歯を防げるメカニズム

歯を強くして虫歯から守る「フッ素」を使った歯科治療や気になる費用 歯磨き粉に入っ …

歯医者さんも納得!超音波歯ブラシのスゴさとは…

超音波歯ブラシが持つスゴさや、実際に使用する際のポイントをわかりやすく説明します …

ココナッツオイルのオイルプリングがもたらすお口周りのトラブル改善効果は、嘘?本当?

オイルプリングのココナッツオイルがもたらす口腔環境へのメリットに焦点を当てて、「 …

歯がとれたら接着剤でくっつけてもいい?危険性と応急処置

差し歯や歯の詰め物が取れたからといって接着剤を使うのは絶対NG! 物を食べている …

放置すると抜歯することになる?歯根嚢胞の症状と治療方法

歯根嚢胞は早期治療が重要、歯茎の腫れや膿は痛くなくても歯科医へ 「歯根嚢胞」は、 …

アゴの骨にできる腫瘍!?「歯牙腫(しがしゅ)」ってどんな病気?

歯牙種という病気や手術の必要性について、わかりやすく説明します。 小さな子どもや …

あごの骨が溶けてしまう危険性もある「歯根膜炎」ってどんな病気?

感染性と非感染性があり、放置すると症状が悪化、早めの医師への相談が必須 歯根膜炎 …

歯茎が痩せる原因は…?若々しい口元を保つ方法を紹介します

歯茎が痩せるのは歳のせい!?それだけではない原因や、治療・予防の方法についてをわ …

歯がぐらぐらするのは危険信号!歯がぐらつく4つの原因と治療法

歯のぐらつきに要注意、放置していると歯が抜けることも… 歯は本来ならしっかり固定 …