美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

口の中にカビ!?口の中の白さ、ピリピリした痛みは口腔カンジダ症かも

誰にでも起こり得る口腔カンジダ症は比較的かんたんに治療できる症状です
1b8bb7b15c3ed44ed40fe226e9f157cf_s

歯磨きの後などに鏡でじっくり口の中を見てみたら、何となく全体が白っぽくなっている、ピリピリした痛みがあるけど口内炎とは違う、歯医者に行ってみたけど原因がわからず様子見するように言われた…。そんな場合は、もしかしたら口腔カンジダ症かもしれません。

はっきりした症状が出ないこともあり、原因不明と診断されることもある口腔カンジダ症ですが、比較的かんたんに治療でき、予防することもできる症状です。

口腔カンジダ症と現れやすい症状

口腔カンジダ症は、カビ菌の一種であるカンジダ菌が繁殖して、口の中や唇と周辺などに症状が現れるものです。

カンジダ菌はどこかから感染するわけではなく、多くの人の口腔内にある菌のひとつで、病原性が弱く健康であるときには悪さをしません。しかし風邪を引いて免疫力が低下したり、常在菌のバランスが崩れたりすると、カンジダ菌が異常増殖して、口腔カンジダ症を発生させてしまうんですね。

口腔カンジダ症の症状として代表的なものをご紹介します。

・口の中がピリピリと痛む…口の中や舌が赤くなり、食事や飲み物の刺激で痛みが出ます。唾液の少ない人に起こりやすい症状です。

・粘膜に白い膜ができる…頬の内側や舌の表面に、苔のような白い膜ができます。痛みはほぼなく、こするとかんたんにはがれてしまうので、放置しても治ることが多い症状です。

・舌が黒くなる…カンジダ菌の成分と血液の成分が結びつくことで、舌の表面が黒くなります。多くの原因は抗生物質を長期間服用していることで、薬を切り替えることで治ることがあります。

・口角炎…口角に現れる口角炎の多くは、カンジダ症が原因です。乾燥やビタミン不足が原因であることが多くなっています。

こんな症状で原因が分からないと言われたら、口腔カンジダ症を疑ってみてもよいかもしれません。

口腔カンジダ症が起こってしまう原因

口腔カンジダ症が起こる原因には、主にこのようなものがあります。

体の免疫力の低下

栄養不足や病気によって体の免疫力が低下すると、カンジダ菌が繁殖しやすくなり、カンジダ症が発生しやすくなります。健康なときには、口の中のカンジダ菌が粘膜の中まで入り込まないよう、免疫が働いていますが、免疫力が低下するとカンジダ菌が粘膜の中まで入ってきてしまうため、カンジダ症になりやすいのです。

唾液が少なく口の中が乾いている

唾液は粘膜を保護したり、口の中にある細菌を洗い流したりする役割を持っています。唾液が少なく口の中が乾燥していると、唾液によって保たれていた粘膜の抵抗力が低下したり、粘膜が傷つきやすくなってしまうので、粘膜にカンジダ菌が入り込みやすくなってしまいます。

抗生物質を長期間飲んでいる

抗生物質は特定の細菌を死滅させたり、増殖を抑えたりする働きがあります。抗生物質を長期間飲むと、抗生物質に反応する細菌が少なくなり、反応せず生き残ったカンジダ菌の繁殖に繋がり、カンジダ症を発生させやすくなります。

口腔カンジダ症の予防方法

40~60%の人の口の中にいるカンジダ菌ですが、健康であれば悪さをすることはありません。カンジダ菌が繁殖しにくい環境を作れば、カンジダ症を予防することも可能です。

口腔内を清潔にする

歯ブラシはもちろん、デンタルフロスなどを使って、口腔内を清潔に保つようにしましょう。洗口液も有効ですが、アルコール入りの洗口液はカンジダ菌以外の常在菌も殺菌しやすいので、やりすぎないようにしましょう。

乾燥させない

口の中や周辺が乾燥するのも、カンジダ菌が増える原因になります。人工唾液や保湿洗口液を使用したり、よく噛んで食べる、水分を多めに取る、タブレットなどを口に含んで唾液を出すようにするなど、必要に応じて乾燥を防ぐ方法をとりましょう。口の周りも、リップクリームやワセリンで保湿しましょう。

口腔内を傷つけない

口腔内が乾燥していると口の中が傷つきやすくなります。歯磨きの前には水を口に含むなど、口腔内をしっかり潤してからにしましょう。

長期間の薬の服用を控える

抗生物質や真菌剤、ステロイド剤を長期間にわたって服用すると、常在菌のバランスを崩してカンジダ菌が増えやすくなります。必要以上の服用は避け、担当医と相談しながら薬の変更などをおこないましょう。

免疫力を低下させないようにする

病気のときはもちろん、ダイエットによる栄養不足も免疫力の低下を招きます。食事やサプリメントでしっかりと栄養を補うようにし、免疫力や体力の低下を防ぎましょう。

いつの間にか起こってしまう口腔カンジダ症。命に関わるような症状ではなく、いつの間にか治っていることもあれば、なかなか治らないこともあります。

それでも見た目に影響したり、痛みで食事を楽しめなくなることも。まずはカンジダ症の原因となる環境を改善し、カンジダ菌が増えないよう、予防に努めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
    follow us in feedly

  関連記事

歯がとれたら接着剤でくっつけてもいい?危険性と応急処置

差し歯や歯の詰め物が取れたからといって接着剤を使うのは絶対NG! 物を食べている …

リステリンは口臭、歯肉炎の予防に効果的!種類や使い方は?

口に含んで30秒ほどすすぐだけの簡単口内ケア!リステリンとは? 口臭や歯肉炎対策 …

舌のひび割れが見つかったら…それは溝状舌かも!溝状舌の症状と原因、治療法

溝状舌になってしまったら舌や口腔内の清潔を保ちましょう 歯磨きをしながら、歯や歯 …

口内炎にはちみつが効くのは本当?ウサワの真相とはちみつの使い方

痛くて辛い口内炎の民間療法にはちみつがおすすめ!その理由とは? 誰でも一度くらい …

ココナッツオイルのオイルプリングがもたらすお口周りのトラブル改善効果は、嘘?本当?

オイルプリングのココナッツオイルがもたらす口腔環境へのメリットに焦点を当てて、「 …

黄ばんだ歯は印象ダウン!セルフホワイトニングで美しい白い歯を!

「ホワイトニングって高い・痛い」、そんな印象を払拭! 最近「歯のセルフホワイトニ …

80歳になっても自分の歯を保つ!「8020運動」ってどんなこと?

イキイキとした生活のため、8020運動は思い立った今から始めましょう! 「802 …

「むし歯」ってどんな病気!?基本的な知識をわかりやすく紹介

誰でもリスクのある「むし歯」について、原因や治療方法、予防などについてをわかりや …

歯磨き粉の成分にはどんな効果があるの?知っているようで知らない成分のはなし

悩みや目的に合わせた歯磨き粉を選んでデンタルケアの効率アップ! 普段使っている歯 …

歯茎が痩せる原因は…?若々しい口元を保つ方法を紹介します

歯茎が痩せるのは歳のせい!?それだけではない原因や、治療・予防の方法についてをわ …