美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

食前に行う口腔体操で誤飲防止!スムーズに飲み込めるようになるポイント

物を飲み込みにくい、むせることが多い人は口腔体操で対策を!
e95608cda943fed6e111d5917e062e18_s

年をとると食事をした際に誤飲の可能性が高まります。誰でも加齢によって口周りの筋力が衰えるものなのですが、口腔体操と呼ばれるものを実行することにより誤嚥を防ぐ力を高めることができるのです。

まだまだ誤飲をするような年じゃないし…と思っている方もいるかもしれませんが、普段からあまり咀嚼をしない方や早食いの癖がある方は注意しておきましょう。特に食事をする際にむせることがあるという方は口周りの筋肉や咀嚼の能力が衰えている可能性があります

そこでおすすめの口腔体操についてご紹介しましょう。

パタカラ体操が効果的

パタカラ体操というのは「パ」「タ」「カ」「ラ」と発音をすることによって食事をする際に必要となる筋肉を鍛える方法です。唾液の分泌促進にもつながるため、飲み込みもスムーズになります。それぞれを発音するポイントについてご紹介しましょう。

しっかり口を閉じて「パ」

「パ」を発音する際には唇をしっかり閉じた状態から発音します。物を食べている最中についポロポロとこぼしてしまうという方は唇を閉じる力が弱まっている可能性があるため口を閉じる筋力をアップしましょう。

舌の筋肉をトレーニングする「タ」

「タ」と発音する際には舌を上あごから下あごにうちつけるようにイメージするのがポイントです。物を飲み込もうとするとわかりますが、のみ込んだときというのは舌が上あごにくっついた状態になっていますよね。「タ」の発音は物を飲み込む際のトレーニングです。

食道に食べ物を運ぶ「カ」

飲み込んだものを食道に送る際には喉を閉めることがポイントです。「カ」の発音をする際には一度しっかり喉を閉め、そこから空気を吐き出すようなイメージで発音しましょう。

柔軟な舌を作る「ラ」

「ラ」の発音する際には丸めた舌を前歯の裏にくっつけますよね。舌というのは物を飲み込む際にたくさんのサポートをしてくれます。舌の動きを柔軟にしておくことにより誤飲の可能性も低くなるのです。

このように食事の前に「パ」「タ」「カ」「ラ」と繰り返し発音する運動を行いましょう。ポイントはしっかりと一つ一つの言葉を大切にして発音するということです。特に意識しなくても発音自体はできますが、それでは意味がありません。

ご紹介したように何のためにそれを発音するのかよく考えた上で実践してみてくださいね。

嚥下体操も効果的

物を噛んで飲み込むというのはとても簡単な動作に思えますが、年をとってくると物が飲み込みにくいと感じる方が増えます。そういった方は嚥下体操を行って嚥下機能を高めましょう。

慌てて食事をすると誰でもむせることがありますよね。これは食事をする準備が整っていない身体に突然食べ物を入れたことが大きな原因です。

次のような手順で嚥下体操を行いましょう。

食事の前にこれから物を食べるということをしっかり脳に理解させることが大切です。リラックスした状態で深呼吸をしましょう。

続いて嚥下しやすくするために首周りの筋肉をやわらかくします。首を前後左右に倒したり右回り、左回りとゆっくりまわしてくださいね。

続いて肩をまわしてよくほぐします。

口を閉じた状態で頬を膨らませるように空気を入れる、舌を出して上下左右に動かすなどの体操も効果的です。続いて先にご紹介したパタカラ体操を実践しましょう。

普段から誤嚥しがちな方はもしも誤嚥したときに備えて咳払いの練習をして完了です。

毎日継続して行おう

口腔体操は一日の中でいつ行っても良いです。食事を取る前はできるだけ実践してみてくださいね。

テレビを見ているときやお風呂に入っている最中に少しずつ時間を見つけて体操を行うことにより口周りの筋肉を鍛えることができます。

特に食事をする際にむせたりすることがない方も早くから口腔体操を取り入れておくことにより年をとった際に誤飲しにくくなるのでぜひ継続してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
    follow us in feedly

  関連記事

唇から膿!?その原因は、口唇ヘルペスかも…潰しちゃイケナイ理由とは

唇から膿が出る…という症状にお困りの方へ。口唇ヘルペスについての説明や、膿が出た …

口内炎にも種類がある!原因や対策は?注意したい症状も…

たかが口内炎と考えるのは危険!?種類や症状などを紹介 口内炎は誰でも一度はできた …

失った歯の治療法…差し歯・ブリッジ・インプラントの違いと比較

見た目、使用感、費用、自分にあわせた治療法を選ぼう 虫歯や欠けなどで歯を補う治療 …

歯が抜けたら放っておかないで!早期治療で抜けた歯がくっつくかも

歯が抜けた時に自分でできる応急処置と歯医者での治療法 歯が折れるのではなく抜けて …

放置すると抜歯することになる?歯根嚢胞の症状と治療方法

歯根嚢胞は早期治療が重要、歯茎の腫れや膿は痛くなくても歯科医へ 「歯根嚢胞」は、 …

歯の欠損、放置するとどうなる?口腔崩壊、顎関節症、老け顔・・・本当にコワイ歯の欠損

虫歯や歯周病、また転倒などの事故で歯を失うことを「欠損」といいます。歯周病治療な …

フッ素で虫歯を予防しよう!フッ素で虫歯を防げるメカニズム

歯を強くして虫歯から守る「フッ素」を使った歯科治療や気になる費用 歯磨き粉に入っ …

ガタガタ!ボコボコ!舌のふちに歯型がつく7つの原因と対処法

舌のふちにつく歯型は意外な病気のサインかもしれません 歯磨きをしながら鏡を見て、 …

親知らずを抜いた後は、違和感があって当然!?トラブル(ドライソケット)との見分け方

「親知らずを抜いた後、違和感がある…」と不安な方へ!抜歯後の通常な違和感と、トラ …

歯医者さんも納得!超音波歯ブラシのスゴさとは…

超音波歯ブラシが持つスゴさや、実際に使用する際のポイントをわかりやすく説明します …