美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

食前に行う口腔体操で誤飲防止!スムーズに飲み込めるようになるポイント

物を飲み込みにくい、むせることが多い人は口腔体操で対策を!
e95608cda943fed6e111d5917e062e18_s

年をとると食事をした際に誤飲の可能性が高まります。誰でも加齢によって口周りの筋力が衰えるものなのですが、口腔体操と呼ばれるものを実行することにより誤嚥を防ぐ力を高めることができるのです。

まだまだ誤飲をするような年じゃないし…と思っている方もいるかもしれませんが、普段からあまり咀嚼をしない方や早食いの癖がある方は注意しておきましょう。特に食事をする際にむせることがあるという方は口周りの筋肉や咀嚼の能力が衰えている可能性があります

そこでおすすめの口腔体操についてご紹介しましょう。

パタカラ体操が効果的

パタカラ体操というのは「パ」「タ」「カ」「ラ」と発音をすることによって食事をする際に必要となる筋肉を鍛える方法です。唾液の分泌促進にもつながるため、飲み込みもスムーズになります。それぞれを発音するポイントについてご紹介しましょう。

しっかり口を閉じて「パ」

「パ」を発音する際には唇をしっかり閉じた状態から発音します。物を食べている最中についポロポロとこぼしてしまうという方は唇を閉じる力が弱まっている可能性があるため口を閉じる筋力をアップしましょう。

舌の筋肉をトレーニングする「タ」

「タ」と発音する際には舌を上あごから下あごにうちつけるようにイメージするのがポイントです。物を飲み込もうとするとわかりますが、のみ込んだときというのは舌が上あごにくっついた状態になっていますよね。「タ」の発音は物を飲み込む際のトレーニングです。

食道に食べ物を運ぶ「カ」

飲み込んだものを食道に送る際には喉を閉めることがポイントです。「カ」の発音をする際には一度しっかり喉を閉め、そこから空気を吐き出すようなイメージで発音しましょう。

柔軟な舌を作る「ラ」

「ラ」の発音する際には丸めた舌を前歯の裏にくっつけますよね。舌というのは物を飲み込む際にたくさんのサポートをしてくれます。舌の動きを柔軟にしておくことにより誤飲の可能性も低くなるのです。

このように食事の前に「パ」「タ」「カ」「ラ」と繰り返し発音する運動を行いましょう。ポイントはしっかりと一つ一つの言葉を大切にして発音するということです。特に意識しなくても発音自体はできますが、それでは意味がありません。

ご紹介したように何のためにそれを発音するのかよく考えた上で実践してみてくださいね。

嚥下体操も効果的

物を噛んで飲み込むというのはとても簡単な動作に思えますが、年をとってくると物が飲み込みにくいと感じる方が増えます。そういった方は嚥下体操を行って嚥下機能を高めましょう。

慌てて食事をすると誰でもむせることがありますよね。これは食事をする準備が整っていない身体に突然食べ物を入れたことが大きな原因です。

次のような手順で嚥下体操を行いましょう。

食事の前にこれから物を食べるということをしっかり脳に理解させることが大切です。リラックスした状態で深呼吸をしましょう。

続いて嚥下しやすくするために首周りの筋肉をやわらかくします。首を前後左右に倒したり右回り、左回りとゆっくりまわしてくださいね。

続いて肩をまわしてよくほぐします。

口を閉じた状態で頬を膨らませるように空気を入れる、舌を出して上下左右に動かすなどの体操も効果的です。続いて先にご紹介したパタカラ体操を実践しましょう。

普段から誤嚥しがちな方はもしも誤嚥したときに備えて咳払いの練習をして完了です。

毎日継続して行おう

口腔体操は一日の中でいつ行っても良いです。食事を取る前はできるだけ実践してみてくださいね。

テレビを見ているときやお風呂に入っている最中に少しずつ時間を見つけて体操を行うことにより口周りの筋肉を鍛えることができます。

特に食事をする際にむせたりすることがない方も早くから口腔体操を取り入れておくことにより年をとった際に誤飲しにくくなるのでぜひ継続してみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3
    follow us in feedly

  関連記事

八重歯は一生もののチャームポイントではない!原因や治療法について

八重歯の基礎知識や具体的なデメリット、原因や治療について… 10代や20代の前半 …

よだれが大量に出るのは体の危険サイン!?唾液過多症の3つの原因

飲みこめないほどのよだれが出る時は体調に注意! 唾液が少なく口内が乾燥するドライ …

加齢?歯周病?歯茎が下がる4つの原因と歯茎下がりの対処法

下がった歯茎、痩せた歯茎を改善させる方法はあります! なんだか歯が長くなった?と …

歯周ポケットは歯周病の主原因、浅いうちにケアを

歯周ポケットをケアすることで歯周病を撃退! ハミガキや歯ブラシのCMなどでもよく …

歯茎が痩せる原因は…?若々しい口元を保つ方法を紹介します

歯茎が痩せるのは歳のせい!?それだけではない原因や、治療・予防の方法についてをわ …

カタル性口内炎とは?原因や症状、対策、病院での治療法を紹介!

物理的な刺激が原因で起きるカタル性口内炎とは? 口内炎にはいくつかの種類がありま …

ガマンできない歯の痛みに…歯が痛い時に効くツボと避けたいNG行動

歯痛の応急処置に!痛みを悪化させてしまう行動もあわせて覚えよう 歯の痛みは突然現 …

美しく自然な歯並びのために、セラミック治療を!

審美性やトータルで長期的な歯の健康を考えて選ぶならセラミック治療 自然で美しい白 …

口腔アレルギー症候群とは?花粉症の人は食べ物に注意が必要!

食後の違和感…口腔アレルギー症候群かも!症状や原因は? 食事をした際に何となく喉 …

放っておくと怖い「ドライマウス」口臭や虫歯の原因になることも…

患者数が急増中「ドライマウス」は現代人が注意すべき症状 ドライマウスの患者数は近 …