美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

口腔アレルギー症候群とは?花粉症の人は食べ物に注意が必要!

食後の違和感…口腔アレルギー症候群かも!症状や原因は?
181a3a7775f07d9f2560399ae82b2601_s

食事をした際に何となく喉がイガイガする…ということであればもしかしたら口腔アレルギー症候群かもしれません。人によっては唇に違和感があったり、顔面が腫れることもあります。さらには呼吸困難に繋がることもあるため、甘く見てはいけません。

特に花粉症の方に多く見られる症状です。しかし、花粉症に悩んでいる人というのは非常に多いですよね。花粉症体質の方は口腔アレルギー症候群の症状や対処法などについてしっかりチェックしておきましょう。

口腔アレルギー症候群の症状

食材の中でも特に野菜やフルーツ、ナッツ類などを食べた後に喉や唇がイガイガする、痒くなるという症状が挙げられます。その名の通りアレルギー症状の一種なのですが、どこに症状が現れるかというのは人によって違いがあり、なかには腹痛が起こる方や鼻や目に症状が現れる方もいるようです。

口腔アレルギー症候群の原因

食材の中には花粉症の原因でもあるタンパクと構造が似ているものがあります。そういったものを取り入れた際に花粉症と同じくアレルギー反応を起こすことがあるのです。

花粉症の方はアレルゲン構造が似ている食材の摂取を控えましょう。

特にキウイ、リンゴ、サクランボ、グレープフルーツ、メロン、セロリ、トマト、ニンジン、ジャガイモ、ピーナッツ、アーモンド、クルミ、ココナッツ、ヘーゼルナッツなどは危険性が高いです。

自分の場合はどれに反応してしまうのかを突き止め、その食材を避けましょう。どれにアレルギー反応を起こしているのかわからないということであればほんの少量だけ舌先に乗せ、ピリピリするなどの異常がないか確認することも大切です。

アナフィラキシーショックに注意

重症な口腔アレルギー症候群が起きた場合にはアナフィラキシーショックの危険性もあります。最悪の場合には死に至ることもあるため、ほんの少し喉がイガイガする程度だから…と甘く見ないようにしましょう。

該当の食材を避けるためには何にアレルギー反応を起こすのか細かく調べることが大切です。口腔アレルギー症候群やアレルギー症状を疑っている方は医療機関を受診して検査を受けましょう。

病院での検査・治療について

アレルギー科を受診するのがおすすめです。アレルギーは細かく血液検査や皮膚検査をしなければわからないものが多いため、疑わしい食べ物などが分かっているようであればそういった情報も伝えましょう。

重症な場合は総合病院へ行くように指示されることもあります。

病院での治療は基本的に抗アレルギー薬の服用となり、症状が出やすい季節は定期的に服用しなければなりません。万が一症状が出てしまった場合にはすぐに抗ヒスタミン薬や副腎皮質ステロイド薬を服用することも大切です。

こういった応急処置が取れなかった場合には総合病院の救急外来でステロイド薬の点滴治療を受けるなどの対策を取らなければならないので、アレルギーが起きた時の対応についてもよく考えておきましょう。

口にするものには敏感になろう

口腔アレルギー症候群を抱えている方の中には食べると調子が悪くなる食材があるということを把握しているものの、それほど深く考えていないという方も多いようです。ほんの少量だけであれば問題ないケースもありますが、ストレスを溜め込んでいるときや睡眠不足が続いている時にはアレルギーを発症しやすい状態になるので十分に注意が必要です。

食事を取る際にはその中に自分にとってアレルギーに繋がる食材が含まれていないかよく確認しましょう。ある日突然強いアレルギー症状が現れる恐れもあるので気をつけてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

八重歯は一生もののチャームポイントではない!原因や治療法について

八重歯の基礎知識や具体的なデメリット、原因や治療について… 10代や20代の前半 …

寝起きの口臭は誰でもある?寝起きに口が臭くなる原因と対策法

朝の口臭は予防できる!今日からできる簡単口臭予防 朝起きた時に口の中がネバネバし …

口呼吸の危険性は多数!鼻呼吸に変えるための方法もチェック!

デメリットの多い口呼吸を鼻呼吸にするにはどうすればいい? 気づくと口が渇くという …

舌をきれいにするつもりが、逆に傷つけているかも!舌苔ケアの基本

汚いし、口臭の原因にも…!舌苔をケアして、自信が持てる口元を目指そう 突然ですが …

その歯ブラシ合ってないかも?正しい歯ブラシ選びのポイント

かたさや動かしやすさ×歯や歯茎の状態をチェックして選ぼう 毎日使っている歯ブラシ …

歯茎に良い食べ物を摂取して、歯周病を予防しよう

カルシウム、たんぱく質で歯茎を強化し、ビタミンC、食物繊維で歯周病を防ぐ 歯も歯 …

歯がとれたら接着剤でくっつけてもいい?危険性と応急処置

差し歯や歯の詰め物が取れたからといって接着剤を使うのは絶対NG! 物を食べている …

歯が抜けたら放っておかないで!早期治療で抜けた歯がくっつくかも

歯が抜けた時に自分でできる応急処置と歯医者での治療法 歯が折れるのではなく抜けて …

歯磨きの理想の回数は?専門家も勧める回数は「3+1」回!

食後と寝る前の歯磨きを習慣づけることはデンタルケアの第一歩です 毎日の歯磨き、1 …

歯周ポケットは歯周病の主原因、浅いうちにケアを

歯周ポケットをケアすることで歯周病を撃退! ハミガキや歯ブラシのCMなどでもよく …