美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

歯医者さんの治療費…どうやって決まるの?

歯医者さんごとに治療費が異なる理由や、治療費がどのように決まるのかを説明します。
29d198683284284537bc27241351d4a5_s

虫歯になって歯医者さんへ行くとなると、お財布にいくら入れていこう…?と悩む方も多いはず。前の治療ではこれくらいだったから、と自分なりに見積もった金額でも、支払いのシーンで「思ったより高い!」と驚く事もあれば、「え…たったのコレだけ!?」と拍子抜けしてしまう事も珍しくはありません。

そこで、ここでは『歯医者の治療費…どうやって決まる?』というテーマについて、歯医者さんになかなか通わない方でもわかりやすく説明します。治療費の心配をクリアにして、納得のいく歯科治療を受けましょう!

歯医者さんごとに値段が変わるワケ

患者として一番不思議なのは、なんといっても足を運んだ歯医者さんによって値段に差があるというポイントでしょう。この疑問は、その歯医者さんで行われているのが健康保険の対象となる“保険治療”か否かでクリアにできるはずです。歯医者さんでの治療は保険治療と自費治療の2種類に分かれるのですが、以下にそれぞれの仕組みを説明します。

健康保険の対象となる保険治療・保険診療について…

健康保険の対象となる治療の事を保険治療や保険診療と呼び、これは社会保険や国民健康保険に加入している患者さんが負担する治療費をセーブさせる事ができるシステムです。具体的に治療費負担は0〜3割で、虫歯や歯周病で訪れた患者さんに行われる基本的な治療となります。

健康保険の対象となる治療の金額を定める金額報酬点数は国によって定められているため、歯医者さんが自由に金額を決める事はできません。したがって保険治療である限り、治療内容が同じであればどこの歯医者さんへ足を運んでも同じ金額で治療を受ける事ができるのです。

自費治療・自由診療・保険外治療について…

「自費治療・自由診療・保険外治療」と3つを並べていますが、これらは全て同じ意味を指しています。健康保険の対象となる治療に対し、自費治療では治療にかかった全額を患者さんが負担しなくてはいけません。ホワイトニングや歯列矯正などの美容を目的とした治療や、最新技術を必要とする治療・値段の高い材料を使用する治療(セラミックやインプラント)などがこれにあたります。

さらに、健康保険の対象とならないこれらの治療は、歯医者さん側が自由に価格を決める事のできる特徴を持っています。そのため新しかったりラグジュアリーな雰囲気の歯医者さんなどへ行くと、そのクリニックごとに異なる請求をされ「え、思ったより高い!」という疑問につながるというわけです。

双方にメリット・デメリットがある!

ここまで聞けば、「自費治療はメリットがないな…」と思われるかもしれません。確かにコスパを重視して歯医者さんをチョイスするのであれば利点の少ない選択肢だといえますが、治療後の見た目を重視したいのであれば自費治療に軍馬が上がります。また保険治療の場合、症状に応じて必要最低限の機能回復をゴールに治療を行うためケースによっては再び治療を行わなければいけない事も…。結果的には自費治療よりも高額な出費となりうる可能性もあるので、ご自身の症状や希望を考慮して慎重に選びたいところですね。

金額は虫歯の進行度合いと治療内容で決まる

上記で説明した通り、歯医者さんで行われる治療には健康保険の対象となる保険治療と、健康保険の対象ではない自費治療とが存在しています。そして歯医者さんでの治療費は、「虫歯の進行度合い」と「保険対象か否か(行われる治療)」によって決まるのです。もちろん進行が軽度であれば安く、進行が進んでいるほど金額は大きくなります。

症状や進行具合、また患者さんの希望などはケースバケースですが、例えば虫歯治療の場合は以下のように治療内容や価格が変わっていきます。(自費治療の価格はクリニックごとに異なるため、ここで一概に紹介することができません。)

軽度の虫歯

軽度の虫歯には、一般的に虫歯部分を削って詰め物を詰める治療やブラッシングの指導などが行われます。保険治療でおよそ1,500円〜3,000円ほど。ここで注意したいのは、虫歯が1本もない状態の歯へ行われるフッ素塗布などの治療は基本的に自費治療になってしまうというポイントです。(虫歯になりやすい患者さんへは、歯医者さんの判断で保険治療として行われるケースもあります)

中度の虫歯

中度の虫歯にも、虫歯部分を削って詰め物を詰める治療などが行われます。とはいえ軽度よりも進行が進んでいるため、何度か歯医者さんへ足を運んでの治療となるでしょう。保険治療での目安は2,000円〜10,000円ほどです。

重度の虫歯

歯の奥深くまで及んでいる重度の虫歯へは、抜歯の後にブリッジや部分入れ歯を入れるなどの治療が行われます。保険治療で価格は7,000円〜20,000円ほどです。ビジュアルを重視するのであれば、自費治療でインプラントなどの選択肢も。

保険治療から自費治療へ切り替わってしまうタイミングがある!

日本では、健康保険が適応される治療と、適応されない自費治療を組み合わせた診察行為(混合診療)が禁止されています。しかし、歯医者さんではこの限りではありません。スタート視点では保険治療でも、患者さんが希望すれば途中から自費治療へと移ることが可能なのです。

たとえば虫歯の治療を進めている途中で、歯医者さんから「かぶせる材料」についての話がスタートしたら…まさにそこが自費治療へのターニングポイント!健康保険を適応させる場合は銀歯ですが、ビジュアルを重視してセラミックなどを選んでしまうと自費治療へ切り替わってしまいます。

まとめとして…

  • 保険治療・保険診療は0〜3割で受けることのできる基本的な治療
  • 自費治療・自由診療・保険外治療は全額負担で受けることのできる治療
  • 歯医者の治療費は、治療が保険適応か否かという点と進行具合で決まる
  • 保険治療でスタートしても、途中から自費治療に切り替わるケースがある

歯医者さんの価格は、①症状の進行度②治療内容が保険適応か否かで決まる…ということがわかりました。また「自費治療だから、高額な治療費を請求してくる良くない歯医者さんだ!」と決めつけることもできないという点もご理解いただけたかと思います。ご自身が優先するポイント(コスパか、治療後のビジュアルか…)をしっかりと見極めて、ぜひ納得できる歯医者さん選びに役立ててください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

理想的な歯磨きの時間は10分!ていねいな歯磨きができる6つの工夫

面倒な歯磨きも工夫しだいでしっかりていねいに! 歯磨きは、ほとんどの人が毎日おこ …

舌をきれいにするつもりが、逆に傷つけているかも!舌苔ケアの基本

汚いし、口臭の原因にも…!舌苔をケアして、自信が持てる口元を目指そう 突然ですが …

ズキズキ痛みを伴う歯髄炎は原因を知って早めに対処しよう

歯髄炎で神経を抜くと歯が短命に、そうなる前に対応が必要 歯髄炎(しずいえん)は、 …

手磨きよりもスグレモノ?電動歯ブラシのメリット・デメリット

メリット・デメリットを理解して自分にあった歯ブラシを選びましょう 電動歯ブラシは …

洗口液比較!人気マウスウォッシュの成分やおすすめの人は?

市販されている洗口液の特徴などを紹介!商品選びのポイントも。 できるだけ虫歯や歯 …

その歯ブラシ合ってないかも?正しい歯ブラシ選びのポイント

かたさや動かしやすさ×歯や歯茎の状態をチェックして選ぼう 毎日使っている歯ブラシ …

生理中の口臭がきつくなるって本当!?原因と対策をチェック!

生理中は口臭がひどくなりがちなので注意!しっかり対策を! 自分では気づかない方が …

口内炎にも種類がある!原因や対策は?注意したい症状も…

たかが口内炎と考えるのは危険!?種類や症状などを紹介 口内炎は誰でも一度はできた …

唇から膿!?その原因は、口唇ヘルペスかも…潰しちゃイケナイ理由とは

唇から膿が出る…という症状にお困りの方へ。口唇ヘルペスについての説明や、膿が出た …

頭痛・歯痛が一緒に出たら虫歯や群発頭痛の可能性!頭痛と歯痛の関係

痛みの原因を突き止めることが症状改善への第一歩 ストレスや睡眠不足、生理痛など、 …