美ボディプレス

理想の素肌を手に入れるための脱毛レポート

   

差し歯の寿命は使用する材料で違う!材質別に違う差し歯の寿命について

差し歯を短命にしてしまう原因についても紹介します。
70d0930dee5707802c06db66030b8a9d_s

一般的に差し歯の寿命は約10年だと言われていますが、一口に「差し歯」と言っても使用される材料には様々なものがあります。使われているモノが異なれば、その差し歯の寿命も少しづつ違います。いずれにしても、せっかく入れた差し歯はできるだけ長持ちさせたいものですよね。ここでは材料ごとに異なる差し歯の寿命と、差し歯を短命にさせてしまう原因についてをわかりやすく説明します。

材料別!差し歯の寿命と起こりうるトラブルについて…

そもそも差し歯の寿命とは、差し歯を入れてから問題なく使用を続けられる年数のことを示しています。この「問題」には以下のようなトラブルが挙げられます。

  • プラスチック部分の色が変わってしまう
  • プラスチックやセラミック部分が折れたり割れたりしてしまう
  • 差し歯が取れてしまう
  • 差し歯と隣り合った歯との間に虫歯が発生してしまう
  • 差し歯を支える歯茎が下がって境目が目視できるようになる
  • 差し歯を支える歯茎の色が黒く変わってしまう
  • 差し歯の根っこが折れてしまう
  • 差し歯の根っこが膿んでしまう

差し歯の材料には、健康保険の対象となる金属・硬質レジンというものと、保険が適応されないセラミック・ジルコニアという種類が存在します。以下にそれぞれの寿命と、起こりうるトラブルを紹介します。

金属の差し歯(健康保険の対象となる治療)

金属が使用される差し歯の寿命はおよそ7年ほどです。そもそも金属は自然に衰えていくものなのですが、それよりも懸念されるのは金属に接している歯茎の変色などのトラブルで、これらのダメージは差し歯そのものの寿命よりも早く発生すると言われています。

硬質レジンの差し歯(健康保険の対象となる治療)

残った歯の部分に金属で土台を作り、その上に硬質レジンを貼り付けて作られる差し歯。上記に挙げた金属の差し歯と同じく健康保険の対象となる保険治療です。寿命は7年ほど。プラスチックには色素がつきやすいという特徴があり、タバコやコーヒーなどの習慣がある場合は約2〜3年で差し歯の変色が起こる可能性も考えられます。

セラミックの差し歯(保険が適応されない治療)

セラミックは健康保険の対象外なので全額自費となる金銭的なデメリットがありますが、長持ちするという視点から考えれば利点の大きな選択肢です。とても丈夫な材質で平均して10年ほどトラブルなく使用できると言われており、オールセラミックの場合はメンテナンスに気をつけておけば20年持つことも。

ジルコニアの差し歯(保険が適応されない治療)

ジルコニアは上記で挙げたセラミックを上回る強度を誇る材料です。セラミックと同じく保険対象外の自由診療となるのでコスパ的には金属や硬質レジンに軍配が上がりますが、ダイヤモンドの代わりとして使用されるほど透明感があり、また丈夫であるというメリットがあります。変色や劣化を起こさない利点もあるため差し歯の材料として適しているのですが、強すぎるあまり残っている歯へダメージを与えてしまうというトラブルのリスクがあります。寿命は10年ほどです。

差し歯を短命にしてしまう原因について…

このように材料によって寿命や起こりうるトラブルも異なるのですが、材料以外の原因が差し歯を短命にしてしまう可能性も考えられます。以下に、差し歯を短命にしてしまう原因を紹介します。

神経を抜くと差し歯が短命になる

歯の神経を抜いてしまうと歯が折れたり割れやすくなるため、差し歯の寿命を早めてしまうことにつながります。

金属の土台が入っていると差し歯が短命になる

土台に歯よりも頑丈な金属を使用した場合、噛むたびに歯へダメージが加わることに。差し歯そのものではなく、歯が折れたり割れたり…というトラブルのリスクがアップします。

健康保険が適応される差し歯は短命になる

保険が適応される金属の差し歯や、金属の土台を使用する硬質レジンの差し歯は、歯茎やプラスチック部分の変色を招きます。このリスクを回避させるためには、自由診療となるオールセラミックの差し歯で治療を受けることが有効です。

歯周病によって差し歯を支える周辺組織が壊されると差し歯が短命になる

差し歯を支える歯茎が歯周病に感染し周辺組織が破壊されると、ビジュアル面が悪くなるばかりか差し歯を支えておけなくなってしまいます。

奥歯がないと差し歯が短命になる

虫歯や歯周病で奥歯を失っている場合、あるいは、失った奥歯を入れ歯でカバーしている場合は、前歯ばかりに負担がかかるため差し歯を短命にしてしまいます。

歯ぎしりをすると差し歯が短命になる

寝ている間差し歯にプレッシャーをかけ続ける歯ぎしりの習慣は、歯根が割れたり差し歯が壊れたり…といったトラブルのもとになります。

間違ったオーラルケアが差し歯を短命にさせる

毎日のオーラルケアが間違っていたり、不十分であったりすると、お口の中にはプラークが落ち切らず残ってしまいます。プラークは虫歯や歯周病などのトラブルを引き起こし、このトラブルが差し歯の寿命を短くしてしまうでしょう。

差し歯の寿命を感じたら…

差し歯の寿命パターンは様々ですが、どんなトラブルであれ「寿命が来たな(トラブルが起こった)」と感じたら歯医者へ相談に行くのが基本です。歯医者ではあなたのお口に起こったトラブルにマッチした最適な治療が行われるでしょう。ここで注意しておきたいのは、歯茎の黒ずみや差し歯の変色などのような“審美に関わるトラブル”についてです。これらの治療は基本的に健康保険の対処外となり、全額自費で受けなくてはいけないので高額になりがち。発生したトラブルとお財布事情とを見極めて、後悔のない治療を受けるよう心がけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  関連記事

下がった歯茎を元通りに!歯茎再生治療の治療方法と気になる費用を調査

歯茎再生治療の費用は高い?保険が使えないって本当? 虫歯や歯の汚れを気にする方は …

リカルデントで、再石灰力&耐酸性を高めて初期むし歯を修復!

フッ素とともにデイリーなデンタルケアに取り入れたい 「リカルデント」というと、C …

むくみや肥満だけじゃない、舌が大きくなる病気

舌に歯形がつきやすい、しゃべりにくい、それって舌の病気かも 唇や歯をチェックする …

「むし歯」ってどんな病気!?基本的な知識をわかりやすく紹介

誰でもリスクのある「むし歯」について、原因や治療方法、予防などについてをわかりや …

歯が痛い!急な歯痛対策に常備しておきたい、お薦めの市販薬

歯痛の応急処置はお任せ、使用方法を守って使いましょう 仕事中や通勤・通学中、真夜 …

黄ばんだ歯は印象ダウン!セルフホワイトニングで美しい白い歯を!

「ホワイトニングって高い・痛い」、そんな印象を払拭! 最近「歯のセルフホワイトニ …

手磨きよりもスグレモノ?電動歯ブラシのメリット・デメリット

メリット・デメリットを理解して自分にあった歯ブラシを選びましょう 電動歯ブラシは …

歯肉が痛い、もしかしたらかなり深刻かも?

放置すると歯が抜けることも! 急に歯茎の歯肉が痛くなること、経験したことはありま …

ツラい知覚過敏…予防や治療は自宅ケアがカギ!?

知覚過敏が引き起こされるメカニズムや原因、治療法、予防法を、わかりやすく紹介しま …

食前に行う口腔体操で誤飲防止!スムーズに飲み込めるようになるポイント

物を飲み込みにくい、むせることが多い人は口腔体操で対策を! 年をとると食事をした …